ドッグフードについての基本!ドッグフードの種類や価格の基本を教えます!

本日のテーマ

  • ドッグフードを選ぶ時の超基本についてマッサンに教えてもらいます!ドッグフード選びはまずはここからご覧ください!

1.

雑食の犬に合わせた食事とは


  • 犬は雑食の生き物です。このため、肉食の猫と比べれば比較的好き嫌いなく、なんでも食べられます。
  • 犬は雑食!と。
  • そもそも腸の作りが犬と猫では全く違い、犬は穀物などもしっかりと消化ができる仕組みになっています。 このため猫では敬遠されがちな穀物入りや大豆などが入っていても消化という面では問題がありません。
  • そうなると原材料の安全性に注目していればなんでもいいということになりますか?
 
 
2.

トウモロコシは避けた方がいい?


  • これも一概には言えないのですが、トウモロコシは世界最大の農作物のうちのひとつで、ペットフードにも非常に多く使われます。セルロースも豊富で食物繊維としても効果的です。

    GI値が高いと言われるトウモロコシ

    ただ、私がメールで話を聞いたGlycemic Research Instituteではトウモロコシは血糖値を上げるGI値が非常に高く、ペットフードへの使用は避けた方が良いとしています。じゃがいもなんかもGI値が高いと言われていますが、あくまで私の意見としてはトウモロコシだけ考えておけばいいかなと思います。
  • なぜトウモロコシだけなんですか?
  • ペットフードを実際に作ってみて思ったのですが、結局はどこまでやるかなんですね。 例えば糖質が高いから!とお米を食べない方もいるかもしれませんが、ほとんどの方はそれ以外のメリットも求めて食べるのではないでしょうか。

    また、色々言われますが、多くの飼い主にはコストと品質のバランスが良いものが求められます。 ペットフードの場合は基本毎日食べるものなので全てのバランスを考えることが大切だと考えています。
 
 
3.

穀物のアレルギーなどに関して


  • 猫は肉食なので、最近はグレインフリー(穀物不使用)が評価されるようになってきました。こうした流れが犬にもきていますが、犬は腸の作りからして雑食ですので穀物が含まれていることは問題がありません。

    ただし犬にも穀物アレルギーが起こりうることは認められています。

    グルテンフリーで隠れた体調不良を取り去ることができる

    また、人間でも今までも普通に元気だったが、グルテンを摂取しなくなったら体調がよくなったり、パフォーマンスが上がったということがあります。グルテン不耐症です。 グレインフリーはグルテンも含まれていませんので、グルテン不耐症のような隠れた体調不良の元も取り去ることができるという利点もあります。
  • グルテンフリーにしたら吹き出物がなくなったり、スポーツ選手は急に成績が上がったり、知らず知らずのうちにグルテンに影響を受けていた方もたくさんいるんですよね。
 
 
4.

犬の先祖が肉食のオオカミという考え方


  • 犬はオオカミの子孫だとか、ジャッカルと交配して生まれたなどと言われていますが、どちらにしても元々は肉食の動物でした。

    これが長い間人間と共に暮らしている間に体も変化し、穀物なども消化できるようになっていったと考えられています。

    こうした理由から「もちろん野菜(植物)も含まれていていいが、肉を多く与える食事がいいのではないか」という考え方があり、ドッグフードもグレインフリーをすすめる考えもあります。
 
 
5.

現在販売されているドッグフード


  • まずは原材料や用途で以下のようにわかれています。
    • 総合栄養食
    • 総合栄養食(オーガニック)
    • 療法食
    • おやつ
    オーガニックは完全に人と同じ食材を使用するという意味からも一応分類を分けてみました。

    ここから以下ふたつに分類されます。
    • 一般的な穀物入り
    • グレインフリー(穀物不使用)
    犬は比較的色々なものを食べられる分、食べてくれればなんでも大丈夫といった側面もあり、考えすぎるとドッグフード選びが難しくなってしまう部分もありますが、余り考えすぎず一番は喜んでよく食べてくれることが大切です。
 
 
6.

原材料の品質と価格


  • 一番高いオーガニック

    この点に関してはオーガニックが最も高くなります。

    原材料がオーガニックの場合は、オーガニックに人用も動物用もありませんので、人と動物で原材料の取り合いになります

    もちろんオーガニック食材は収穫量も収穫できる食材も限られていて非常に高いですからペットフードもかなりの価格になってきます。

    原材料の価格と商品価格は比例する

    次にヒューマングレードと言われるドッグフードになりますが、ヒューマングレードであってもなくても、原材料の品質とドッグフード自体の価格は比例しますので、高いものほど原材料が高価なものを使っていると考えて大きくは違わないと思います。

    原材料の数と商品価格は比例する

    そして原材料の数が多ければ多いほど高くなります。 例えば原材料が30種類以上など多く使われているドッグフードでは1%以下しか配合しない原材料も出てきます。

    原材料も当然一回にたくさん仕入れた方が安いので、こうした少量の原材料は販売価格を押し上げます。
  • 原材料が多い方が色々なものから栄養素が取れるイメージがあります。
  • そうした考えがありますので、レシピは価格と考えのバランスで作られます。
 
 
7.

海外製造のものは高くなる?


  • 海外製のものは輸送費など多くのコストがかかっているから高いのでは?とよく言われますが、海外製造の場合は保管や輸送、通関コストなどがかかりますので、高くなっていることは考えられます。

    ですが、ほとんどのドッグフードはアジアを筆頭にアメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなど世界中から輸入されていますので、それが要因で例えば価格が2倍になるようなことはありません

    世界展開しているフードは大量生産でき、価格が抑えやすい

    それよりも、海外で作って海外でも販売されているものを日本でも売るなら製造量がかなり多いと考えられますので単価は安く抑えられます。 しかし海外で作って日本だけで販売している商品は、よほど売れていないと世界展開しているフードに比べればずっと少量しか作れませんので、単価は上がってしまいがちです。
  • それなら日本から世界へ向けて発信したいところですね!
 
 
8.

グレインフリーはまだ少数派


  • こうした事情からも現在一般的に販売されているドッグフードはほとんどがライスや小麦など穀物入りのものですので、グレインフリー(穀物不使用)はまだまだ少数派であるかと思います。

    しかしキャットフードで磨かれたグレインフリーのペットフードは品質の高いものも多いですので、今まで与えていたドッグフードが合わなかったり、また違ったものを与えたいという場合にもいい選択肢となるのではないでしょうか。
  • ドッグフードについての基本を学んできました。これから細かいところから、余り耳にしないような海外の話など含めてマッサンと進めていきたいと思います。今後ともマッサンのドッグフードの学校を宜しくお願い致します!
 
 

まとめ


  • あああ
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー