猫にとって穀物はそんなに悪いものですか?負担が大きいものですか?

本日のテーマ

  • 最近穀物に関する質問がとても多くきています。中でも「猫にとって穀物は必要ないというイメージが先行していますが、そんなに悪いものなのでしょうか?」といった内容。日本ではまだまだ穀物入りのキャットフードを与えている人がほとんどだからこそ多い質問なのかもしれませんね。

1.

猫にとって穀物はそんなに悪いもの?


  • 猫にとって穀物ってそんなに悪いものなんですか?
  • 答えからいえば猫にとって穀物は必ずしも悪いものではありません
  • 悪い理由は猫が穀物をほとんど消化できない、炭水化物が多いという点ですよね。ではいい点はどこですか?
  • いい点は以前にお話しした「原材料として悪いと言われてしまうビートパルプ。でも実は高機能で優れた食材だった!」と似たようなもので、主に食物繊維としての効果があります。

    腸内微生物の栄養源や住処にもなることで腸内環境維持、改善も考えられています。

    また、お米が低アレルゲンであることを利用した低アレルゲンフードとしての利用方法もあります。この場合はむしろ米がなければ困ってしまう位ですね。

    またキャットフードを作る時の製造方法次第で穀物のデンプンなどが必要ということもあります。

2.

都合よく穀物がちょうどいい量で配合されているキャットフードはない


  • それなら穀物がちょうどいい量で配合されていれば、キャットフードに入っていてもいいということですよね?
  • それが非常に難しい問題です。正直なところ、「都合よく穀物がちょうどいい量で配合されているキャットフードはない」というのが私の考えです。

    生産者からすると穀物を配合する理由のひとつに「製造コストを下げること」があります。

    例えば穀物の量を減らして肉の量を増やすとします。これで出来上がったキャットフードには穀物が一定量入っているので、原材料にも穀物と書かれることになります。

    このため結局穀物入りなのに肉を増やした分だけコストがあがってしまうという現象がおきます。これではマーケットを考えると、コストに合わせて定価を上げることができない非常に中途半端なフードになってしまいます。

    それなら最初から穀物は使用しないでグレインフリーにした方が製品としての付加価値があがるので、コスト上昇分だけ定価があがっても納得の製品として売り出すことができますね。

    このように穀物をバランスよく少量入れるということには製造する上で非常にメリットの少ない配合です。

  • 製造コストは高くなるのに定価も上げられない、そんな製品になってしまうのですね…
3.

穀物をちょうどよく配合するならハーブやビートパルプなどで調整


  • 穀物は猫にとって必ずしも「害」だということではありません。色々と考えられて使われている原材料です。ただ穀物の少ない配合は、生産者にとってメリットが非常に少ないものであるということですね。

    それなら穀物をなくして、ビートパルプやハーブ、さつまいもやじゃがいもの糖分や繊維質などで対応したいと考えます。

  • マッサンもオリジナルのキャットフードを作る場合はグレインフリーで作るって言っていましたね!
  • 現在オリジナルのキャットフードが作れるように工場担当者と打ち合わせを重ねていますが、グレインフリーでハーブやフルーツも配合したものを生産できればと考えています。

    もしマッサンがキャットフードを作るならどんなキャットフードを作りますか?

まとめ


  • 穀物は猫にとって必ずしも悪いものではない
  • 穀物が適量含まれたキャットフードは猫にも生産者にもメリットが少ない

  • 穀物が必ずしも猫にとって悪いわけではないことがわかりました。だからといってちょうどいい配合にすることもコストがかかってしまうのですね。穀物は多く含まれているか、含まれていないかの二択になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫