猫は愛されるほど新しいフードに興味を示す?わがまま猫のフードローテーションの作り方

本日のテーマ

  • 猫は安心した環境下では新しい食べ物に興味を示すことを知っていましたか?警戒心が強く、同じものしか食べないイメージの猫の食生活について考え直し、キャットフードのローテーションについても考えてみましょう!

1.

猫は「安心した環境下では新しいものに興味を示す」わがまま息子、甘えた娘


  • 猫は「いつもと違うものを摂取したがらない」と考えている方が多いかと思いますが、実は「猫は安全で安心した環境下では新しいものに興味を示すと言われています。

    これがキャットフードを与える飼い主にとっては非常に重要な問題で、おそらくこのサイトをご覧いただいている方々は猫を家族、彼氏、彼女、夫、妻のように考えているのではないでしょうか。

    それだけ愛情を持って接している環境であれば、「新しいものに興味を示す環境が作られている」はずです。

  • 愛せば愛す(甘やかす)ほど違うフードをもらえると知っている

    愛せば愛すだけ、違うものを食べたがるということですか…?

  • そうした飼い主は愛猫が食べなければすぐ違うフードを与えているのではないでしょうか。それが猫がキャットフードを選り好みする理由のひとつです。
  • 私はその通りでした…
  • きちんと食べていた好きなキャットフードであれば、そのまま与えていると、お腹が減れば食べるし、減らなければ食べないだけなのですが、「キャットフードが残る」ということが許せない、心配過剰になる飼い主も多いように思います。

    もちろんあまりにも残しているのはダメですよ。いつも同量程度残していたり、今日はかなり残したけど翌日は食べている程度ならそれがその子の食べる量だと考えられます。

2.

キャットフードのローテーションの作り方


  • これら行動は人間でわかりやすく言うとわがままとか甘えのようなものです(笑)猫は頭がいいので、食べなければ違うものが食べられることを知っています。

    キャットフードを残すことは普通のこと

    「キャットフードをしっかり図って規定の量を与えているのに、残っている…」それがどうしても許せない飼い主が多いように思います。

    規定の量はあくまで様々な猫を対象にした基準でしかないので、当てはまらない猫がいることは不思議なことではありません。

    うちの今の猫なんて昔っから規定量なんて全然食べない。必ず毎日残って捨てています。でも生まれてからひとつも病気をせず健康です。

    逆にたくさん食べる子もいるでしょう。その子にあった量を見つけてあげることも大切です。

    1か月美味しく食べたキャットフードはローテーション入り

    新しいキャットフードを与えて、少し警戒したとしてもその後1か月も好んで食べてくれるようなフードはその猫にとって「好きなもの」と考えていいと思います。

    これでルーティンのひとつのキャットフードは決まり。次にまた1か月元気よく好んで食べてくれるキャットフードを探します。3種類もあればいいでしょう。

    4か月目にはまた最初のキャットフードに戻ればスムーズなローテーションができるかもしれません。

    全く性格の違うフードは選ばない

    例えば今月はグレインフリー、来月は食物繊維の多めな毛玉サポート、再来月は穀物入りといった具合に、キャットフード自体の性格を変えてしまうのはおすすめできません。

    グレインフリーであれば味や香りが違うものを選んだりと、キャットフードの性格は似たようなもののなかから嗜好が違うものを選んであげるといいと思います。

3.

ドライキャットフードを日本人のお米のような立ち位置で利用する


  • 実はあまり変更するのはおすすめできない

    ローテーションの作り方なんて話をしていて申し訳ないのですが、私個人としてはあまり変更するのはあまりおすすめはできません。

    というのも病気になったとき、なにか違うことが起こったときになにが原因かがわかりにくくなるためです。

    メインのドライフードはお米のように使う

    基本のドライフードをひとつ決めて、それを日本人のお米のような立ち位置で利用するのがいいと思っています。

  • 基本的な主食ということですか?
  • 人もお米を主食としてもそれ以外に時にはパン、時にはパスタ、時にはうどんなどが食べたいと思います。そうしたものを猫の場合は他のドライフードやウェットフード、おやつにしていきます。

    このように基本的に与えるフードを決めておくことで味や食生活に変化を与えながら、食を楽しませながら飽きずに与えることができます。

4.

食事を楽しむということを思い出させて


  • ドライキャットフードを与えていると、この「食事を楽しむ」ということがなくなってしまいます

    食を楽しむことがなくなったら、それは食べなくなりますよね。新しい味が欲しくなりますよね。

    猫の選り好みは決して猫の性格ばかりでなく、現在の飼い主のご飯の与え方にも大きな問題があると感じています。

    いつくれるかわからない猫缶にわくわく

    ドライフードはそのままに、猫缶やおやつなどで多分に変化をつけてみてください。

    注意点は決して毎日何時といった具合にルーティンで与えることはせず、いつあげるかわからない状態で猫缶やおやつを与えて下さい

    ウェットフードなどを与えることが読まれてしまうと、猫はドライフードを食べずに待ってしまいます。

  • 私もいつも同じ場所にしまっているので、そこに行くだけで凄いニャンニャンと催促されます(笑)
  • おやつの種類をいくつか用意

    たくさん種類を用意する必要はありません。2~3種類あればいいと思います。

    おやつをしまっている場所はだいたい同じだと思いますので、猫はだんだんと飼い主がその場所に行くとおやつをくれると思うようになります。

  • 遊び心ですね!人もルーティンしないように気をつけないといけないんですね。
  • そこでそれぞれのおやつを違う場所にしまったり、与えるものを変えることで覚えさせないようにしてみましょう

    時には違うフードを

    毎日、毎月変えなくてもいいですので、時には違う総合栄養食のフードを与えることで飽きを防止することができます。

    例えばドライフードではなくてフリーズドライを与えてみるのもいいかもしれません。

  • フリーズドライしか食べなくなったりはしませんか?
  • 一度フリーズドライを与えたら多少フリーズドライに傾くことはあっても、その後フリーズドライしか食べなくなったということは今のところ聞いていませんので、味の変化ということでいいのではないかと思います。

まとめ


  • 猫は安心した環境下では新しい食べ物に興味を示す
  • 猫は食べなければ違うフードがもらえると知っている
  • キャットフードを残すことは普通のこと
  • 1か月美味しく食べたキャットフードはローテーション入り
  • 食事を楽しむということを思い出させて
  • 猫にも食事に変化をつけて、食を楽しんでもらうということが大切だということがわかりました。ドライフード一種類だけで一生過ごすことが可能だとしても、そこに食の楽しみはないという状態なんだと気付かされました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介