キャットフードに使われる油脂について。代表的な動物性油脂と植物性油脂を解説

本日のテーマ

  • キャットフードに使われている動物性油脂と植物性油脂の違いを解説してもらいました。

1.

キャットフードを作る上で欠かせない油脂類


  • 動物性油脂とは

    キャットフードに使われる動物性油脂とは、動物の体内に含まれる脂肪のことです。

    バターやラードなども動物性油脂にあたりますが、ペットフードに使われている動物性油脂は主原料であるチキンなどの肉原料を調理する際に出る脂などを使用します。

    動物性油脂という表記の他に、鶏脂、魚脂などがあります。

    植物性油脂とは

    紅花、亜麻仁、エゴマ、ココナッツ、キャノーラなどが代表的な植物性油脂です。例えばマーガリンやショートニングも植物性油脂(植物性食用油)と表示されます。

    酸化しやすい不飽和脂肪酸

    植物性油脂の場合は動物性油脂のように抽出原料に問題があることはほとんど考えられないので安全であるとも言えます。

    ただし植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸は酸化しやすいという点もあります。また、動物性油脂よりも融点が低いです。

2.

油脂の役割


  • キャットフードを成形する

    キャットフードは高温でクッキングし、水分を10%以下まで落とします。このままではボソボソとして、キャットフードの形にまとめることができません。

    そこでキャットフードを成形するために油脂が必要となります。

    嗜好性をあげる

    高温で処理されたドライフードに匂いや質感を与えるために、油脂を吹き付けて嗜好性をあげるために使用します。

    猫の嗜好性をあげるためには植物性油脂よりも動物性油脂の方が猫に好まれます。

    エネルギー源として

    脂肪は素早く栄養源になる大切な栄養素です。猫にとって一番のエネルギー源はたんぱく質ですが、脂質もほどよく摂取することで健康な体、被毛などを維持することに繋がります。

3.

動物性油脂の原料について


  • 動物性油脂は気をつけるべきもののひとつでもあります。

    低品質な動物性油脂

    低品質な動物性油脂は、原材料となる動物が腐敗が進んでいたり、骨、肉、内蔵、糞便、毛など全て煮込んで抽出していたり、病気で亡くなった動物も含まれていることもあります。日本でも事故や病気、寿命で亡くなったペットを扱っていた業者があり、ニュースになったこともありました。

    「鶏脂」など何の動物から取られた油脂であるかを明確にしたフードがおすすめです。

    動物には動物性油脂が必要

    動物には動物性油脂が必要であり、動物性油脂が必ずしも悪いというわけではないので、動物性油脂が使われているから悪いということではありません。

    鶏脂など原材料名がわかるものを選ぶ

    動物性油脂ではなんの動物が使われているかもわかりませんが、鶏脂と書かれていれば、鶏であることはわかります。

    その工場で鶏を原材料として使っているフードがあればそれから精製されたものであることも予想できます。

4.

油脂に使われる酸化防止剤


  • 動物性油脂は酸化しやすいので、酸化防止剤が使われます。この酸化防止剤にエトキシキンなどが使われていないかを調べておくといいかもしれません。

    動物性油脂は他社から購入している工場もあれば、自社で原材料から抽出している工場もあります。

    ただし油脂に使用している酸化防止剤は表記しなくてもいいことになっていますので、厳密に知ることは難しいかもしれません。

まとめ


  • 油脂はキャットフード成形に必要なもの
  • 動物性油脂は粗悪なものに注意
  • 必ずしも植物性油脂がいいものというわけではない

  • 動物性油脂、植物性油脂とそれぞれ良さがあることや、必要な原材料であることがわかりました。人間もバターやオリーブオイル、お肉の脂肪など脂が美味しいひとつの要素ですし、食欲をわかせつつ、適度に与えるべき素材なんですね。粗悪なものを選ばないように注意したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫