キャットフードの与え方について。完全自由摂取方式、時間制限給与法、質的制限給与法を解説

本日のテーマ

  • キャットフードの正しい与え方って知っていますか?マッサンに適切な与え方を教えてもらいます。

1.

ドライフードの与え方


  • 「どんな与え方がいいのか」という質問を受けることがあります。

    • 一日の給与量を3回位に分けて与える
    • 一日分まとめて与える
    • 多めに与えておいて食べる分だけ与える
    • 時間を決めて与える
    • 食べ終わったら下げる

    様々な考え方がありますが、これらに対して大きく分けて3つの与え方から考えていきます。

2.

キャットフードの給与方法


  • 与え方によって猫が摂取できるカロリー量にも影響が出てきます。このため一概にこの与え方がいいというものはなく、体型や状態によっても変えるのがベストです。

    ただし余り融通を効かせて変更しすぎると猫が戸惑い、ストレスになることがありますので、基本的な与え方は決めておきましょう。

    • 完全自由摂取方式
    • 時間制限給与法
    • 質的制限給与法

    完全自由摂取方式

    キャットフードをまとめて与えて、猫が好きな時に自由に摂取できる状態で与えることです。

    例えば朝1日の必要量よりも多くお皿に用意しておきます。次に与えるのは翌日の朝や、なくなった時といった与え方です。

    この方法で与えている方が一番多いように思いますが、デメリットとしては肥満の原因になる可能性があることです。

    時間制限給与法

    1日に数回、一回30分程度で与える時間を決めて与えます。

    キャットフードが残っていてもいなくても時間になったらお皿を下げます。

    難点は特定の時間内に多くのキャットフードをまとめ食べする可能性があります

    質的制限給与法

    1回何gとあらかじめ決めた量を1日2~3回に分けて与える方法です。

    全て食べてくれれば最も正確ですが、飼い主側も正確な計算が必要になり、猫の必要エネルギーを超えすぎても少なくてもいけません

3.

キャットフードをきちんと図っていますか?


  • キャットフードを与える時、多くの人が買ったものを開けて、お皿いっぱいに与えるだけになりがちです。

    穀物入りのキャットフードの場合はこれでも問題のない場合が多いのですが、グレインフリーの場合は消化吸収効率も良く、与える量が少なめの設定なので、だいたいが与えすぎてしまいます。

    袋を開けて一回目だけは図ると決めよう

    袋を開けて一回目に与える時に一度量を量っておきましょう。そうすることで目分量で与えられるようになります。

    なくなって同じキャットフードを買った場合にも最初の一回だけは図るようにしましょう

    人間の感覚は正確でもあり、いい加減でもありますので、図ってから1ヶ月も経てばだんだんと給与量が増えていたりします。

    また、年齢や体重が増えた時に給与量が上がると、今までと同じ感覚では少ない可能性があります。定期的に図ってチェックすることが給与量を誤らないことにつながります。

4.

水は多くの場所におきましょう


  • 猫の水の飲み方について解説しましたので、こちらの記事「猫の水の摂取量を増やす本当の飲ませ方!ただ量を増やしても、飲む量は増えません」を参考にしてみてください。

    猫は水を摂取することに非常に面倒くさがりな生き物です。キャットフードを食べれば水分は取る必要があり、キャットフードを食べていない時でも一定量は摂取する必要があります。

    しかし近くになければわざわざ飲みにはいかないため、どうしても水分補給が進まない猫にはウェットフードを与えてみてもいいと思います。

5.

キャットフードを置いている場所の衛生環境に注意


  • 人間の頭は猫に比べるとずっと高い位置にあります。それに比べて猫の顔はほとんど地面にくっついているような高さです。

    埃が待っていれば吸ってしまいますし、体にも付いてしまうでしょう。

    キャットフードにも同じことが起こります。どうしても地面の近くに置く必要があるため、キャットフードも水も埃を被りやすくなります

    「猫は外にあるものを取って食べているのだからその位は問題ない」という考えがあれば、それは一理ありますが、家畜化され、屋内でのみ暮らしている猫にとって埃がいいということは全くありません。

    容器に少し高さを与えてあげたり、埃が被らないような工夫も大切な給与環境のひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫