食べ物を判断する猫の嗅覚の機能と役割!嗅覚と鋤鼻器、フレーメン反応について

本日のテーマ

  • 猫は食べ物を嗅覚で判断すると良く聞きますが、猫にとって嗅覚がどんな役割があるのかを教えてもらいました!

1.

猫の鼻の機能


  • 猫の鼻は基本的には人間と同じ機能を持っています。

    呼吸器として空気の温度、湿度を調整し、ウイルスやゴミが体内に入らないようにするフィルターのような機能があります。

    また匂いを判断する器官として判断、識別します。

    猫は鼻で温度を感知する

    人間とは少し違う点として、猫の鼻には温度を察知する機能があります0.5度の違いも区別できるとされ、口に含む前に鼻で温度を察知し、判断しています。

    猫舌の真実

    よく熱いものが苦手なことを猫舌といいますが、猫は食べる前に鼻で温度を判断しているため、熱ければ食べません。このため猫に猫舌は当てはまりません。

2.

猫は食べ物かを嗅覚で判断する


  • 猫は好き嫌いは味覚で判断しますが、その前段階の食べ物かどうかを嗅覚で判断しています。このため匂いの強いものを好む傾向にあります。

    猫は食べ物だけでなく、なわばりや相手、人物、持ち物など多くのものを匂いから判断していて、この情報から次の行動を判断しています。

    生まれたばかりの子猫は目が見えなくても匂いで巣に戻れるとされ、猫にとって匂いがどれだけ大切かがわかります。

    嗅覚

    匂いを感じる嗅受容器は鼻の奥の突き当たり、嗅上皮にあります。この嗅上皮を覆う粘膜に溶け込んだ物質のみを反応し、匂いを判断します。

    この嗅上皮の面積は人の5~10倍あり、40~50万種類の匂いを認識、判別するほど敏感です。

  • 40~50万種類も匂いがあるんですね…
  • 猫は人の5~10倍ですが、犬は40倍ともいわれています。警察犬が匂いで判断できるのは優れた嗅上皮を持っているからです。

    鋤鼻器

    鋤鼻器はヤコブソン器官ともいい、鼻とは違い、上顎の門歯の後ろ(口内上部)にあります。このため嗅上皮とは違った神経路で嗅覚皮質に届けています。

    よく猫が変な匂いを嗅いだ時に口を開けてホワーっとした顔をするフレーメン反応を示しますが、この時が鋤鼻器への導管を開いて感知している状態です。

  • アホみたいな顔していて可愛いですよね!笑
  • フレーメン反応は猫でよく見るかもしれませんが、ほとんどの動物で共通のしぐさです。
3.

猫にとって生死を分ける嗅覚


  • このように猫にとって判断の材料となる匂いを判別する嗅覚は生死をわける重要な器官です。
  • もし嗅覚を失ったら生きていけないかもしれませんね。
  • 視力、聴力を失っても危険はあっても生きていけるかもしれません。味覚がなければ食べてくれるかはわかりませんが、まだなんとかなる可能性はあります。

    しかし嗅覚を失うとなわばりや食べ物、人など全ての判断がきかなくなり、最も重要な器官のひとつとも言えるかもしれませんね。

まとめ


  • 嗅覚は様々なものを判断する情報源
  • 鼻で0.5度差位まで温度を判断できる
  • 嗅覚で食べられるものかを判断している
  • 猫は嗅覚と鋤鼻器で匂いを判断する
  • 嗅覚は人の5~10倍

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介