多頭飼いで安い中でもいいキャットフードを選びたい場合!マッサンが安いキャットフードを紹介します

本日のテーマ

  • 10匹以上の猫を飼っていまして、毎月のキャットフードにとてもお金がかかります。しかし悪いキャットフードは与えたくありませんので、安価なキャットフードの中でもいいものを教えて頂きたいと思います。

1.

安いキャットフードでいいキャットフードはあるの?


  • 安価なキャットフードで注意する点を教えてください。
  • キャットフードで価格を優先する場合は一定の穀物の配合は仕方がないので、「ドライフードの原材料について知っておきたいこと」でもお話した粗悪な原材料がないかなど気にしておきたいポイントがあります。安くても病気の原因になると医療費が嵩んでしまう原因になります。
  • 例えば家禽ミールが使われていないものでも安いものがあるのでしょうか。
  • スーパーやホームセンターで販売されている安いキャットフードは、原材料で一番多く含まれているものが穀物であったり、家禽ミールが豊富に使われているものばかりです。そのため、正直なところ安価なキャットフードでこれがいい!とおすすめするのは難しいのですが、キャットフードを与えないわけにはいきませんよね。

    安いもので売れているものを紹介しながら、少しでもいいものを一緒に探してみましょう。

2.

【ねこ元気】 複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンド


  • ねこ元気
  • 安いキャットフードとして人気があるユニチャームから販売されているねこ元気。猫元気 複数猫用は3.0kgで1,100円(ネット実売価格)程度と非常に安価です。
  • スーパーやホームセンターで良く見かけます。
  • ねこ元気は穀類が最も多く配合されており、次点に肉類です。こちらはチキンミール、ポークミール、ビーフミールが使われています。脂は動物性油脂のみの表記ですね。しかしビタミン類は豊富に配合されていますし、マグネシウム量も調整されています。小分けパックで与えやすいですね。
  • それ以外に欠点はありますか?
  • 着色料が使われています。そしてマグネシウム配合量が調整されたようですが、合わせて見たいカルシウムとリンの配合量がわからない点は気になります。
  • おすすめできる点はありますか?
  • 安いという点以外では、手に入りやすい点がありますね。そして2013年9月にアメリカ生産から日本生産に変更されました。管理体制が目の届くところに変更になったのは高ポイントではないでしょうか。

    たんぱく質は30%を超えていて、脂質も9%以上含まれているところもいいと思います。原材料に対して飼い主がどう考えるかというところでしょうか。

3.

【キャラット】 ミックス まぐろ仕立ての味わいブレンド


    • キャラット
      マッサン
      日清ペットフード株式会社から発売されているキャラットです。こちらも安いキャットフードとして人気があります。3.0kgで実売1,300円ほどですね。
    • 内容物はねこ元気と比べてどうでしょう?
    • 原材料には大きな差はないといえます。穀物が一番多く、次点に肉類(ミートミール)と続きます。しかしこの次に魚類(フィッシュミール)が続いていますのでいいように感じますね。たんぱく質は23.4%と少し抑えめですね。
    • 動物性たんぱく質の材料が多くみえますが、なぜたんぱく質が少ないのでしょうか?
    • 原材料はあくまで配合量順に記載しているだけなので、他の材料が多くなれば比率は下がってしまいます。この場合は肉類、魚介類以外の材料も多いのかもしれません。
    • その他に欠点はありますか?
    • カルシウム(0.7%)とリン(0.6%)に対してマグネシウムが0.12%なのでマグネシウムがやや多いですが問題はない範囲かと思います。

      また着色料、酸化防止剤が使用されています。

4.

【ミオ】 ミオおいしくって毛玉対応 フィッシュミックス味


  • ミオ
    マッサン
    多頭飼いでは猫同士が毛づくろいをしあうことや、部屋に抜け毛が舞いやすいことから毛玉ケアも人気があります。ミオは日本ペットフードから販売されていますが、実売価格2.7kgで700円とかなり安いです。
  • 日本で始めてドッグフードを発売した会社ですね。
  • そうですね。今でも根強い人気のあるビタワンです。ペットフードを製造、国内発売した業者としては日本では一番長い歴史を持っています。製造者としては、いなば食品株式会社が国内販売はしていない海外向けの缶詰を先に製造していました。

    そしてミオですが、こちらも上記2商品と余り変わらない原材料構成となっています。カルシウムが0.9%、リン0.7%、マグネシウム0.11%といいのではないでしょうか。たんぱく質は27%とやや少なめですがもちろん問題ありません。そして毛玉ケア系の商品は繊維質が10%近くある商品が多い中、ミオは4.5%以下と抑えられたレシピになっています。

5.

【銀のスプーン】 贅沢うまみ仕立て お魚づくし


  • 銀のスプーン
  • ユニチャームの中でも売れている銀のスプーンです。実売価格が1.6kgで830円と単価は少し高くなりましたが、それでも安いですね。しかし実はねこ元気と大差ないのが実情です。うまみ成分など独自の考え方で食いつきなどを考慮して作られているようです。
  • 原材料もほとんど変わったところが見られません。
  • そうですね。味という観点ではフレーバーやちょっとした材料の違いで、違いを出していくことになりますから大きく変わるところはないようです。肉類、魚介類を豊富にしては価格があがってしまいますね。
  • 安いキャットフードよりひとつ上の銀のスプーンの価格帯が一番売れている価格帯なのではと感じています。
  • 一番安い商品よりもひとつ上の価格帯であることが安心感に繋がっていると思います。ユニチャームとしても銀のスプーンを1ブランドとして取り扱っているようですし、安いキャットフードよりワンランク上のキャットフードというブランディングでしょうか。実際にこの銀のスプーンはブランド化に成功しているように見えますし、売れていると思います。

    だからといって猫の生態に合っているかというと、そうとも言えないのが悩ましいところですね。

6.

安いキャットフードの原材料は余り変わらない


  • 紹介した4商品は全て国内生産です。どのメーカーも大きな会社で管理体制も使用している材料もさほど違いはないと予想できますし、成分比率もさほど大きな違いはみられません。価格競争になると穀物の配合量も増え、たんぱく質はミール類から得ることになります。カルシウム、リン、マグネシウムの配合比率も限界はあるのでしょう。
  • 各社価格もそれほど変わりませんね。やはり安いキャットフードで猫に合ったキャットフードはないのでしょうか。
  • 肉を豊富にすると原価が上がってしまうので試行錯誤した結果ではないでしょうか。多くの人が望んでいるのは安い商品ということを表しているように思います。ここからは少しだけキャットフードの価格帯をあげてみてみましょう。
7.

【ピュリナ ワン】 ターキー&チキン 2.2kg


  • ピュリナワン
  • まずはピュリナ ワンの室内飼い猫用 インドアキャットです。こちらは原材料で一番内容量が多いものがターキーで、たんぱく質も40%以上と高たんぱくを実現しています。実売価格は2.2kgで1,463円ほどです。
  • しかし次点に米、コーングルテンミールと続いています。米は穀物ですし、コーングルテンミールはとうもろこしからコーンスターチを精製する時に出る皮です。この他には小麦粉が配合されています。ただし酸化防止剤は天然由来のミックストコフェロールなので安全な酸化防止剤といえると思います。
  • ミールの表記が気になります。
  • チキンミール、フィッシュミールに関しては高たんぱくを実現していること、価格的なことを考えるといい点ではないでしょうか。
  • 尿路結石対策はどうでしょうか。
  • カルシウム:リン:マグネシウムが1.0:0.9:0.09となっています。いい配分だと思います。
  • 成分的にはよいキャットフードと言えそうですね。カナガンなどのプレミアムキャットフードはマグネシウム量はベストな配分なのでしょうか。
  • カナガンはカルシウム:リン:マグネシウムが1.86:1.42:0.09なのでやや多いですが、配分はベストといえると思います。この辺りは価格とレシピで変わってくる点のひとつだと思います。
8.

【サイエンスダイエット】 アダルト チキン 成猫用


  • サイエンスダイエット
  • 日本でも人気のサイエンスダイエットをみてみましょう。

    原材料はトリ肉(チキン、ターキー)を一番多く含み、たんぱく質も30%といいのでじゃないでしょうか。ただし小麦、とうもろこし、米などの穀物も多く含み、動物性油脂も使われています。カルシウム:リン:マグネシウムは0.4:0.4:0.08となっていて、含有量は抑えめです。

  • 実売価格は1.8kgで1,454円程ですね。ピュリナワンより少し高くなりました。
  • この辺りから原材料や配合比率に徐々に変化が出てきますが、価格があがるのは原材料の種類や質が上がることもありそうです。
9.

【ロイヤルカナン】 インドア


  • ロイヤルカナン
  • ロイヤルカナンで人気のインドアです。実売価格が2kgで2,900円とグッとあがってきます。ここまで来ると安いキャットフードの中には入らないかもしれませんね。
  • 10匹以上飼っていると1ヶ月で10袋近く買うことになるので2kgで3,000円の商品はなかなか買えませんが興味はあります。
  • この辺りの価格帯になるとカルシウムのバランスもしっかりできていますし、たんぱく質量など成分には問題がありません。原材料としては米、小麦などの穀物がまだ多く含まれています。

    私はロイヤルカナンならインドア以外にもプロテイン エクシジェントなんかも今の流れに沿った商品かなと思います。しっかりした猫らしい体作りに役立ちそうです。もし太りやすさを懸念するのであればフィットもいいですね。

  • この価格帯になると気になる点はありませんか?
  • ロイヤルカナンは酸化防止剤にBHT、没食子酸プロピルを使用しています。ロイヤルカナンでは問題がないと説明していますが、気にしている飼い主の方が多いのも事実です。

まとめ


  • 安いキャットフードは原材料に大きな違いは見られない
  • 安いキャットフードを与える場合は尿路結石に注意
  • 高タンパク質、高脂質のものがあるので肥満に注意
  • 価格と品質は概ね比例する
  • 原材料に人間が食べることのできるレベルの食材を使うと価格があがる

  • 価格と品質は比例することがよくわかりました。国産だからいいというものでもないのですね。
  • 残念ながら期待に沿える答えを準備できなかったかもしれません。ペットフードの規制はヨーロッパなど海外の方が高いので、自ずと品質も高い傾向にあるのは事実です。しかし食いつきなどを考えれば、安いものの方がよく食べる猫は少なくありません。食べることが大切ですから、よく選んでみてくださいね。
  • 良く考えてキャットフードを選んでみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
   
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介