AAFCO(米国飼料検査官協会)とは?世界的なペットフードの基準の大切さ

本日のテーマ

  • ペットフードについて調べていると必ず出てくるAAFCO(米国飼料検査官協会)。どんな協会なのかマッサンと一緒に勉強していきましょう!

1.

AAFCO(米国飼料検査官協会)とは


  • AAFCO(米国飼料検査官協会)はThe Association of American Feed Control Officialsの略称です。動物飼料や動物の薬を規制する法律によって義務付けられた地方、州、連邦機関の協会です。このようにアメリカの何カ所にも設置され、様々な連絡先も公開されています。例えば部長や局長の連絡先まで公開されています。

    AAFCO本部は現在イリノイ州 シャンペーン サウスオークストリート1800にあります。

    • 動物と人間の健康を守る
    • 消費者の保護を確保する
    • 動物飼料産業の秩序ある商取引の平等な競争の場を提供する

    ことを主要目標として掲げ、動物飼料の製造や表示、流通、販売を規制するための基準や定義を策定、実施しています。

2.

ペットフード安全法や規約に採用されているAAFCOの基準


  • 日本でペットフードについて調べていると、必ずといっていいほど出てくるのがAAFCOです。AAFCOはアメリカの飼料検査官協会でアフコ、アーフコと読まれています。

    日本のペットフード業界にとってAAFCOが非常に大きな意味を持つ理由は、日本のペットフード安全法や各種規約に採用された基準はAAFCOが定めたガイドラインを参考にしているためです。

    日本ではペットフードと動物の関係について、自国のみで判断するにはデータが少ないため、基準を設けることが難しい状況にあります。このため、AAFCOの基準を参考にして国内の基準を設けています。

3.

AAFCOは基準を設ける機関


  • アメリカでは飼料関連法の中で使用していい添加物が決まっていますそれらの添加物はAAFCOが選定し、リスト化しています。

    このためAAFCOは実質上飼料関連法を作っている団体ともいえます。ヨーロッパでも同じようにFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)がAAFCOと同じように動き、法規制も行われています。

    AAFCOでは添加物の選定、リスト化以外にもラベル表示に関するガイドラインや、栄養基準、成分分析データの公開など基準を設けています。注意すべき点としてはAAFCOはフードの検査や認定、承認は行っていません。このためAAFCO認定といったことは起こり得ないことであって、パッケージに表示されることなどはありません。

4.

AAFCOの大きな役割


  • ペットフード業界における健全な競争社会を作る

    私は今のように安価にペットフードを製造、販売できるのは、科学的に安全性を確認した一定の基準があるからだと思っています。

    例えば科学的に検証された基準があるからこそ酸化防止剤を安全に使用できる範囲があることがわかります。

    こうしてルールがなければ新規参入することはできません。だからといって教えてもらうこともできないでしょう。基準の中で様々な製品が作られることで競争が生まれ、消費者が手に入れやすいものになっていきます。

    こうした流れの中でペットフード業界全体の進展が図られています。

    ペットフードによる被害の防止、健康を守る

    全世界でペットフードによる被害を出さないためにも世界的な基準は非常に重要で、その基準に沿ったペットフードを食べて育っても科学的に証明される病気や事故が起こっていないということが大切だと思います。

    この基準がなければ安全性はペットフードメーカーに委ねられ、多くの健康被害、事故が起こる可能性は消えません。

    多くの情報が集まり、検討、研究され、新しい基準ができていきます。今後も動物にとってよりよいものを提供できるように基準の発展が望まれます。

5.

AAFCOの基準に準じていれば大丈夫?


  • よく質問される内容のひとつに「AAFCOの基準に準じている総合栄養食を与えていれば大丈夫か?」というものがあります。

    これには「愛猫が健康に生きていく上でそれと水だけを与えていても問題はない(大丈夫)」としか言えません。

    最低限以上を求めているキャットフードの方がいいのは当たり前です。しかしそれと最低限が悪いということは話が別で、今現在ではAAFCOの基準が守られていれば、愛猫が健康に暮らしていけると考えられています。

    本来総合栄養食というものはない

    ただし本来「総合栄養食」というものは存在しないということは知っておいていいかもしれません。

    総合栄養食というものがあれば栄養学は必要ありません。人間用があってもいいはずです。

    あくまで今現在わかっている情報の中での話であり、1年後、3年後、5年後にはまた考えも変わっている可能性があることを知っていてください。

まとめ


  • AAFCOは米国資料検査官協会といい、アメリカ全体に協会がある
  • AAFCOは基準を設ける期間で認定などは行っていない
  • 日本のペットフードにおける基準はAAFCOを参考にしている
  • 世界的な基準があることで安価にキャットフードを製造、販売できる
  • AAFCOの基準に則っていれば問題ない
  • AAFCOについて教えてもらいました。アメリカの飼料検査官協会でアメリカ全土にあるということで、日本とは違う飼料に対する姿勢が見え隠れしています。今後もAAFCOの発展を期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫