キャットフードの炭水化物について。猫はデンプンの消化吸収が苦手ですが全く不必要ではない

本日のテーマ

  • 猫にとって必ずしも不必要ではないといわれている三大栄養素の炭水化物について、成分や消化など考えてみました!

1.

糖質と呼ばれる炭水化物


  • 猫における炭水化物については色々と言われていますが、現在わかっているうちの一部を紹介したいと思います。

    炭水化物は糖質ともいわれています。単糖、少糖(オリゴ糖)、多糖に分けられ、多糖は更に、ホモ多糖(単一の単糖が結合したもの)、ヘテロ多糖(複数の単糖が結合したもの)に分類されます。単糖が炭素が1つのもの、少糖が2~10程度結合したもの、多糖はそれ以上のものです。

    炭水化物の種類炭素の結合状態
    単糖炭素が1つのもの
    少糖(オリゴ糖)単糖が2~10程度結合したもの
    多糖ホモ多糖単一の単糖が結合したもの
    ヘテロ多糖複数の単糖が結合したもの
2.

デンプン


  • デンプンはグルコースが結合したもので、米などの穀類、いも類、豆類に多く含まれるホモ多糖です。主にエネルギー源として活躍します。

    デンプンは大きくわけて2種類あり、アミロース(α-1,4-結合)、アミロペクチン(α-1,6-結合)です。

    デンプンで大事なのはα化(糊化)していることです。例えばお米を炊く行為はβ状態のお米をα化することで、こうすることで消化がしやすくなります。

  • 人はお米やイモの炭水化物をエネルギーにしているんですよね!
  • 食物繊維としてのセルロースもグルコースが結合したものですが、結合方法が違い、動物はこの食物繊維の結合(β-1,4-結合)を分解する消化酵素を持っていません

    このため食物繊維は体内を掃除したり、カロリー摂取量を抑える目的などで使われています。

3.

猫にとっての炭水化物


  • デンプン(糖質)

    猫はこれら炭水化物のデンプンをエネルギー源として使用することができますが、人や犬のようにデンプンの消化吸収は得意ではありません。加熱調理して消化性を良くすることで消化ができるようになります。

  • すると余り必要ない栄養素なんでしょうか。
  • 実は猫の炭水化物要求量は明確にはされていません。重要な栄養素というわけではありませんが、完全に必要がないわけでもなく、適度に取り込むことが大切と考えられています

    適度の量ですが、キャットフードには30~40%程度までがいいのではと言われています。また猫の嗜好性は高くありません

    食物繊維

    炭水化物の含有量が増えれば自然と食物繊維量も増えてきます。

    一般的なキャットフードでは通常3%以下ですが、高繊維量のキャットフードでは10%からそれ以上というものもあります。

    こうしたキャットフードは炭水化物だけで補っているわけではなく、じゃがいもなども使用しつつ、セルロースやビートパルプを使用して補っています。

4.

キャットフードにとっての炭水化物


  • キャットフードを製造する上での炭水化物についてですが、キャットフードをあの形にするためにデンプンの再結晶化も利用しています。このため炭水化物といいますか、デンプンがゼロというドライフードは作れないという話を聞きました。

まとめ


  • 猫にとって炭水化物の糖質は利用することができる
  • 人や犬のようにデンプンの消化吸収は得意ではない
  • 適度に摂取することが大切
  • 猫にとっての炭水化物は必ずしも不必要なものではないということがわかりました。もし気になる場合はキャットフードの表示を確認し、エネルギー量や食物繊維量、原材料を見ると参考になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介