オーガニック認証機関ってどんなところ?キャットフードの有機認証をしている機関を紹介

本日のテーマ

  • 前回オーガニックキャットフードについて勉強しましたが、オーガニックを認証している機関がどんなものがあるかを大まかにみてみたいと思います。

1.

オーガニック認証機関とは


  • 参考記事:オーガニックキャットフードとは?有機栽培、無添加、グレインフリーの価格や選択する利点

    オーガニック認証は各国で決められた基準があり、国同士で統一されていないものでした。そこでIFORMは世界規格の統一規格として有機規格を定め、各国の有機認証団体がIFORM認定を受けることで世界的な基準が統一されつつあります。

    しかしIFORMの認定も受けていても、国それぞれの規格もあったりしますので、必ずしも同一のオーガニックであるかはわかりません。

    そこでオーガニック認証を受けているキャットフードを購入する場合にはどこの認証を受けているかを調べ、認証の基準を確認してみるようにしましょう。

    IFOAM(International Federation of Organic Agriculture Movements)

    国際有機農業運動連盟の略称がIFORMです。1972年にパリ近郊で設立された国際NGOです。非営利活動法人IFORMジャパンがあり、詳細は日本語でも確認することができます。オーガニックの認証制度が国それぞれ違う中、世界規格を統一した有機規格です。

    参考:非営利活動法人IFORMジャパン

    認定を受けているオーガニックキャットフード:FORZA10

    USDA ORGANIC(United States of Department of Agriculture)

    アメリカ農務省傘下の全米オーガニックプログラムにより認証が行われています。認証には70%以上、95%以上、100%オーガニックの3種類があります。ただしUSDAオーガニックマークを使用できるのは95%以上としています。70%以下の場合はマークは使用できませんが、成分表内にオーガニック原材料名を表示することができます。

    参考:USDA

    認定を受けているオーガニックキャットフード:GATHER、ORGANIX、Tender & True、NATURAL PLANET

    OIA(Organizacion Internacional Agripecuaria)

    アルゼンチンオーガニック認定機関。IFOAM(国際有機農業運動連盟)に加盟しています。EU、ブラジル、米国、好き素、カナダ、日本、イギリスなどで有機認証プログラムを持っています。

    Skal(Skal International)

    IFORM認定されているオランダの有機認証機関です。1985年に設立され、オランダだけではなく、ドイツやニュージーランド、南米、アジアなど世界中で認定活動をしています。Skalの認定を受けたものはEKOマークを使用することができます。

    EKO

    オランダの独立した国際認証機関Skalにて認証を得ています。30年以上前かたあるEKOマークはほとんどの人が有機食品の品質基準として認識しています。

    参考:EKO

    認定を受けているオーガニックキャットフード:YARRAH

    KRAV

    スウェーデンにおいてもっとも有名なオーガニック認証で1985年に開始されました。KRAVラベルを取得するためには、5つの認証機関がKRAVの規格に従って行う検査に合格しなければいけないほど厳密です。

    参考:KRAV

    認定を受けているオーガニックキャットフード:YARRAH

    Debio

    ノルウェーで最も信頼されているオーガニック認証です。

    参考:Debio

    認定を受けているオーガニックキャットフード:YARRAH、FORZA10

    COR(CANADA ORGANIC REGIME)

    カナダの有機認証制度COR。オーガニック95%でカナダの有機食品の決まりに従って認定されている製品のみがロゴを使用可能です。日本の有機JAS制度とカナダのCOR制度は、両国の有機制度が同等であると相互に認めています。

    参考:COR

    認定を受けているオーガニックキャットフード:GATHER

    JAS

    日本のオーガニック認証機関です。IFORM認定を受けています。JASスタンダードに認定を受けることでJASロゴを使用することができます。国際規格ガイドラインに準拠した基準を規定。

    参考:JAS

    BIO SUISSE

    スイスの有機農家を統一する連盟で有機認証を行っています。世界で最もオーガニック製品を買っている国がスイスと言われており、非常に関心の高い国です。

    参考:BIO SUISSE

    CCPB

    イタリア政府農水省有機認定マークで、イタリアでは食品や化粧品も全て同じ期間で検査されています。複数あるイタリア国内の有機団体の中でIFORM認定されている団体がこのCCPBです。

    参考:CCPB

    認定を受けているオーガニックキャットフード:FORZA10

    ACO(Australia Certificate Organic)

    オーストラリアのオーガニック認証機関です。

    参考:ACO

    認定を受けているオーガニックキャットフード:アーガイルディッシュ

    BIO

    BIOはドイツの有機認証です。BIO専門のスーパーがあるなど国民の意識も高いドイツでは農業、畜産、水産、加工製品など多くのものを認証しています。

    認定を受けているオーガニックキャットフード:ハッピーキャット、プレイアーデン

    デメター

    ドイツのオーガニック認証機関です。

    認定を受けているオーガニックキャットフード:デフ

2.

多くの認証団体による基準


  • このように国際規格はありながらも、国によって認定団体が存在します。これらの団体はそれぞれ基準が違う部分もありますが、概ね統一されているといってもよく、オーガニックとして大きな違いはありませんので、信頼に値するマークだと思います。

    オーガニック認証にも、70%以上、95%以上、100%オーガニックといったように幅がありますので、2つの製品が同じ認証を受けていたとしても、その内容を確認してみるとより詳しい情報がわかると思います。

3.

オーガニック認証を受けていないオーガニック素材を使ったキャットフードもあります


  • ハッピーキャットやNewman’s Own、SMACKなど例えばチキンなど主原料だけオーガニックを使用しているキャットフードも存在しています。こうしたキャットフードはオーガニック認証を受けるほど多くのオーガニック原材料は使っていないということなので、決してオーガニックでないわけではありません。

    こうしたフードの方が価格は安くなる傾向にありますので、金額やオーガニックであって欲しい度合いによっては選択肢になるのではないでしょうか。

まとめ


  • オーガニックは世界で完全に統一されていない
  • 認定を受けている機関のオーガニック基準を調べよう
  • どの機関でもオーガニック認定を受けていれば大きく外れていることは考えにくいので一定の品質は保たれていると考えられる
  • オーガニックを認定する機関は国の機関であったり、民間機関であったり、国際基準を打ち出しているところであったり、様々な機関があるようです。詳細が気になる場合は購入しようとしているオーガニックキャットフードの認定機関を調べてみるといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーガニック オーガニック認証 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ナチュラル ナトリウム ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット事情 ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー モンモリロナイト ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保存方法 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 嗜好性 国内のペット事情 国産 塩分 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射線物質 放射能 整腸 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 有機 有機栽培 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器官 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 粘土食 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 計算式 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食べない 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 飼育状況 高齢猫