セルロースとは。不溶性食物繊維で全ての植物に含まれる炭水化物。

本日のテーマ

  • セルロースは地球上で最も多い炭水化物だって知ってました?キャットフードにおけるその役割やメリットデメリットを紹介します!

1.

セルロースとは


  • セルロースとは全ての植物に含まれる、地球上で最も多く存在する炭水化物です。キャットフードでも食物繊維としてよく使用されています。
  • 炭水化物なんですか!?
  • 炭水化物というと糖質というイメージがあるかと思いますが、炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。

    人もセルロースを分解できないため、含まれている糖質を利用することができず、ほぼ食物繊維だけとして考えられる傾向にあります。

  • 地球上で最も多く存在する炭水化物にしては影が薄いですね(笑)
  • 不溶性食物繊維として蠕動運動を促し、便通の改善や、腸内通過時間の調整などの効果がありますよ。
2.

セルロースの効果


  • セルロースはどのようにして使われているんですか?
  • 不溶性で水に溶けないため、腸内の不要物をまとめて体外に排出します。こうした蠕動運動を促すなどの効果を期待し、キャットフードの原材料として混ぜられています。体内に毛が溜まりやすい長毛種用のキャットフードや、腸内環境改善フードにはよく利用されていますね。
  • 満腹効果といった話も聞いたことがあります。
  • 不溶性食物繊維のセルロースは水では溶けませんが、水を含んで膨らむため、一定の満腹感を得る効果があります。このため体重管理やダイエット用キャットフードにも利用されています。
3.

セルロースのデメリット


  • 上記で紹介したような効果はありますが、適度な量であることが前提です。

    猫はセルロースを消化吸収することはできないので、ほぼ栄養などにはなりません。このため、多すぎることは逆に内臓に負担をかけてしまうという場合もあります。

    具体的には水を含んで膨らむので、量が多ければ腸内通過時間が長くなってしまい、逆に便秘の原因になることもあります。

    しかしそこまで多量に配合されているキャットフードはないかと思いますので、その猫に合うかどうかといった視点で選ばれるといいかと思います。

  • 長毛種などはセルロースも助けになりますね!
4.

セルロースを多く含む食品


  • キャットフードに使われる原材料ですと玄米、小麦、大豆、ふすま、エンドウ豆などがあります。

    ですが多かれ少なかれ植物には必ず入っていますので、多少なりとも摂取し、その恩恵を受けているものと考えてください。

まとめ


  • 全ての植物に含まれている不溶性食物繊維
  • 地球上で最も多く存在する炭水化物
  • セルロースはそのままでは人も猫も分解できず糖質を利用できないため、食物繊維のみの役割として考えられている
  • 蠕動運動を促し、便通の改善や、腸内通過時間の調整などの効果
  • 玄米、小麦、大豆、ふすま、エンドウ豆などに多く含まれている
  • 地球上で最も多く存在する炭水化物とは驚きました。全ての植物に含まれていて必ず摂取しているものだったんですね。効果を期待するには適量摂取することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン&商品掲載情報

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介