キャットフードに卵を使う理由は?完全栄養食と言われ、欠かせない原材料のひとつ。ただしコストは高い

本日のテーマ

  • 完全栄養食ともいわれる卵。生卵と乾燥全卵はほとんど栄養価にも違いがなく、ペットフードにも使いやすい最適な原材料です。

1.

完全栄養食ともいわれる卵


  • キャットフードに直接生卵を使うことはできませんが、乾燥全卵は非常によく使われる原材料のひとつです。

    その理由は完全栄養食とも言われている多くの栄養素。生物が成長するために必要な栄養素が詰まっているわけですからペットフードには最適と言えます。

    猫にとっては、卵の良質なタンパク質も魅力ですし、必須アミノ酸も含んでいます

    ミネラル

    ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、モリブデン

    ビタミン

    ビタミンA、D、E、K、B群、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン

2.

キャットフードの原材料として乾燥全卵を使用する意味


  • 卵はほぼ全ての栄養素が含まれている非常に優れた原材料です。

    残念ながら生卵の状態ではドライフードに使用することができませんので、乾燥した卵を使用します。

    パン作りやお菓子作りに使用しますので見たことがある人もいるのではないでしょうか。だいたい乾燥全卵1に対し水3の割合で溶かして使用します。

    生卵は保存が効きませんが、乾燥全卵は1年程度と保存可能期間も長いです。

  • 卵は加熱しても栄養素に大きな差が出ない

    栄養面に違いはないんですか?

  • 卵は加熱によってビタミンB群、タンパク質など多少の減少がありますが、生卵と比べても栄養価にほどんど違いがありません

    それを表すように食品データベースなどでは、鶏卵、全卵、乾燥全卵などが同一で紹介されていますので、多少の違いはあれどほぼ同じと考えて良さそうです。

    こうなると、ペットフードの場合はわざわざ生卵を使うメリットがなく、使用しやすい乾燥全卵が使われています。

3.

乾燥全卵の製造方法


  • あまり情報がないところですが、気になる部分ではないでしょうか。

    • 全卵、卵白、卵黄の乾燥法には「凍結乾燥」(freeze drying)、「噴霧乾燥」(spraydrying)、「浅盤乾燥」(pandying)などがある。げんざい、工業的には噴霧乾燥法が最も広く用いられている。「噴霧乾燥法」は、高圧ノズルから液卵を熱風(140~180℃)中に微細な霧状にして吹き出し、液卵を粉末状に乾燥させるものである。
    • 霧状に噴霧させた液卵は、乾燥室で1秒以内に水分が5%程度になる。乾燥室は熱風と噴霧の仕方に種々の方式があるものの、乾燥卵白の場合はほとんど「水平並流型(箱型)乾燥室」が用いられている。
    • 乾燥卵白には起泡性が残っているが、乾燥全卵ではそれが消失し、また、卵黄の乳化力も乾燥により低下する。これらの品質の低下は、卵黄の「LDL」(lowdensitylipid)脂質の球状構造が乾燥によって破壊され、球状体内部の「トリグリセリド」が露出するためであると考えられている。

    出典:加工学コーナー たまご博物館

  • 噴霧するんですね!熱風にさらされるとはいえ、1秒以内に水分が5%程度になるという速さにも驚きました。
4.

乾燥全卵のデメリット


  • 味や風味がない

    卵の味、風味はないといっていいほどありません。卵っぽいという感じでしょうか。

    つまり生卵とほとんど変わらない栄養面であったり、卵の特色を生かすもので、卵料理という感じではないということですね。

    プレミアムキャットフードよりも価格が高い

    そして卵は高いということはイメージとしてわくかと思います。

  • スーパーで少しでも高いと他の日に買うか悩みますね…
  • 乾燥全卵はその卵を乾燥させたものですので、卵よりも手間がかかっているといえます。

    一般的に手に入る乾燥全卵は1kgで3~4,000円します。

  • そんなにするんですね!
  • なんと肉が豊富なプレミアムキャットフードが大体1.5gで4,000円位ですから、乾燥全卵の方が高いんですよ。

  • プレミアムペットフードより乾燥全卵の方が高い…凄い原材料なんですね…
  • これをペットフードに使うわけですから、量が嵩むとかなりのコストがかかります。

    なんといってもペットフードは10トンなど莫大な量で製造します。ドライフードは乾燥しているので、乾燥前の原材料だとそれは凄まじい量です。

    ペットフードに乾燥全卵を使用する時は原材料の上位にくるほどではありませんが、原材料記載欄の最後の方に書かれる微量でもなく、普通という言葉もおかしいですが、中くらいの量で使用されます。

    乾燥全卵を使用することでドライフードの栄養素を整えやすいというメリットもあるからです。

    コストと栄養価、作りやすさなどを考慮して、使うなら使う。使わないなら使わないといった極端な感じになると思います。

まとめ


  • 完全栄養食と言われる卵
  • 生卵も乾燥全卵も栄養素はあまり変わらない
  • プレミアムキャットフードそのものよりも価格が高い
  • 卵はキャットフード製造にとってとても魅力的な詩食材であることがわかりました。コスト面に大きなデメリットがあるようですが、それでも使用することで作りやすくなったりと他のメリットも多く、頻繁に使用されるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

マッサンのドッグフードの学校

課題を検索

マッサン&商品掲載情報

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介