グレインフリーキャットフードとは?血糖値上昇を抑え、猫の内臓に合わせて穀物を使用していないレシピ

本日のテーマ

  • マッサンに聞いてみると、今販売されているキャットフードは動物食性の猫の生態に合わせたキャットフードは少ないそうです。

    ここでは猫の生態を勉強し、どんなキャットフードが合っているのかを教えてもらいたいと思います。

1.

猫の内臓の作り


  • 動物食性の猫は「穀物をほとんど消化できない内臓の作り」になっています。理由は猫の消化器官の作りが雑食の人間や犬とは構造が違うからです。

    とはいえ、下記でも解説しますが、ペットフード用に加工された穀物は猫も全てではありませんが一定数活用することができると言われてきていますので、必ずしも上記の通りではありませんが、猫はそもそも穀物をほぼ食べないので、心に留め置く部分ではあるかと思います。

    ※草食動物が食べた穀物が胃腸内に残っていた場合はそれは食べます。

    猫は大腸が短い

    猫は大腸の消化管が身長の4倍程度しかなく、雑食・草食動物に比べてかなり貧弱です。これによって穀物など植物が消化しにくくなります。

    盲腸がほとんど残っていない

    猫には盲腸がほとんどないため、植物性の食べ物に含まれるセルロースを消化吸収することができません。多少はすい臓で消化、吸収できますが、唾液など他で消化吸収できていないため、負担が大きくなります。

    乳糖を多く消化できない

    猫の内臓は炭水化物や牛乳に多く含まれる乳糖(ラクトース)は大量に消化できない構造になっています。このため、炭水化物を多く与えると下痢や不調を招く原因になることがあります

    たんぱく質からエネルギーを作り出せる

    その代わりに小腸が発達し、動物性たんぱく質や脂肪の消化吸収に向いている作りとなっています。

    さらに猫の肝臓は窒素化合物を分解する酵素の働きが非常に高く、このためにたんぱく質をエネルギー源の一部として使うことができます。人間や犬は、たんぱく質は筋肉の維持や成長など体の成長に使い、エネルギー源は炭水化物から取っていますね。

  • だから穀物が消化できなくても大丈夫なんですね。
  • そうですね。猫は肉から必要な栄養素をしっかりと摂取できる仕組みになっているからです。
  • 昔の日本ではごはんにお味噌汁をかけた「ねこまんま」をあげていたイメージがあります・・・
  • 猫にとってはいい食事とはいえないかもしれませんね。でもその時代はまともなキャットフードも多く流通していなかったと思いますし、ペットに対する考え方が今とは全く違っていて、体の構造などを知っている人も余りいなかったと思います。

    因みにα化したお米なら多少は消化できると思いますので100%完全にアウトということでもないかと思います。

2.

加工の仕方次第では穀物も消化、活用できる


  • 乳糖やセルロースなど根本的な問題はありますが、ペットフード用に適切に処理された穀物の多くは、全てではありませんが一定数活用することができると言われるようになってきました。

    これは以前から言われていましたが、新しく台頭してきたグレインフリーが必ずしも正しいのかというアンチテーゼではありませんが、こうした流れによって表面化してきたことでもあります。

    インターネットの発達で新しい情報でもすぐに見つけられるようになったという部分でもあるかもしれませんが。

  • 今まで食べて問題がなかったのに本当にダメなのか?って感じですか?
  • まぁそこまでは言わないにしても、私はそういう動きはあってしかるべきで、いいことだと思っています。当たり前だと思われていたことでも再検討は必ず必要ですよね。

    そして適切に処理された穀物の消化に関しては、ペット栄養学会やロイヤルカナンの研究所でも公表されていますので獣医学的な見解として考えていいかと思います。

    例えば人間もそのままの米は消化できない

    因みに例えば人間もお米そのままの状態ではほとんど消化することができません。例えばお米であれば糊化することで人間も消化することができるようになります。

    綺麗な話ではありませんが、トウモロコシも一部そのままトイレに出てしまいませんか?

    ペットフードではそのまま粉砕して使用するものもあれば、消化できるように一度炊いてから使用しているものもあります。他にはトッピング的な要素でお米の粒を発泡や加工したものをそのまま入れているメーカーなどもあります。

    ただ、どのように加工しても含まれているセルロースなど難消化性の食物繊維は消化できません。

    このように猫の穀物の消化に関しては加工方法が大切です。

3.

グレインフリーキャットフードとは?


  • グレインフリーキャットフードとは、穀物を使用していないキャットフードのことです。先に解説したように、猫はほとんど穀物を消化することができません。このため穀物を使用しない、より猫の生態に近づけた食事を作った結果、グレインフリーというレシピが生まれました。

    動物性たんぱく質が豊富

    グレインフリーキャットフードの特徴は穀物の代わりに、肉原料が豊富に含まれていることです。これにより動物性たんぱく質が豊富になります。猫はたんぱく質からエネルギーを作り出すことができるため、グレインフリーの豊富なたんぱく質と脂質から体作り、維持に十分な栄養をしっかり補給することができます

    消化吸収率が高い

    ほとんど消化できない穀物がなくなったことで消化吸収率が高まり、少量でも効率よくエネルギーを摂取できるようになります。穀物入りの場合は必要な栄養素を得るために、多く摂取しなければならず、内臓の負担を招いていました。

    しなやかで強靱な体作りに役立つ

    猫特有のしなやかで強靱な体を作り上げるには良質で豊富なたんぱく質が必要です。人も筋トレを行う時には良質な動物性たんぱく質が必要ですが、猫の場合は人よりもさらに良質で豊富なたんぱく質が必要になり、肉の原材料のクオリティが高い傾向にあるグレインフリーは猫にぴったりの食事といえます。

4.

穀物による血糖値の上昇のリスクについて考える


  • グレインフリーについては上記のような点もあり、穀物の有無は飼い主によって選択すれば良いと考えていますが、血糖の部分については知っておいても良い項目かと思います。

    オリジンにペットフードオブザイヤーなどの認定を行っているGlycemic Research Institue®での見解は見逃せません。「ペットフードには高血糖成分を避けるべきである」という見解が示されており、穀物はペットフードの成分としては血糖を上げる食品であるので避けるべきであると考えられています。

    トウモロコシや穀物の摂取は、犬や猫だけでなく、人間の血糖値にも直接影響します。高血糖成分は血糖値を過剰に上昇させ、てんかん、甲状腺機能低下症、アレルギー、イースト菌感染症、癌および糖尿病のリスクを高めます。犬用及び猫用のペットフード中の一次(高)レベルの高血糖穀物は許容できません。これらには、小麦、トウモロコシ、米、玄米も含まれます。

    出典:Glycemic Research Institute®

    こうした見解もありますので、穀物については飼い主自身で使用の有無を考えられると良いかと思います。

    合わせてこちらの記事もご参考いただけましたら幸いです。

    キャットフードにトウモロコシを避ける本当の理由は?血糖値を上げてしまう原材料だった

5.

グレインフリーでも芋類の含有量に注目


  • さらに詳しくグレインフリーについて解説していきたいと思います。

    肉原料が増えると価格が上がる

    グレインフリーとは「穀物を使っていなければいい」ということになります。ですが、原材料に穀物を使わず肉ばかりで製造していては原価がかかりすぎ、どうしても定価が上がってしまいます。

    どんなにいいキャットフードでもあまりに高額では売れません。売れないキャットフードを作ってくれる業者はありません。そのため、製造業、販売業者はグレインフリーにする時にはいいバランスを考えて作る必要があります。

    穀物の代わりに芋類を配合

    そこで穀物の代わりに原材料として使われるのが「ポテト類」のジャガイモやサツマイモです。炭水化物は猫にとって不必要な栄養素ではないと考えられているので、適量含まれている分には問題ありません。

    こんな話をしてなんですが、正直なところ芋類についてほとんどのキャットフードは問題がありません。

    しかし、猫は炭水化物を一定量は消化することができますが、多くを消化できる構造にはなっていないため、あまり多すぎると消化器官に負担をかけてしまいます。

    炭水化物の含有量には定めがない

    実は炭水化物の含有量は定めがありません。あくまで私の見立てではドライフードで考えると、40%程度に抑えられていれば問題がないと考えています。

    第一原料がジャガイモやサツマイモのグレインフリーキャットフードはないと思われますので、それほど心配はいらないと思います。

6.

穀物に「豆類(大豆)」を含むか含まないかは国の認識で違う


  • 重要な点ではありませんがこんな考え方もあります。

    実は「穀物」には「豆類を含むか含まないか」という2種類の見解があります

    そもそも穀物という定義がわかりにくい部分があり、日本では「穀物」に狭義では豆類を含まず、広義では豆類を含むとしており、見解がわかれるところです。

    しかし世界的には穀物に豆類は含んでいません。このため多くのグレインフリーといわれているキャットフードには豆類が使われています。

    使われている豆類はほとんどエンドウを使用

    例えばグレインフリーと宣伝しているジャガー、ニュートロ ナチュラルチョイスの穀物フリー、オリジン、ウェルネス コア、NOW(ナウ)、go!、アカナ、ヤラー、ティンバーウルフ、ソリッドゴールドもグレインフリーとして販売されていますが、豆類が含まれています。

    ただしそのほとんどがエンドウを使用しています。豆類の中でも大豆はアレルゲンになりやすいので注意が必要ですが、エンドウは低アレルゲン豊富なたんぱく質を含んでいるためです。

    アレルゲンとしてはエンドウより鶏肉などの方が強い

    低アレルゲンでもアレルゲンだと考えた場合ですが、むしろ鶏肉やサーモンなど主原料のアレルギーの相談の方が多いです。
    三大アレルギーの大豆アレルギーとエンドウアレルギーは別物。エンドウ豆は乳児でも食べられる食材です。豊富なたんぱく質、食物繊維として配合されていることがほとんどです。

7.

おすすめのグレインフリーのキャットフードは?


  • ズバリ!おすすめのグレインフリーキャットフードを教えてください!
  • 日本で手に入りやすいグレインフリーのキャットフードは数が少ないのが現状です。私がオススメするなら当たり前ですが、弊社のグレインフリーキャットフード、ロニーキャットフードとエリザベスキャットフード進めたいところではあります(笑)

    身近で手にはいりにくいものも含めるとハッピーキャットのラ・キュジーヌのカニンヘンはちょっと変わったウサギ肉と牛肉レシピです。ジウィピークのエアドライ・キャットフード NZグラスフェッドビーフも牛肉をメインに使用したグレインフリーですね。

  • 豆類を含まないグレインフリーのキャットフードは少ないんですね。
  • 私の考えでは豆類に関しては気にする必要はないと思いますが、豆類を含まないものもありますよ。例えば今紹介したカナガン(約4,000円/1.5kg)、ハッピーキャット(約6,000円/1.8kg)、ジウィピーク(約3,000円/400g)だけでも価格に幅がありますので、色々なグレインフリーキャットフードを見て、選んでみるといいと思います。
8.

グレインフリーを選ぶその他の理由


  • グレインフリーを選ぶ理由にアレルギー対策や嘔吐改善があります。穀物の、中でも小麦はアレルギーの元になる可能性があります。

    そして原材料に穀物を使うことで内容量は増えますが、摂取量はグレインフリーより多くなる場合がほとんどです。単に食べる量が多く必要になるので、胃腸に負担をかけたり、刺激して嘔吐に繋がっていたということもあります。

  • キャットフードなのにアレルギーが出ることがあるんですね!
  • 人間も穀物やそば、シーフードなどでアレルギーが出る方はいますので、食べられるからアレルギーが出ないわけではないのは猫も同じなんですね。

    しかし注意してほしい点はグレインフリーだからアレルギー対策になるわけではないという点です。鶏肉や魚にアレルギーがあった場合、穀物入りよりも含有量が多いグレインフリーキャットフードではさらにアレルギーが出る可能性もあります。あくまで穀物アレルギーを疑う場合の話です。

まとめ


  • 猫は穀物をほとんど消化できない
  • 穀物が入っているからこそ安価で製造できる
  • 穀物が完全に悪いものということではない
  • 穀物は血糖値を上げる作用が確認されている
  • グレインフリーでも芋類の含有量が多すぎてはいけない
  • 穀物に豆類が含まれるかは各社の認識で変わる

  • グレインフリーのキャットフードがまだまだ多くはないという点が驚きです。穀物の血糖値を上げてしまうという点については考慮してみてもいいのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

マッサンのドッグフードの学校

課題を検索

マッサン&商品掲載情報

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介