尿路結石とF.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)用キャットフードについて

本日のテーマ

  • 猫に起こりやすいF.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)にかかった猫のキャットフード選びについて相談が増えています。まずはF.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)について基本的なことを学び、その上で愛猫に合ったキャットフードを獣医と相談しながら決めていきましょう。

1.

F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)とは


  • F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)とは尿石症や膀胱炎、血尿や排尿困難など、泌尿器官に関する病態の総称です。
2.

尿路結石とは


  • 猫は下部尿路疾患、中でも尿石症がおきやすい動物です。尿路結石ができると結石が尿管を塞いでしまい、尿がでなくなります。

    すると尿毒症で死に至る非常に危険な病気のひとつです。

  • 私のオス猫も尿路結石になって、慌てて病院で溶かしてもらいました。おしっこが出ているかを毎日しっかり確認しないと怖いですね。
  • 猫はもともと砂漠の生き物なので、少ない水分で濃縮されたおしっこを出します。このため尿中のミネラル分が過剰になりやすく、結石ができやすくなります。

    また水分を多く取らないため、食事でも十分に尿のpHを左右するため、食事を改善することで結石を防ぐことができる場合もあります。

    尿結石の種類

    尿石症は尿結石に含まれる成分が、リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)シュウ酸カルシウムかによって分けられます。

    このため尿路結石だからといっても、それぞれの場合で対処法に違いがありますので注意が必要です。

    どちらにしても基本的には食事両方と水分を多く取ることが大切です。猫缶を与えることで水分を多く与えたり、ドライフードをお湯でふやかして水分を取らせたりと工夫も大事です。

    カルシウム:リン:マグネシウムの比率

    カルシウム:リン:マグネシウムの比率はカルシウムとリン、マグネシウムの比率が1.2:1:0.08程度がいいと言われています。

    こちらの記事「カルシウム:リン:マグネシウムのバランス」が参考になりますので是非ご一読ください。

    療法食を選ぶほどではなく、なんとなく気にしておきたい場合には、このバランスを満たしたフードを選んでみるといいかと思います。

3.

膀胱炎とは


  • 猫の膀胱炎は原因不明の突発性の場合が多く、細菌感染による膀胱炎はほとんど起こりません。

    尿石症との合併症や、引越しや家族が増える(赤ちゃん)などによる生活環境の変化によるストレスなどが原因であると考えられています。

    排尿時の痛み、血尿などの症状がありますので見逃さないようにしましょう。

  • 環境が変わったあとは愛猫のトイレをしっかりと確認しておく必要がありそうですね。
4.

尿結石は食べもののせいだけでできるわけではない


  • 食べものが悪かったから尿結石ができたと考えられがちですが、最新の情報ではそうではありません。

    ストルバイト結石では以下のような原因があります。

    • 水分摂取量の低下
    • 肥満
    • 排尿回数の低下
    • 去勢およびそれに伴う活動性の低下
    • 過去は去勢雄で多かったが、最近は雌で多い
    • 4-7歳で多く10歳を超えると減少する
    • 感染症と関係している

    なかでも感染症が非常に大切で、食事で予防できるものではなく、あくまで感染と関係していると言われています

    このため尿培養、抗菌薬の投与が大切で、尿酸性化食を使用しなくても細菌性膀胱炎を治すことで酸性に転じ、正常に戻るとしています。

  • ストルバイトは感染が重要な要因だったんですね!
  • また、結晶がでたことだけでは診断としては意義はないと考えられています。特に食後はアルカリ尿になるため、正常でも結晶が出ます。

    なので結晶が出ただけで慌てて尿路結石だと治療しないようにしましょうと獣医さんに確認しました。

5.

F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)用キャットフード


  • 下部尿路疾患用のキャットフードは多くのメーカーから販売されています。中でもロイヤルカナンやサイエンスダイエットが強い分野であると思います。

    ここで注意すべき点は、療法食と総合栄養食の下部尿路疾患配慮用キャットフードは別物ということです。

    療法食は尿路疾患にかかっている猫が獣医の指示によって与えるキャットフードで、総合栄養食の下部尿路疾患配慮用キャットフードはあくまで健康体の猫が、過去に尿路疾患にかかったなどで、通常時から気にしておきたい場合に与えるキャットフードです。

    ロイヤルカナン ユリナリーケア(健康な尿を維持したい成猫用)

    画像引用:ロイヤルカナン ユリナリーケア

    療法食や各疾患への配慮用キャットフードはロイヤルカナンが使用されることが多いです。その中で尿路疾患配慮用の総合栄養食としてユリナリーケアが販売されています。

    • ミネラルバランスを調整し、かつ低い尿pHに維持することで、健康な尿の濃度を維持します
    • <ユリナリ― ケア>は特別なミネラルバランスにより、健康な尿を維持することで、尿路結石の形成を抑えます
    • <ユリナリ― ケア>のみを使い続けることにより、尿路結石の形成を抑制します

    引用:ロイヤルカナン ユリナリーケア

    ミネラルバランスに注意して、尿路結石ができることを普段の食事から防いでいくことを主眼に置いたキャットフードです。

    こうした尿路疾患に配慮した総合栄養食のキャットフードは各社から販売されています。

    ロイヤルカナン pHコントロール+CLT ドライ

    画像引用:ロイヤルカナン pHコントロール+CLTドライ

    ロイヤルカナンのphコントロールの療法食はかなりの数が販売されています。細かい希望に合わせた微妙な違いまで製品にしています。

    代表的なものがロイヤルカナン pHコントロール+CLTドライです。

    • 尿量
      健康的な尿量維持のために、ミネラルなどの栄養バランスを調整。
    • ストルバイト
      ストルバイト尿中のストルバイトの飽和度が高くない弱酸性の尿を維持するように、ミネラルなどの栄養バランスを調整。
    • カロリー密度調整
      カロリー密度調整体重過多は猫下部尿路疾患の原因となる可能性があるため、理想的な体重を維持するためにカロリー密度を低く調整(3565kcal/kg)
    • CLT
      CLT特発性膀胱炎の食事療法食として加水分解ミルクタンパク(加水分解アルファS1トリプシンカゼイン)を配合し、L-トリプトファンの含有量を調整しています。

    引用:ロイヤルカナン pHコントロール+CLTドライ

    この他にも多数販売していますのでご紹介します。

    • pHコントロール+満腹感サポート
    • pHコントロール0 ドライ
    • pHコントロール1 ドライ
    • pHコントロール1 フィッシュテイスト ドライ
    • pHコントロール2 ドライ
    • pHコントロール2 フィッシュテイスト ドライ
    • pHコントロール オルファクトリー ドライ
    • pHコントロール ライト ドライ
    • pHコントロール ウェット パウチ
    • pHコントロール フィッシュテイスト ウェット パウチ
  • こんなにも種類があるんですね!
  • 一概に尿路疾患といっても程度が違うので、治療に使われる療法食はその子にあった細かい処方がなされるべきです。

    そのためにロイヤルカナンはこれだけの種類を販売し、かつ獣医師も選択しやすい種類が揃っていると言えます。

まとめ


  • 猫は下部尿路疾患が起こりやすい
  • 対策として水分を多く取らせる
  • 対策として食事療法を行う
  • 総合栄養食と食事療法は違うので注意
  • 尿路結石の原因はリン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)とシュウ酸カルシウムがある
  • 尿結石は感染症と関係がある
  • 結晶が出たからといって尿路結石ではない
  • 猫は尿路結石ができやすい生き物です。特にオスは泌尿器が出ていることからなりやすく、普段から水分を多く取らせるように配慮しましょう。猫缶など水分の多い食事も有効です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介