猫の死因第一位の腎臓病とキャットフードについて。リン制限が唯一の治療法。正しい制限食を知ろう

本日のテーマ

  • 猫の死因第一位の腎泌尿器疾患。治らない腎臓病は病気が進行していかないようにすることが大切です。今日は腎臓病の場合のキャットフードについて一緒に勉強していきましょう。

1.

猫の死因No.1の腎臓病は治らない


  • 猫の腎臓病は治らず進行する病気です。このため治療をすることで進行を遅らせることが治療の目的であり、リンを制限することが唯一の治療法と言われています。

    猫の死因の第一位が腎泌尿器で死因の20%にもなります。これは外傷・交通事故(13%)よりも多い割合です。

  • 5匹に1匹も腎泌尿器疾患が原因で亡くなってしまうんですか…
  • ただし猫になぜ腎臓病がこれほど多いのかの理由はわかっていません。
2.

腎臓病の制限食について


  • 塩分制限

    基本的には塩分を制限しても高血圧には効果がなかったという声が多いとされています。しかし積極的な塩分制限は必要ないものの、高塩分である必要はないので、避けるようにしましょう。

    オメガ3脂肪酸添加

    オメガ6:オメガ3の割合が5:1で更にビタミンEが添加されているときが最も腎機能の低下を抑制すると考えられています。

    カリウム添加

    腎臓病で筋肉量が落ちてくると、細胞内にあるカリウムが減ってしまいます。このためカリウム欠乏につながり、カリウムが欠乏すると腎臓病を悪化させます。

    たんぱく質制限

    ステージ2まではたんぱく質の制限はしなくていいという流れになっているようです。ステージ3以降になるとたんぱく質からの尿素窒素を腎臓で処理できず、尿毒症の恐れがでるのでたんぱく質の制限も必要になってきます。

    たんぱく質を制限してしまうと筋肉量が落ち、カリウム欠乏につながり、結果的に腎臓病を悪化させてしまいます。このため高たんぱくを少量でも摂取して欲しいところです。

    植物性たんぱく質のアンモニア化

    たんぱく質には動物性たんぱく質を植物性たんぱく質があります。これらに関しては動物性たんぱく質の方が消化吸収率が高く、効率よく利用することができると考えられていますが、この中で腎臓病の場合には考えておいてもいいことがあります。

    それは植物性たんぱく質の約20%は利用することができずにアンモニアに変換されてしまいます。特に肝臓病がある場合は注意する必要がありますが、腎臓病でも考慮しておいた方がいいかもしれません。

  • ステージが進むとたんぱく質を制限しなくてはいけないのに、食べなければ痩せてしまうから与えなければいけない、そんな矛盾が起こってしまうんですね…
  • 肥満

    腎臓病の猫の場合、肥満は寿命に関係がないとされています。むしろ痩せているとぐっと寿命が短くなる傾向にありますので、痩せさせる必要はありません。

  • 太っていてもいいんですね!
3.

猫の腎臓病療法食について


  • たんぱく質28~35%
    リン0.3~0.6%
    オメガ3脂肪酸0.4~2.5%(オメガ6比で5~7:1)
    カリウム0.7~1.2%
    ビタミンE≧500IU

    カリウムはもっと多くてもいいかもしれないと某大学教授の話でした。たんぱく質量は状態によって変えていくことが大切です。

    ステージが進んでいれば18%などたんぱく質が多くないものを利用します。

    普通食ではリンは1%前後が一般的です。

4.

腎臓病の食と食欲不振


  • 腎臓病は進行するほど強い食欲不振を起こします。低タンパク、低リン、低塩分の食事は嗜好性が低く、余計に食べないという悪循環を招き、体力も筋肉量も落ち、カリウム欠乏に繋がり、腎臓病に悪化に繋がります。

    かといって腎臓病のステージが上がった猫に高たんぱく質のものを与えると尿毒症の悪化の懸念があります。

    療法食にウェットなどをトッピングをしたり、フードを変えて嗜好性を刺激しながら、あきらめないで続けることが大切です。

    魚のキャットフードはリンが多い

    魚系のキャットフードはリンが多いので避けるようにしましょう。

5.

消化器疾患の併発


  • 高齢の場合、消化器疾患を併発する可能性が高くなります。消化器疾患では低脂肪、高たんぱくの食事が推奨されていますが、腎臓病ではたんぱく質は制限する方向にあるため、この場合は消化器疾患の治療を優先するとされています。

まとめ


  • 腎泌尿器疾患は猫の死因第一位(20%)
  • 腎臓病は治らないので進行しないように治療していく
  • リン制限食が唯一の治療法
  • たんぱく質や塩分の制限、オメガ3、カリウムなども合わせて考える
  • 太っていても痩せさせなくていい
  • 療法食は簡単に諦めない
  • 消化器疾患が併発した場合は消化器疾患を優先
  • 猫の死因第一位の腎臓病。猫にとってどれだけ恐ろしい病気かがわかりました。治すことができなくても、正しいキャットフード選びをすることで、少しでも長生きできるようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
   
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫