お腹に優しいキャットフード。胃腸や消化器官に優しい整腸作用のある原材料は?

本日のテーマ

  • お腹が弱くてすぐ下痢をする…愛猫のそんな具合をなんとか改善したい場合には腸内環境改善効果のある原材料を試してみるといいかもしれません。

1.

お腹に優しいキャットフードとは


  • 「なにを食べても下痢をしてしまう」「すぐに便秘になる」「お腹が弱くてフード選びに困る」「整腸作用のあるサプリを別途購入している」

    お腹が弱い猫にとって整腸作用は大切な機能のひとつかと思います。

    お腹に優しいキャットフードといえば、食物繊維やプロバイオティクス、乳酸菌、善玉菌などを配合することで猫本来の腸機能をサポートしつつ、改善を図っていくタイプになります。

    また猫も人と同じように加齢に伴う腸内細菌叢の老化が言われているため、年齢によって適度に腸球菌を足してあげるなどの対策が効果があるかもしれません。

    ここではどういった原材料でお腹、腸機能のサポートを行っているかをみていきたいと思います。

2.

プロバイオティクス


  • 「お腹の調子を整える」といえばプロバイオティクスが最もよく使われるものです。

    プロバイオティクスは単体ではなく、ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌など複数の善玉菌をまとめてプロバイオティクスと呼んでいます。

    体内の微生物バランスを保つために利用されます。

    人間用では最近はブルガリア菌やLG21、カルピス菌、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株などが有名です。

    ビフィズス菌

    人に多い善玉菌。

    お腹にいいと言われる善玉菌としてビフィズス菌はよく耳にするかと思います。ヤクルトやヨーグルトなんかに含まれていますね。

    ビフィズス菌はプロバイオティクスとして多くのキャットフードに含まれています。しかし最近では猫の善玉菌は腸球菌が多く、ビフィズス菌はそれほど多くないことがわかってきています。

    乳酸桿菌(ラクトバチルス属)

    犬に多い善玉菌。

    ラクトバチルス・ブルガリクス、ラクトバチルス・ガセリ、ラクトバチルス・アシドフィラスなどがありますが、なかでもラクトバチルス・カゼイ・シロタ株が有名でヤクルト菌、LCSとも呼ばれています。

    腸球菌(エンテロコッカス属)

    猫に多い善玉菌

    東大の研究により、ビフィズス菌や乳酸桿菌よりも猫の善玉菌には腸球菌が多いということが発表されました。

    エンテロコッカス・フェカリス、エンテロコッカス・フェシウムなどがあります。フェカリス菌FK-23、EF-2001を加熱殺菌したものが効果が高いと言われています。

    FK-23はニチニチ製薬が見つけた乳酸菌で犬用サプリなどで見られます。猫用ではドキーマンハヤシのキャットミルクやおやつのPEPPYのにゃろみで使用されていました。

    乳酸菌EF-2001

    正式名称はエンテロコッカスフェカリスEF2001で比較的キャットフードに使われる乳酸菌です。

    最も免疫力を高める乳酸菌として代表的な乳酸菌です。プロバイオティクスとして比較的多く使用されている乳酸菌です。

    乳酸菌EC-12

    エンテロコッカスフェリカスを独自の技術の培養、処理で加熱殺菌、高密度濃縮した乳酸菌です。生菌ではないため、耐熱性にも優れ、胃腸でも死ににくく、腸内に届きやすいという特性があります。

    K12(口腔内善玉菌)

    猫にとって口腔内の健康維持は非常に大切です。痛みがあると食欲に直結するからです。K12は口腔内用プロバイオティクスで口腔善玉菌と呼ばれています。

    直接的には整腸作用には関係がありませんが、口内の健康が保たれることは食べ物をしっかりと噛むことにも繋がります。

3.

プレバイオティクス


  • プレバイオティクスはお腹の調子を直接整えるものではなく、オリゴ糖や食物繊維など善玉菌の増殖を助けたり、悪玉菌の増殖を抑制するなどで有益な効果をもたらす難消化性の成分のことです。

    お腹の調子を整える補助的なものですが、プロバイオティクスの体内の活動において非常に重要な役割を果たします。

    食物繊維

    消化されず、消化管内の腸内通過時間を適度に保ち、消化管内の健康を助けます。

    不溶性繊維

    セルロースやリグニン、ヘミセルロースがあります。

    腸の蠕動運動を促し、便秘の改善など腸内通過時間の調整効果があります。

    可溶性繊維

    ペクチンやグアガム、フラクトオリゴ糖があります。

    腸内細菌の餌になったりと腸内環境の改善に効果があります。

    ビートパルプは不溶性、可溶性の両方を含む食物繊維です。

    参考記事:原材料として悪いと言われてしまうビートパルプ。でも実は高機能で優れた食材だった!?

    フラクトオリゴ糖

    果物などに含まれている食物繊維で腸内細菌の餌になります。これによって発酵し、結腸粘膜細胞の栄養となったり、糞便の匂いが減る効果があります。

    マンナンオリゴ糖

    ビール酵母などに含まれています。悪玉菌の定着を抑制し、排出します。免疫向上に効果があります。

4.

少し変わった腸内環境対策


  • モンモリロナイト

    粘土鉱物であるモンモリロナイトは毒素を吸着して排出するイオン交換の作用があります。また毒消しに利用したり、牛の餌に加えたところ、胃腸病が少なくなったという報告もあります。

    野生の動物はお腹の調子を整えるためにモンモリロナイトやベントナイトを摂取しており、私も猫のお腹の調子、お通じにはこのモンモリロナイトの効果があると感じています。

    参考記事:キャットフードに使われるモンモリロナイトとは?野生動物も食べる解毒作用や微量元素を供給する粘土

    オリーブオイル

    タスキャンナチュラルのようにオリーブオイルを使用しているキャットフードがあります。ドライフードなので効果はわかりませんが、人間ではそのまま食すことで便秘改善や整腸作用などがあると言われています。

    私は確かめていませんが、オリーブオイルが猫の便秘にいいとも言われているようですね。

まとめ


  • 猫には腸球菌(エンテロコッカス属)がいい
  • プロバイオティクスを生かすためにはプレバイオティクスが大切
  • お腹の調子を整えるモンモリロナイトなどの菌以外の原材料もある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介