穀物入りの高品質キャットフードがある理由。高品質なら穀物入りでもいいの?

本日のテーマ

1.

高品質な穀物なら穀物入りでもいいの?


  • 高品質なキャットフードで良質な穀物が配合されているものがありますが、良質な穀物なら配合されていてもいいのでしょうか?
  • 猫にとって穀物がよくないと言われている理由は「猫は穀物をほとんど消化することができない」からです。

    このため残念ながら穀物が良質であってもほとんど消化できないので大きな差はない(粗悪なものでなければ)というのが私の考えになります。

    ただ穀物には穀物の良さもありますし、穀物入りのキャットフードも与え方によっては猫にとっていい場合があります。

    それに同じ穀物をあげるのであれば高品質なものがいいという気持ちの話もありますね。

2.

なぜ高品質なキャットフードで穀物入りがあるの?


  • そもそもグレインフリーは最近の考え方から生まれたもので、その前にはナチュラルフードという考え方がありました
  • 自然の原料を使ってキャットフードを作るということですか?
  • そうなんです。人間でも同じようにナチュラルフードの流れがありました。農薬などを使っていない体にいい野菜などを食べましょうという、それと同じです。

    今まで作っていたキャットフードを、人間が食べることのできる高品質な原材料を使って作れば猫にとってもいいのではないかという考え方です。

  • もしかしてそれで高品質な穀物入りキャットフードができたんですか?
  • そうです。それまでは人間が食べない部分を使ったキャットフードが一般的でした。それを見直す流れになったことで、高品質な穀物入りキャットフードが販売され始めました。時代の流れに沿った自然な流れですね。

    その後に猫は穀物を消化できないことがわかってきました。それから少しずつグレインフリーという考え方に変わってきているのですが、穀物が消化できない割に、穀物のデメリットも余り見られず、さらに穀物入りの方が好きな猫も多いという現状から、グレインフリーと穀物入りは共存しています。穀物入りは原材料費も安いので、安価に作れますしね。

3.

穀物が原因で猫の健康を害したという根拠はない


    • 穀物入りしか食べていなくても20歳を超える猫もいますから、猫の寿命や体調は穀物入りのキャットフードよりも、その他の要因の方が影響が大きいと考えられていて、穀物入りが寿命に与える影響ははっきり科学的根拠があるわけではないようです。

      実際私が15歳の時に拾ってきた愛猫は18歳半ばまで生きましたが、穀物入りしか食べていませんでした。病気ではなく長生きだったと思います。もっと生きて欲しかったですが。

      まだキャットフードの歴史はそれほど新しいものでもありませんし、猫が穀物を消化できないという事実も割と最近判明したことでした。だから今後キャットフードに関する考えが変わっていく可能性は十分にある、まだまだ発展途上のジャンルです。

4.

穀物入りレシピに自信を持っているメーカーもある


  • キャットフードメーカーの開発者が、猫が最も好んで食べるものを作った結果、穀物が入ったレシピになったものもあります。こうして開発者が自信を持って穀物入りを販売しているメーカーもあります。
  • 猫が好んで食べるものを調べて作った結果、穀物を配合したということですか?
  • そうです。アメリカなどでも穀物入りのキャットフードメーカーのファンもいますし、そのレシピによって猫の寿命が短くなったり、健康を害したという話もありません。

    そもそも猫が穀物を消化できないという事実がわかったのは割と最近の話なので、不思議な話ではないことがわかります。

5.

穀物入りとグレインフリー。それぞれの良さを活かした与え方


  • 前に教えてもらった穀物入りの良さは、

    • 安価に作れて安価に販売できる
    • 毛の排出、腸内洗浄を促せる

    と教えてもらいました。これ以外にもなにか理由はありますか?

  • 例えば穀物が多く含まれているキャットフードはグレインフリーよりも摂取量が多いことが多いです。これは消化吸収できない穀物や食物繊維量が多いため、グレインフリーと同じ量では栄養量を確保できないからです。
  • 穀物は消化もできなくて、その分同量では栄養も少ないとなったらいいところがなさそうですね。
  • 穀物入りもグレインフリーも使い方次第ですね。

    例えば余り食べられなくなった猫にはグレインフリーの方が少ない量で栄養を与えることができます

    長毛種の猫ならグレインフリーから穀物入りに変えたら毛の排出がうまくいって元気よくご飯を食べるようになったこともあります。

  • 与え方なんですね!
  • このように猫の年齢や健康状態、猫種、愛猫の好みで与えるキャットフードを変えることができます
6.

キャットフードをコロコロ変えないで、1週間かけてゆっくりと移行


  • 健康で元気な猫には基本的にはグレインフリーを。運動量や毛の排出、食べられる量でグレインフリーか穀物入りかを分けて利用するといいと思います。

    ただしコロコロ変えないでください。

  • ある程度同じものを上げていた方がいいんですか?
  • 猫は非常に臆病な生き物です。このため同じもの、安全だと自分が認識したものを食べることで安心を得ていることもあります。

    また体内の栄養バランスも重要です。キャットフードごとに栄養素が違っています。総合栄養食であれば、基本的にはそれだけをあげていれば問題のない栄養量になっていますが、コロコロ変えてしまうと栄養が偏る危険があります。

  • キャットフードを変更したい場合は1週間位かけてゆっくり入れ替えるといいんですよね?
  • それがおすすめです。その間に新しいキャットフードを食べるか食べないかも様子を見ることができます。食べそうであればそのまま新しいキャットフードに移行してください。

まとめ


  • 穀物は良質でも普通の質でも同じ
  • ナチュラルフードの流れから高品質な穀物入りキャットフードが生まれた
  • 穀物入りには穀物入りの良さがある
  • 一概にグレインフリーじゃなきゃダメというわけではないことがわかりました。この辺りは飼い主がしっかりと愛猫のことを考えてあげれたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫