キャットフードに使われる油脂について。代表的な動物性油脂と植物性油脂を解説

本日のテーマ

  • キャットフードに使われている動物性油脂と植物性油脂の違いを解説してもらいました。

1.

キャットフードを作る上で欠かせない油脂類


  • 動物性油脂とは

    キャットフードに使われる動物性油脂とは、動物の体内に含まれる脂肪のことです。

    バターやラードなども動物性油脂にあたりますが、ペットフードに使われている動物性油脂は主原料であるチキンなどの肉原料を調理する際に出る脂などを使用します。

    動物性油脂という表記の他に、鶏脂、魚脂などがあります。

    植物性油脂とは

    紅花、亜麻仁、エゴマ、ココナッツ、キャノーラなどが代表的な植物性油脂です。例えばマーガリンやショートニングも植物性油脂(植物性食用油)と表示されます。

    植物性油脂の場合は動物性油脂のように抽出原料に問題があることはほとんど考えられないので安全であるとも言えます。

    酸化しやすい不飽和脂肪酸

    ただし植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸は酸化しやすいという点もあります。また、動物性油脂よりも融点が低いです。

2.

油脂の役割


  • キャットフードを成形する

    キャットフードは高温でクッキングし、水分を10%以下まで落とします。このままではボソボソとして、キャットフードの形にまとめることができません。

    そこでキャットフードを成形するために油脂が必要となります。

    嗜好性をあげる

    高温で処理されたドライフードに匂いや質感を与えるために、油脂を吹き付けて嗜好性をあげるために使用します。

    猫の嗜好性をあげるためには植物性油脂よりも動物性油脂の方が猫に好まれます。

    エネルギー源として

    脂肪は素早く栄養源になる大切な栄養素です。猫にとって一番のエネルギー源はたんぱく質ですが、脂質もほどよく摂取することで健康な体、被毛などを維持することに繋がります。

3.

動物性油脂の原料について


  • 動物性油脂は気をつけるべきもののひとつでもあります。

    品質な動物性油脂

    低品質な動物性油脂は、原材料となる動物が腐敗が進んでいたり、骨、肉、内蔵、糞便、毛など全て煮込んで抽出していたり、病気で亡くなった動物も含まれていることがあります。日本でも事故や病気、寿命で亡くなったペットを扱っていた業者があり、ニュースになったこともありました。

    「鶏脂」など何の動物から取られた油脂であるかを明確にしたフードがおすすめです。

    動物には動物性油脂が必要

    動物には動物性油脂が必要であり、動物性油脂が必ずしも悪いというわけではないので、動物性油脂が使われているから悪いということではありません。

    鶏脂など原材料名がわかるものを選ぶ

    動物性油脂ではなんの動物が使われているかもわかりませんが、鶏脂と書かれていれば、鶏であることはわかります。

    その工場で鶏を原材料として使っているフードがあればそれから精製されたものであることも予想できます。

4.

油脂に使われる酸化防止剤


  • 動物性油脂は酸化しやすいので、酸化防止剤が使われます。この酸化防止剤にBHAやエトキシキンなどが使われていないかを知っておくといいでしょう。

    動物性油脂は他社から購入している工場もあれば、自社で原材料から抽出している工場もあります。

    ただし油脂に使用している酸化防止剤は表記しなくてもいいことになっていますので、厳密に知ることは難しいかもしれません。

まとめ


  • 油脂はキャットフード成形に必要なもの
  • 動物性油脂は粗悪なものに注意
  • 必ずしも植物性油脂がいいものというわけではない

  • 動物性油脂、植物性油脂とそれぞれ良さがあることや、必要な原材料であることがわかりました。人間もバターやオリーブオイル、お肉の脂肪など脂が美味しいひとつの要素ですし、食欲をわかせつつ、適度に与えるべき素材なんですね。粗悪なものを選ばないように注意したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介