ディハイドレイテッドチキンとは?低温でゆっくり脱水して栄養価を保った脱水鶏肉

本日のテーマ

  • 最近目にする機会が増えてきたディハイドレイテッドチキンとは?乾燥鶏肉との違いやメリットデメリットを教えてもらいました!

1.

ディハイドレイテッドチキン(脱水鶏肉)とは


  • 最近耳にするようになってきたディハイドレイテッドチキン。ディハイドレイテッドチキンとはゆっくりと時間をかけて低温で脱水した鶏肉のこと。脱水鶏肉とも訳されます。

  • 一部のメーカーではセールスポイントとしても押していますね!
  • ディハイドレイテッドチキンは製造コストはかかりますがメリットの多い製法です。

    チキンミールと言われる乾燥鶏肉は、高熱で処理した粉末状になった鶏肉です。たんぱく質など一部の栄養素は濃縮されていますが、反対に失われている栄養素もあります。

    これらのデメリットをクリアすることを考慮してディハイドレイテッドチキンを使用しているメーカーが出てきました。

2.

たんぱく質効率化(P.E.R)


  • たんぱく質にはたんぱく質効率化(P.E.R)という値があります。たんぱく質効率化(P.E.R)は以下の計算式で表します。

    • たんぱく質効率(PER)=体重増加量/摂取たんぱく質量

    この計算式からもわかるように、摂取したたんぱく質でどれだけ体重が増えたかを考えるため、たんぱく質ごとに完全なる同条件で求めることは難しく、必ずしもこの値が正しいかという考えはありますが、基本的にはこの値が高い方が効率よく吸収、活用されてると考えるようになっています。

    つまり同じたんぱく質であっても、消化吸収率が違うということです。

3.

ディハイドレイテッドチキンのメリット


  • できる限り栄養価を壊さない

    素材が持っているたんぱく質やアミノ酸を極力壊さずにキャットフードに使用することができます。

    無駄に食べる量を減らせる

    効率がいいことで無駄に量を食べることを避けることができます。正しい量で正しい栄養素量を摂取できれば、食べ過ぎることを防ぐことができ、肥満防止や無駄食いによる内臓への負担も減らすことができます

    栄養価の表示量と実際に活用される値のズレが減る

    キャットフードに表示されている栄養価の数値と、猫が食べた後に体内で実際に活用される値にはズレが生じますが、効率がいいということは少しでも表示通りに近づくという利点もあります。

    例をあげると植物性たんぱく質などは猫には消化吸収率が低いと言われていますので、数値上はたんぱく質が多く含まれていても、実際に猫の体内で活用されているたんぱく質は非常に少ない可能性があります。

4.

ディハイドレイテッドチキンのデメリット


  • 高温で短時間で作るチキンミール(乾燥鶏肉)と違い、ゆっくりと低温で脱水するディハイドレイテッドチキン(脱水鶏肉)は製造に時間とコストがかかります

    その分販売価格が上がってしまいます。

    こうしたこともあってデメリットではありませんが、使用しているメーカーが少ないので選択肢が少ないという点もあります。

  • 今後はディハイドレイテッドチキンを使用するメーカーが増えてきそうですね!

まとめ


  • ディハイドレイテッドチキンはゆっくり低温で脱水した脱水鶏肉
  • 栄養価を壊さずにキャットフードに使用できる
  • 乾燥鶏肉に比べて製造コストがかかる
  • たんぱく質効率化の値が高い
  • チキンミール(乾燥鶏肉)の一歩先をいく肉原材料としてディハイドレイテッドチキンが出てきました。まだ選べるメーカーは少ないですが、今後使用するメーカーも増えてくると思いますし、より良い製法のキャットフードが出てくるのは嬉しいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫