もしマッサンがキャットフードを作るならどんなキャットフードを作りますか?

本日のテーマ

  • キャットフードに詳しいマッサンに、もし自分で作れるならどんなドライフードを作るかを聞いてみました!理想のキャットフードを聞けそうです。

1.

ドライフードの製造コストを考える


  • マッサンならどんなキャットフードを作りますか?
  • 実はこの話は何度かご質問をいただいたことがあり、結果的には意味のないものになってしまうことが予想されますがお話します。

    まずはコストの話からになりそうです。グレインフリーで製造し、販売価格は1.5kgで3~4,000円までとします。販売経験上この辺りが最も製品と価格のバランスが取れているように思います。

  • これより安くはできませんか?
  • 一番コストが高い原材料が肉なので、肉の配合量を落とすことで価格を落とすことができます。後はアジアで作ることで多少は落とせるかもしれません。
  • キャットフード製造にどの位のコストがかかるのでしょうか。
  • 例えばですがキャットフードのMOQ(最少受注単位)が2トンで2kgの袋が1,000袋分だとしましょう。3,000円で1,000袋販売した場合売上げが300万円です。この中にはキャットフードの原材料、製造コスト、オリジナル袋の製造コスト、海外工場の場合は輸入コスト、輸送コスト、保管コストがかかってきます。プラスこれらを行う人件費ですね。100万円では足りないでしょう。200万円かかったとすると利益が100万円しかありません。
  • 想像以上にコストがかかっていますね!
  • 海外からの輸入も船便のドライコンテナが一般的ですが、リーファーコンテナという一定の温度を保てるコンテナを使用したら2倍、航空便なら3倍と輸送費もかけようと思えばどこまでもかかります。

    例えばキャットフードを入れる袋自体の製造はMOQ(最少受注単位)で1万~2万袋位作ることになるでしょう。レシピから販売までの全てが整えば後は同じことを繰り返すだけですから、大きな目で見れば3分の1程度がコストになるのではないでしょうか。事故等のリスクは含まないとします。

  • 原材料だけにコストをかけていられないのですね・・・グレインフリーにすることがいかにコストがかかるか透けてみえるようです。
  • 因みに国内で製造する場合にはキャットフードも袋の製造コストも倍近くなってしまいます。
2.

もし作る場合の現実的な原材料は?


  • コストをふまえて、どの位のものが現実的なのでしょうか?
  • やはり継続して与えられる価格を意識しつつ、よりいいものを与えたいと考えます。原材料はグレードの高いものを使用し、チキンと魚介類両方でといきたいところですが、漁獲量なども影響しますので、価格の安定性を考えるとチキンをメインとしたものになると思います。ターキーもヘルシーなのでいいと思います。

    同じ価格で提供し続けるためには原価に左右されないようにレシピを考えていかなくてはなりません。両方を入れると仕入れ先も増えますし、どちらかの価格上昇などが起こると価格の維持が難しくなったり、質を落とさなくてはならなくなりますね。片方だけにしたからといって質が落ちるわけではありませんから。

  • 原材料の配分はどうしますか?
  • 米、麦、とうもろこしは使いません。穀物不使用のグレインフリーにしたいところです。

    日本では広い環境で思う存分運動ができないのでエネルギー摂取過多になりやすいため、摂取カロリーが多くならないようにインドア、アウトドアなど飼育環境で給餌量を設定できたらいいですね。

  • サーモンは作りませんか?
  • 魚介類を多く配合するとどうしてもカルシウム量に加え、マグネシウム量が多くなってしまいます。この辺りで満足の行くレシピが作れればサーモンも作りたいですね。日本の猫はやはり魚が好きですし、個人的には魚の方が作りたいです。

    尿路結石の相談は良く受けるので、AAFCOの栄養基準から考えるとカルシウム、リン、マグネシウムの配合は1.2:1:0.08程度でリンが少し少なめを守りたいところですね。

  • 保存料や油脂はどうしますか?
  • 保存料は天然のハーブやクエン酸、ビタミンEからにしたいところです。一番多いのはローズマリーの抽出物ですね。油脂は新鮮な肉原材料を使った場合、その原材料自体の油脂で作れるということを確認していますので、余計に加える必要はないと考えています。
3.

マッサンが作るキャットフードはこれ!


  • ハーブや果物などで各社違いをはかっていますが、マッサンならどうしますか?
  • 2種類の案があります。まずはシンプルな構成のキャットフード。最近は主原料以外に野菜やハーブを配合したキャットフードが主流です。この野菜やハーブ、スパイスがアレルギーや好き嫌いに繋がり、食べないケースがあります。このことからできる限りシンプルな構成で、アレルギーなどにできる限り結びつかない原材料で作りたいのがひとつですね。

    もうひとつは、できる限り猫が自然界から摂取するであろうハーブ、フルーツ、野菜、スパイスをバランスよく含んでいるキャットフードです。おそらく30種類は超えてくるでしょう。これ以外は肉原料と乳酸菌、天然の抗酸化原料で作りたいと思います。

  • じゃがいもやさつまいもなどはどうですか?
  • 炭水化物と繊維をどこまで配合するかは悩ましいですが、安価で吸収ができる貴重な栄養源なので、コストと相談して、ある程度は入れることになるかもしれませんね。原材料としても安価なので、高品質な肉とさつまいもやじゃがいもを主体としたグレインフリーを作りたいですね。
4.

各社企業努力をしていることがわかる結果に


  • 各社色々考えて企業努力をしているんですね。プレミアムキャットフードが高い理由もわかってきましたが、もう少し安くならないんでしょうか。
  • 各工場と話したのも、私もプレミアムキャットフードが高く感じていたからです。実際に作ってみようとした場合、予め大量のキャットフードを販売できる販売網をもっていればいいのですが、そうではない場合は輸入費や保管費まで考慮すると現実的な価格だということがわかりました。
  • つまりマッサンが作るとしても現在販売しているものと同じような価格になるということですか?
  • 原材料やオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、タウリンの配合量など細かな違いはあったとしても、価格自体は大差ないものになるでしょう。私には自前の販売網はありませんから尚のことです。

    上記で話した、できる限りシンプルな原材料にすることで、原料費を抑えた分価格も少し落とせるかもしれませんね。ふたつめのレシピの場合はそれほど安くはできなさそうです。

  • どんなメーカーも企業努力をした結果なんですね。
  • そう思います。いつか私も世界のいいキャットフードを見つけて輸入や、オリジナルキャットフードの販売など行いたいところです。

まとめ


  • オリジナルキャットフードを作るためのコストは原材料だけではない
  • プレミアムキャットフードは3~4,000円程度が妥当
  • 各社企業努力をしている

  • マッサンのように知識があっても自分で作ることは難しいんですね!作ってくれたら買うのに!という人は私だけじゃなさそうな気がします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫