アーデン グランジ キャットフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

本日のテーマ

  • 【日本未発売】世界で販売されているアーデン グランジ。イギリス発のグレインフリーキャットフードを紹介してもらいます。

1.

世界で販売されているイギリス産グレインフリーキャットフード アーデン グランジ


  • 穀物グレインフリー
    気になる原材料シンプルな配合。グルコサミンやコンドロイチン、プロバイオティクスと予防も考えた配合
    実売価格日本未発売
    1kgあたり日本未発売
    第一原料チキン生肉
    生産国イギリス
    メーカーイギリス
    販売元日本未発売
  • 日本未発売のイギリスのキャットフードを紹介してみたいと思います。今回はARDEN GRANGEです。日本でもほとんど情報はないと思います。
  • 原材料からの考察

    チキン生肉(26%)、じゃがいも(26%)、チキンミール(25%)、エンドウタンパク質、鶏脂、乾燥卵、加水分解チキンエキス、オキアミ、酵母エキス、麦芽エキス、エンドウ豆、ミネラル、プロバイオティクス(FOS、MOS)、クランベリー抽出物、グルコサミン、MSM、コンドロイチン、ヌクレオチド、ローズマリー抽出物
  • アーデンのドライフードは全てグレインフリーで、成猫用として、チキン&ポテト、サーモン&ポテトの2種類、敏感な猫用に白身魚&ポテト、体重管理用にライトチキン&ポテト、幼猫用のチキン&ポテトと5種類のドライフードが販売されています。
  • 全部グレインフリーのキャットフードでポテト入りなんですね!
  • 一番売れ筋の成猫用のチキン&ポテトを紹介すると、原材料としてヒューマングレードの新鮮鶏肉が26%に対してジャガイモも26%配合されています。まさにチキン&ポテトという名にふさわしい配合量です。
  • なぜこんなにジャガイモが入っているんでしょうか?
  • ジャガイモは炭水化物も多いのですが、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルと豊富なエネルギー、栄養素も含んでいます。肉に比べれば原価も安く、適度に食物繊維も含まれていますので、腸の調整機能としても効果的です。高エネルギーな食品としても手作りなどでも良く使われる食材です。

    グレインフリーで、チキン生肉とチキンミール(乾燥鶏肉)で合わせて50%を超え、動物性たんぱく質をしっかり摂取できる点は好印象です。オキアミには必須アミノ酸が含まれていますね。

    タンパク質に比べると脂肪がやや多めの配合です。マグネシウムの含有量がわからない点が気になります。

  • アーデン ガレージ アダルト フレッシュチキン&ポテト 成分表

    成分(保証分析値) たんぱく質31.0%以上
    脂質19.0%以上
    粗繊維2.2%以下
    灰分7.0%以下
    オメガ3脂肪酸0.4%
    カルシウム1.3%
    リン0.8%
    ビタミンA28,000 IU
    ビタミンD32,000 IU
    ビタミンE200 IU
    タウリン1,000 mg
2.

世界でも有名なジャーマンシェパードのブリーダーが創業者


  • アーデンガレージはグラハムとウェンディスティーブンスの二人によって1996年に設立されたペットフード会社です。ロンドンから南下した場所にある美しいサセックスの田園地帯にあります。

    アーデングランジでは動物実験を行わないことを明確にしています。製品にもそれを示すロゴが入っています。そのため自社製品は市場に出る前に、自社スタッフのペットに与えています。手作りフードを愛犬、愛猫に与えるのと同じように実験や食食べられるかの確認ではなく、嗜好性や消化性を確認してから市場へ出る製品になり、出荷しているいるそうです。

  • 自分達が愛猫、愛犬に与えられるものだけを販売しているんですね。自分が信じているものを販売する、そういったやり方は理想的ですね。
3.

数々の賞を受賞。イギリスでも認められ、世界30カ国以上で販売


  • 数々の賞も受賞しています。2013年10月にペット産業連盟から功労賞を受賞。2014年1月にはYour Dog MagazineのYour Dog Magazine賞を、ドライドッグフードとスペシャルドッグフードのふたつのカテゴリーで受賞。さらに2014年10月にはYour Cat Magazineの猫製品の年間最優秀賞を受賞しています。イギリスでもしっかりと認められているペットフードです。
  • 是非日本にも入ってきてほしいですね!
  • 世界30カ国以上で販売されていますので、日本にも入ってくる日も近いかもしれませんね。

まとめ


  • イギリスでも認められているペットフード
  • 動物実験は行わない企業
  • 自分達が愛猫愛犬に与えられるものだけを販売
  • 世界30カ国以上で販売

  • イギリスで認められているキャットフードということで一度手に取ってみたいですね。
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介