猫の血便、軟便の理由と対処法!アレルギーが原因の可能性も

本日のテーマ

  • グレインフリーキャットフードを与えたら軟便、血便になってしまったという相談が届きました。マッサンと一緒にグレインフリーキャットフードが与える猫への影響について考えてみたいと思います。

1.

「グレインフリーキャットフードにしたら軟便、血便になった」という相談


  • マッサン今日もよろしくお願いします!相談者さんから次のような相談が届いています。

「ブリーダーさんから生後半年のメインクーンの子猫を譲ってもらい、グレインフリーキャットフードを与えて軟便、血便になってしまいました。

病院に勧められたロイヤルカナンの消化器サポートに変えたらよくなってきましたが、BHAが使われているのであげたくなく、他のグレインフリーをあげてみましたがやはりだめでした。

色々試した結果、現在は2種類のキトンをローテーションであげると、ロイヤルカナン消化器サポートと同じ位の症状に収まっています。なんとか軟便、血便がよくなる方法はありませんか」

  • 生後半年の子猫ですか。私も12歳のメインクーンと暮らしています。
  • ブリーダーさんはロイヤルカナンをあげていたということです。
  • ロイヤルカナンからグレインフリーキャットフードに変えたのですね。今回の場合は獣医師の専門となってきますので、私はあくまで想像からお話しすることしかできませんが、今回のケースを考えてみたいと思います。
2.

グレインフリーが原因ではない?軟便、血便にはまずアレルギーを疑おう


  • グレインフリーキャットフードは猫がほとんど消化ができない穀物が入っていないキャットフードなので、肉食としては消化も良いと考えられています。そして全年齢対象となっているものがほとんどです。
  • ということは子猫にあげても大丈夫なんですよね?
  • 基本的には大丈夫なのですが、時折軟便や血便になってしまうケースがあります。相談者のケースはそれほど珍しいケースではないように思います。この理由のひとつにアレルギーが関係していると思われます。

    軟便や血便の原因として多いのはIBD(炎症性腸疾患)です。腸が炎症を起こしている状態ですが、アレルギーで腸が炎症を起こす場合があります。

    キャットフードを変更して軟便、血便が治るというのであればキャットフードの成分を見なおすべきです。例えば原因がチキンだった場合は、いくらキャットフードを変更してもチキンが入っていれば下痢、血便の原因になりますし、サーモンなどの場合も同じです。

  • 他にできることはありますか?
  • マッサン
    低アレルゲンフードを試してみるのも手です。これで治ればIBDが原因と考えられます。ただし低アレルゲンフードは基本的に療法食として発売されているものなので獣医さんに進められた上で利用するフードです。どうしても自分でという場合は自己責任で試してください。
3.

食物繊維が少なく消化がうまくできていない


  • 他に関連しそうな原因はありますか?
  • グレインフリーは非常に食物繊維が少ないキャットフードが多いです。

    食物繊維は適量であれば便をまとめ、お腹を綺麗にする効果があります。ただし多すぎると便秘を招きます。また、善玉菌の住処として腸内の環境改善にも効果があると言われています。

  • 毛玉が詰まりやすい猫のためのヘアボール除去食は10%程度食物繊維が入っていますね!
  • 猫によっては排出が苦手な猫もいて、食物繊維の力を借りることでちょうどいい状態を保てる猫もいます。

    有名な栄養学者川島四郎さんの本(食べ物さん、ありがとう)によれば、人間は体温が低くなると内臓の動きが悪くなり、消化がうまくいかずに食べ物が腐ってしまって、体が早く排出しなければと考えて下痢になると書かれています。

    このように食べ物が体内に長く留まっても下痢になってしまうということなので、その場合には適度に食物繊維を摂取するといいかもしれません。

4.

米はアレルゲンになりにくい!低アレルゲンフードに使われる米


  • グレインフリーばかり注目される昨今ですが、実は猫がほとんど消化できない穀物の「米」はアレルゲンになりにくいという性質があります。そしてたんぱく質は加水分解するとアレルギーの原因になりにくくなります。この二つを利用して低アレルゲンフードが作られていることが多いですね。
  • 消化できないお米が合っている猫もいるということですか?
  • 肉アレルギーの猫にとっては肉以外のものから栄養を摂取しなくてはいけませんし、肉以外のアレルギーがある場合で特定できていない場合には、低アレルゲンフードでアレルギーを出さないようにしていかなくてはいけません。そのためには米はキャットフードの大切な材料のひとつです。
  • 米を含む穀物は猫にダメなものと思い込んでいました…
  • 私もグレインフリーをおすすめしてはいますし、そう考えている人は少なくないのかなと思っています。

    例えば、軟便や血便が出る猫が、グレインフリーから穀物の多いキャットフードにしたら症状が治まったという場合には、何かしらのアレルゲンが減ってアレルギー症状が減ったということも考えられますね。

    また、食物繊維が増えたことで腸内環境が改善され、便がスムーズにできるようになったということも考えられます。このため穀物も一概に悪いものではないというのが私の考えです。

5.

消化器官や内臓が弱いケースもある


  • 猫も人間と同じで体調や体の強さは猫それぞれです。消化器官や内臓が弱い子もいたり、発達が遅い子もいます。
  • しっかり消化ができないことで血便や軟便になることはありますか?
  • 膵臓、肝臓辺りの働きが弱いと軟便になり、血便が出ることが考えられます。これ以降は獣医師の領域になってしまいますが、ウェットフードなら大丈夫な場合はありませんか?そうした場合には膵臓が悪いことが考えられます。

    なにをしても治らない場合には消化器官や内臓に異物が混入してしまっているケースも考えられます。このように原因はいくつにも渡りますので必ず獣医師に見てもらいましょう。納得がいかなければセカンドオピニオンを探しましょう。

6.

総合栄養食のドライフードは併用しないで一種類にしてください


  • 総合栄養食のドライフードの併用をしている方が見られますが、基本的にはおすすめできません。
  • 一種類だと飽きてしまったりしませんか?
  • 猫は非常に警戒心の強い生き物ということもあり、安全だと認識した一種類の食べ物を食べ続けられる生き物です。総合栄養食のドライフードはいくつかの種類を併用することで栄養が偏る可能性があります。

    総合栄養食のドライフードは容量通り与えていれば、それだけで必要な栄養素を摂取できるように作られています。しかし原材料の配合や成分、給餌量が各メーカーで違っています。このため、併用することで栄養が偏る可能性が指摘されています。

  • 確かに違うキャットフードをあげていても量は毎回同じ分だけ与えてしまいそうですね!しかも栄養量が違うとなると…気を付けないといけませんね!
7.

キャットフードを短期間で変えることはなるべく避けてください


  • アレルギー症状などが出た場合には獣医と相談してキャットフードを変更する必要がありますが、そうでない場合には短期間でキャットフードを変えることは避けてください。
  • 毎回買う時に適当に選んでキャットフードを変えてはだめですか?
  • 猫によっては全く影響のない子もいます。その時その時に出されたものを食べて、死ぬまで元気で病気にもかかったことがない猫も少なくありません。

    しかし、例えばアレルギーの場合でも最低3か月から半年かけてフードを変えながらアレルゲンを特定していきます。血便や軟便になった時、よくわからないままあれこれ与えてしまうとアレルギーが発症したり、内臓にダメージを与えたり、状況が悪くなることも考えられます。

    そしてうんちやおしっこは大切な情報源です。同じものを与えていれば猫のトイレに変化があった時はすぐにわかります。しかしキャットフードを変えるとうんちの質も変わってしまうので、体調の変化に気付けないことがあります。

  • 猫の体調管理がしやすくなるんですね。

まとめ


  • まずは獣医師に相談が基本
  • 軟便、血便が続く時はアレルギーを疑おう
  • 軟便、血便になったキャットフードの成分を確認
  • 米はアレルギーが出にくい低アレルゲンフード
  • 低アレルゲンフードを利用しよう
  • 消化器官や内臓が悪いケースもあり
  • 総合栄養食のドライフードは併用しない
  • キャットフードは変えすぎない
  • お米が低アレルゲンフードとして使われていることは全く知りませんでした。グレインフリーがいいものと思い込みすぎて、いつの間にか穀物は猫にとって「悪」だと思い込んでいました!私も愛猫に合わせた食事をしっかり考え直す必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫