グレインフリーキャットフードを選ぶ理由。猫は穀物を消化できない

本日のテーマ

  • マッサンに聞いてみると、今販売されているキャットフードは動物食性の猫の生態に合わせたキャットフードは少ないそうです。

    ここでは猫の生態を勉強し、どんなキャットフードが合っているのかを教えてもらいたいと思います。

1.

猫の内臓の作り


  • 動物食性の猫は「穀物をほとんど消化できない内臓の作り」になっています。理由は猫の消化器官の作りが雑食の人間や犬とは構造が違うからです。

    猫は大腸が短い

    猫は大腸の消化管が身長の4倍程度しかなく、雑食・草食動物に比べてかなり貧弱です。これによって穀物など植物が消化しにくくなります。

    盲腸がほとんど残っていない

    猫には盲腸がほとんどないため、植物性の食べ物に含まれるセルロースを消化吸収することができません。多少はすい臓で消化、吸収できますが、唾液など他で消化吸収できていないため、負担が大きくなります。

    乳糖を多く消化できない

    猫の内臓は炭水化物や牛乳に多く含まれる乳糖(ラクトース)は大量に消化できない構造になっています。このため、炭水化物を多く与えると下痢や不調を招く原因になることがあります

    たんぱく質からエネルギーを作り出せる

    その代わりに小腸が発達し、動物性たんぱく質や脂肪の消化吸収に向いている作りとなっています。

    さらに猫の肝臓は窒素化合物を分解する酵素の働きが非常に高く、このためにたんぱく質をエネルギー源の一部として使うことができます。人間や犬は、たんぱく質は筋肉の維持や成長など体の成長に使い、エネルギー源は炭水化物から取っていますね。

  • だから穀物が消化できなくても大丈夫なんですね。
  • そうですね。猫は肉から必要な栄養素をしっかりと摂取できる仕組みになっているからです。
  • 昔の日本ではごはんにお味噌汁をかけた「ねこまんま」をあげていたイメージがあります・・・
  • 猫にとってはいい食事とはいえないかもしれませんね。でもその時代はまともなキャットフードも多く流通していなかったと思いますし、ペットに対する考え方が今とは全く違っていて、体の構造などを知っている人も余りいなかったと思います。
2.

グレインフリーキャットフードとは?


  • グレインフリーキャットフードとは、穀物を使用していないキャットフードのことです。先に解説したように、猫はほとんど穀物を消化することができません。このため穀物を使用しない、より猫の生態に近づけた食事を作った結果、グレインフリーというレシピが生まれました。

    動物性たんぱく質が豊富

    グレインフリーキャットフードの特徴は穀物の代わりに、肉原料が豊富に含まれていることです。これにより動物性たんぱく質が豊富になります。猫はたんぱく質からエネルギーを作り出すことができるため、グレインフリーの豊富なたんぱく質と脂質から体作り、維持に十分な栄養をしっかり補給することができます

    消化吸収率が高い

    ほとんど消化できない穀物がなくなったことで消化吸収率が高まり、少量でも効率よくエネルギーを摂取できるようになります。穀物入りの場合は必要な栄養素を得るために、多く摂取しなければならず、内臓の負担を招いていました。

    しなやかで強靱な体作りに役立つ

    猫特有のしなやかで強靱な体を作り上げるには良質で豊富なたんぱく質が必要です。人も筋トレを行う時には良質な動物性たんぱく質が必要ですが、猫の場合は人よりもさらに良質で豊富なたんぱく質が必要になり、肉の原材料のクオリティが高い傾向にあるグレインフリーは猫にぴったりの食事といえます。

3.

グレインフリーでも芋類の含有量に注意


  • さらに詳しくグレインフリーについて解説していきたいと思います。

    肉原料が増えると価格が上がる

    グレインフリーとは「穀物を使っていなければいい」ということになります。ですが原材料に穀物を使わず肉ばかりで製造していては原価がかかりすぎ、どうしても定価が上がってしまいます。

    どんなにいいキャットフードでも余りに高額では売れません。売れないキャットフードを作ってくれる業者はありません。そのため、製造業、販売業者はグレインフリーにする時にはいいバランスを考えて作る必要があります。

    穀物を使わない代わりに芋類を多く配合

    そこで穀物の代わりに原材料として使われるのが「ポテト類」のジャガイモやサツマイモです。炭水化物は猫にとって不必要な栄養素ではないと考えられているので、適量は含まれている分には問題ありません。

    しかし猫は炭水化物を一定量は消化することができますが、多くを消化できる構造にはなっていないため、余り多すぎると消化器官に負担をかけてしまいます。

    炭水化物の含有量には定めがない

    実は炭水化物の含有量は定めがありません。あくまで私の見立てではドライフードで考えると、30%以下に抑えられていれば問題がないと考えています。もっと少なくてもいいのではないかなと思いますが、なかなかそういったフードは見つからないのも事実です。

    しかし第一原料がジャガイモやサツマイモのグレインフリーキャットフードはないと思われますので、余り心配はいらないと思います。

4.

穀物に「豆類(大豆)」を含むか含まないかは国の認識で違う


  • 重要な点ではありませんがこんな考え方もあります。

    実は「穀物」には見解が2種類あり、「豆類を含むか含まないか」です。

    そもそも穀物という定義がわかりにくい部分があり、日本では「穀物」に狭義では豆類を含まず、広義では豆類を含むということになっていて見解がわかれるところです。

    しかし世界的には穀物に豆類は含んでいません。このため多くのグレインフリーといわれているキャットフードには豆類が使われています。

    使われている豆類はほとんどエンドウを使用

    例えばグレインフリーと宣伝しているジャガー、ニュートロ ナチュラルチョイスの穀物フリー、オリジン、ウェルネス コア、NOW(ナウ)、go!、アカナ、ヤラー、ティンバーウルフ、ソリッドゴールドもグレインフリーとして販売されていますが、豆類が含まれています。

    ただしそのほとんどがエンドウを使用しています。理由は豆類の中でも大豆がアレルゲンになりやすいので、大豆に関しては注意が必要ですが、エンドウは低アレルゲン豊富なたんぱく質を含んでいます。

    アレルゲンとしてはエンドウより鶏肉などの方が強い

    低アレルゲンでもアレルゲンだと考えた場合ですが、むしろ鶏肉やサーモンなど主原料のアレルギーの相談の方が多いです。
    三大アレルギーの大豆アレルギーとエンドウアレルギーは別物。エンドウ豆は乳児でも食べられる食材です。豊富なたんぱく質、食物繊維として配合されていることがほとんどです。

5.

おすすめのグレインフリーのキャットフードは?


  • ズバリ!おすすめのグレインフリーキャットフードを教えてください!
  • 日本で手に入りやすいグレインフリーのキャットフードは数が少ないのが現状です。そのため日本で手に入りやすいもので豆類も含まないグレインフリーのキャットフードを紹介するのであればカナガンですね。

    身近で手にはいりにくいものも含めるとハッピーキャットのラ・キュジーヌのカニンヘンはちょっと変わったウサギ肉と牛肉レシピです。ジウィピークのエアドライ・キャットフード NZグラスフェッドビーフも牛肉をメインに使用した豆類を含まないグレインフリーですね。

  • 豆類を含まないグレインフリーのキャットフードは少ないんですね。どこまでをグレインフリーとしてみるのか難しいですね・・・
  • 私の考えでは豆類に関してはそこまで気にする必要はないと思います。例えば今紹介したカナガン(約4,000円/1.5kg)、ハッピーキャット(約6,000円/1.8kg)、ジウィピーク(約3,000円/400g)だけでも価格に幅がありますので、色々なグレインフリーキャットフードを見て、選んでみるといいと思います。
6.

グレインフリーを選ぶその他の理由


  • グレインフリーを選ぶ理由にアレルギー対策や嘔吐改善があります。穀物の、中でも小麦はアレルギーの元になる可能性があります。そして原材料に穀物を使うことで内容量は増えますが、肉からの栄養を摂取するためにはグレインフリーのものよりも多く摂取しなくてはいけなくなります。そのため胃腸に負担をかけて嘔吐などに繋がっていたということもあります。
  • キャットフードなのにアレルギーが出ることがあるんですね!
  • 人間も穀物やそば、シーフードなどでアレルギーが出る方はいますので、食べられるからアレルギーが出ないわけではないのは猫も同じなんですね。

    しかし注意してほしい点はグレインフリーだからアレルギー対策になるわけではないという点です。鶏肉や魚にアレルギーがあった場合、穀物入りよりも含有量が多いグレインフリーキャットフードではさらにアレルギーが出る可能性もあります。あくまで穀物アレルギーを疑う場合の話です。

まとめ


  • 猫は穀物をほとんど消化できない
  • 穀物が入っているからこそ安価で製造できる
  • 穀物が完全に悪いものということではない
  • グレインフリーでも芋類の含有量が多すぎてはいけない
  • 穀物に豆類が含まれるかは各社の認識で変わる

  • 豆類も含まないグレインフリーのキャットフードが実際には少ないという点が驚きです。グレインフリーの中でも芋類の含有量と豆類を含む含まないは確認してみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
   
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫