ウェルネスの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

もくじ - こんなことを聞いてみた!

  1. ウェルネスの歴史
  2. ウェルネスコア 成猫用 七面鳥
  3. まとめ

本日のテーマ

  • 最近セレクト系ペットショップでよく見かけるようになったウェルネス。3種類のラインが販売されているようですが、マッサンに解説してもらいました。

1.

ウェルネスの歴史


  • ウェルネスは2008年にできた比較的新しい会社です。ただしそれまで約100年、約50年ペットフードを製造していた会社が統合してできたので、事実上は100年近い歴史を持つ会社とも言えます。

    1960年代から100%ナチュラルのホームメイドスタイルを始め、現在まで研究を重ねてきた結果として今のウェルネスができあがっています。ドライフードのシリーズとしてはウェルネスシリーズ、穀物不使用シリーズ、高タンパク穀物不使用のウェルネスコアシリーズの3ラインがあります。

2.

ウェルネスコア 成猫用 七面鳥


  • 穀物グレインフリー
    気になる原材料乳酸菌の配合が豊富です。
    実売価格2,182円/800g
    1kgあたり2,727円
    第一原料骨抜きチキン
    生産国アメリカ
    メーカーアメリカ
    販売元ウェルペット社
  • 成猫用は七面鳥とオリジナルとチキンの3種ありますが、七面鳥を代表に紹介したいと思います。日本で人気のチキンもあるのですが、チキンは低脂肪レシピになっているようです。パッケージが400gと800gしかないので小さいですね。

    そしてウェルネスが日本に上陸した際には穀物不使用シリーズはありませんでした。そのためキャットフードの学校でも紹介していなかったのですが、2ラインの追加で今回紹介することとなりました。

  • 原材料からの考察

    骨抜き七面鳥七面鳥ミール、えんどう、えんどう蛋白質、ポークミールキャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、ダック、粗挽き亜麻仁(オメガ-3脂肪酸源)、トマトポマス、じゃがいも、七面鳥エキス、チコリ根抽出物、クランベリー、乾燥こんぶ、ラクトバチルス・プランタルムエンテロコッカス・フェシウムラクトバチルス・カゼイラクトバチルス・アシドフィラス、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
  • 油脂は動物性油脂は使わずキャノーラ油を使用しています。動物性油脂と比べると嗜好性は落ちますが、動物性油脂を避けたいというユーザーもいますので、好印象のひとつかもしれません。

    そして乳酸菌の配合が多いですね。腸内環境の健康維持を考えていることが伺えます。

  • 乳酸菌数が1.9×10⁵CFU/g以上と表記されていますね。
  • 成分値からはマグネシウムの値がわかりませんが、それ以外に気になる部分はありません。たんぱく質は18%、脂質18%とグレインフリーとしてはやや抑えめといったところで平均的な範囲ですね。
  • ウェルネスコア 成猫用 七面鳥 成分表

    成分(保証分析値) たんぱく質38%以上
    脂質18%以上
    粗繊維4%以下
    灰分10%以下
    水分10%以下
    カルシウム2.3%以下
    リン1.7%以下
    ビタミンA25,000IU/kg以上
    ビタミンE200IU/kg以上
    タウリン0.1%以上
    オメガ6脂肪酸5.25%以上
    オメガ3脂肪酸1.75%以上
    総乳酸菌数1.9×10⁵CFU/g以上
    カロリー含有量
    (代謝エネルギー)
    390kcal/100g

まとめ


  • ウェルネスはグレインフリー2ラインを含む全3ライン
  • 乳酸菌を豊富に含む

  • 最近セレクト系ペットショップでよく目にするウェルネス。コアシリーズができたことで他メーカーのグレインフリーと比較しやすくなりました。ターキー、サーモン、チキンと味も3種類あるので、愛猫に合わせた味を選べるのもいいですね!
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介