キャットフードのたんぱく質について。動物性と植物性の違いや必須アミノ酸を紹介

本日のテーマ

  • 猫にとって最も大切な栄養素のひとつのたんぱく質。そもそも猫にとってたんぱく質はどんなものなのかを聞いてみました!

1.

たんぱく質とは


  • キャットフードの成分表示にはたんぱく質、脂肪(脂質)、繊維、灰分、水分の記載があります。これらがどういったものかと具体的にお話していきたいと思います。

    たんぱく質とは英語でプロテインといいます。

  • プロテインといえば筋肉を作る時に利用しますね!
  • 筋肉だけでなく、内臓や肌、髪の毛、爪、骨、血液、ホルモン、免疫抗体など体を構成する多くのものを作り出すための大切な成分です。

    多数のアミノ酸が結合した高分子化合物です。80個以上のアミノ酸が結合した分子量10,000以上のものがたんぱく質。それ以下がペプチドといいます。

    栄養学からするとアミノ酸もペプチドもたんぱく質としてよいとされています。

2.

猫にたんぱく質が必要な理由


  • 猫にたんぱく質が必要な理由は、たんぱく質からエネルギーを作り出し、利用しているからです。肝臓でアミノ酸からグルコース(ブドウ糖)を作り出してエネルギーにしています。

    人間や犬は炭水化物からエネルギーを作り出しています。

3.

猫に特に必要なアミノ酸


  • たんぱく質は20種類のL-アミノ酸が多数連結してできています。

    猫にとっての必須アミノ酸

    • アルギニン
    • ヒスチジン
    • ロイシン
    • イソロイシン
    • バリン
    • リジン
    • メチオニン
    • フェニルアラニン
    • トレオニン
    • トリプトファン

    準必須アミノ酸

    • アスパラギン
    • システイン
    • グリシン(+セリン)

    アルギニンは子猫は合成できないためです。

    タウリン

    その他に猫にとって必須のものにタウリンがあります。タウリンが少ない状態が続くと白内障を引き起こす可能性も言われています。

    タウリンは植物性原料にはほとんど含まれていないため、動物性原料を摂取する必要があります。

3.

猫には高たんぱく質・低炭水化物がいいのか?


  • ある実験結果では猫は体内のたんぱく質量を実感として把握することができ、体が必要としている栄養素を求めて食事を選ぶとされます。

    その必要たんぱく質量は摂取カロリーの50%程度になるよう自動的に調整されるとあります。これを満たすためには高たんぱく食である必要があり、完全肉食として考えられています。

  • 猫が自分で体内のたんぱく質量を検知できるんですか!
  • またある実験結果では高たんぱく質、低炭水化物のキャットフードと、たんぱく質と炭水化物量が同じ位のキャットフードをそれそれ与えたグループに分けると、炭水化物を摂取していた猫は炭水化物を分解する細菌が多く認められたとあります。更にビフィズス菌などの乳酸菌も多く、腸内環境の改善に一役買っていたということです。

    これはある程度猫が食事に適応することができることを表しています。

  • 研究にでもどうすることが正しいのかはまだ明確ではないんですね…
  • 現在の一般的な考えではたんぱく質は減らすべきではないとされ、炭水化物量も適度であれば問題ないとされています。
4.

アミノ酸は摂取バランスが大切


  • サプリでアミノ酸欠乏症を引き起こす可能性あり」で書きましたが、例えば不足しがちなリジンを与えすぎるとアルギニンが分解されて、アルギニンの方が欠乏してしまう恐れがあります。

    また小腸にリジンが多いと、アルギニンの吸収が阻害され、アルギニン欠乏が起こります。

    このようにサプリなどで補うには十分な検討が大切です。

5.

植物性たんぱく質の20%がアンモニアに変化


  • 猫において植物性たんぱく質よりも動物性たんぱく質がよいという話があります。最近は動物性たんぱく質も植物性たんぱく質も変わらないのではないかという話が出てきていますが、基本的には動物性たんぱく質の消化吸収率が高いとされています。

    また植物性たんぱく質の20%は吸収されずアンモニアになってしまうため、肝臓に病気のある猫はより動物性たんぱく質のほうがいいとされています。

6.

たんぱく質の好み


  • 猫は植物性たんぱく質の嗜好性は高くないとされていますが、例え動物性たんぱく質であってもカゼインは余り得意としていなません。このため必ずしも動物性たんぱく質だから全て好むという訳ではありません。

    動物性たんぱく質への嗜好性は、動物性たんぱく質に含まれるアミノ酸やペプチドへの好みだと考えられています。

まとめ


  • たんぱく質は内臓や肌、髪、血液、ホルモンなど多くを作り出している
  • 猫はたんぱく質からエネルギーを作り出せる
  • 人間と猫の必須アミノ酸には若干の違いあり
  • 完全肉食がいいか適度な炭水化物は必要か、明確な答えはまだない
  • アミノ酸は摂取バランスが大切
  • 植物性たんぱく質より動物性たんぱく質の方がいいと考えられる
  • 猫のタンパク質の好みは動物性か植物性かではなく、アミノ酸やペプチドで決まると考えられる
  • 猫にとって最も大切な栄養素のひとつ、たんぱく質。反面療法食やアレルギーでもたんぱく質は大きなポイントとなります。今後新しい情報が入り次第、修正、加筆していきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫