子猫のキャットフードの給与量と時期について。半年頃の去勢避妊手術時の給与量についても教えます

本日のテーマ

  • 小さな子猫がドライフードを食べられるようになった!そんな時はどの位与えていいのかがとても悩ましいものです。パッケージの給与量を参考に飼い主が調節してあげられるようになるといいですね!

1.

子猫のキャットフード量について


2.

パッケージに記載の給与量と子猫への給与量


  • 全年齢対応商品の場合は各メーカーで表示に違いがあります。

    子猫用に別枠で給与量を書いているメーカーもあれば、基準としての給与量を記載し、子猫や妊娠時など特別な状態ではそれに合わせて与える考え方もあります。

    給与量の記載方法を考えていた私がもらったアドバイス

    給与量の記載を考える時に私自身がもらったアドバイスのひとつとして、

    • そもそも猫の種類も、大きさも、育つスピード、生活環境も、その子の性格もわからないのだから、給与量は基準値とし、その猫にあった量を探すのがよい
    • 飼い主は値を決められると与えやすく、安心できるので、幅を持たせて余裕を持った値にするのがよい。値に幅を持っていればその中で調整する

    例えば4か月から6ヵ月の間に1kgも増えない猫もいれば2kgも増える猫など、成長スピードなどが違うので、一概に表示することは難しいということです。

  • これは難しいですね!すべての猫に合わせるのはとても無理な気がします。
3.

最も気になる期間は3、4か月から6、7か月位


  • そしてあくまで私の考えでは、子猫に食事(ドライフード)を与える期間として最も気にかかる期間は3、4か月から6、7か月位かと思います。この間は3、4か月でやっとドライフードを食べ始めたと思ったら急激に成長していくので観察しにくいかもしれません。

    半年を過ぎれば「昨日は食べたのに今日は食べない」といった食べムラも大分減ってきて、8か月も過ぎるとほとんど大人と同じで成長具合もどんどん観察しやすくなります。

  • 猫は半年位から妊娠することができますもんね。
  • 人間でも身体が未熟でも妊娠することはできますが、猫の場合はその時点でもしっかりと生んで育てる能力まで備わっています。

    成猫で2kgから7kg以上にもなる猫の子猫時代

    また大げさな例ではシンガプーラなどは成猫でも2kg位しかないの子も多いので、一般的な猫と比べてしまうとほとんど成長していないかと思うほどです。こうした猫を特異と扱うかどうかでも表記は変わってしまうかもしれませんね。

    反対にメインクーンなどは6kg、7kg。世界的にはとんでもない大きさの子もいます。

    ロニーキャットフードでは世界的な基準を参考に記載

    • その猫その猫の成長具合や生活環境は飼い主にしかわからない
    • 猫の種類や成長速度、ましてや年齢で決めるとなると個体差が大きく非常に難しくなるので体重で考えると考えやすい

    こうしたアドバイスからなるべくシンプルに記載しようとロニーキャットフードでは体重別で基準値を記載することにしました。また、その工場ではこうした理由から体重別の表示がスタンダードということでした。

    もちろん値は栄養士に計算してもらった値を記載しています。

    ペットフード・ガイドラインでも必要カロリーは体重で変わると記載

    環境省が提示している飼い主のためのペットフード・ガイドラインでも、必要カロリーは体重によって変化すると書かれており、世界的にだけでなく、日本でも体重を基準として考えることとしています。

    どの記載方法が正解ということではありません

    各社各メーカーで考えた記載方法であり、どの方法が正しいかということではありません。

4.

私の考える子猫への与え方


  • 猫は自分で必要なたんぱく質量を調整することができると言われていますので、給与量はあくまで参考にし、多めに与えてあげて、飼い主がボディコンディションスコアを参考に、太り始めていないかを確認していくのが理想的だと私は考えています。

    残す時は残しますので、愛猫が少ないと感じているようであれば増やしてあげてもいいと思います。

    特に大きくなる猫種、活発な性格、室外にも出る猫であればなおさらで、猫自身に食べる量を選択してもらうといいと思います。

    ※病気の疑いがある時などはもちろんこの限りではありません。あくまで健康な猫の場合です。

    子猫の時は胃の容量が小さい

    子猫の時期はエネルギー要求量も高いのですが、胃が小さくそれほど食べることができません。消化吸収率が高く、エネルギー密度が高いもの(4.0~5.0kcal/g)がいいとされています。

    この値から考えると100g当たり400kcal以上のもので調整すると与えやすいかもしれませんね。効率よくエネルギーを吸収できるフードが良さそうです。

    それでも心配であればDERを参考にしてください

    自身と愛猫で決めるのが心配であれば、ライフステージと活動に左右される1日当たりエネルギー要求量(DER)を参考に与えると良いかと思います。

    給与量が多くても、飼い主がボディコンディションスコアを確認していれば、突然太ることはありませんし、療法食でなければある栄養量が飛びぬけているというフードもありませんのでそれが原因で病気になるということは非常に考えにくいことです。

    獣医さんとも話しやすくなり、ひとつの目安としてもいいかと思います。

5.

半年頃の去勢避妊手術時の給与量


  • 「去勢避妊手術をすると太りやすくなる」と言われていることから、半年頃の手術後はどうしたらいいかという相談も多く頂きます。

    私も昔愛猫が手術した時に話を聞きましたが、これに関しては、基本的に成猫以降の話と考えていいようです。

    子猫の時は成長エネルギーも必要で、手術をすれば回復するためのエネルギーも必要になります。急に減らしたりせず、獣医師の判断を仰いだり、様子を見てあげてください

    大体の子は手術後でも元気にキャットフードを食べてくれると思いますが、食べない場合の方がむしろ心配ではないかと思います。

まとめ


  • 猫は自分で必要なたんぱく質量を調整することができる
  • 給与量はあくまで参考に多めに与えてあげる
  • 飼い主がボディコンディションスコアを参考に、太り始めていないかを確認していくのが理想的ではないか
  • 生後半年の避妊去勢手術後はフードをすぐに減らさない

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫