肉副産物とは?人用の肉、毛、角、歯、蹄と肉を除いた内臓を含むほとんどの部分

本日のテーマ

  • 肉副産物は肉なのか、肉ではないのか。そんな基本的な疑問から、どうやって肉副産物が使われていくかについても勉強してみましょう。

1.

肉副産物とは


  • Meat by-products is the non-rendered, clean parts, other than meat, derived from slaughtered mammals. It includes, but is not limited to, lungs, spleen, kidneys, brain, livers, blood, bone, partially de-fatted low temperature fatty tissue, and stomachs and intestines freed of their contents. It does not include hair, horns, teeth and hoofs. It shall be suitable for use in animal feed. If it bears a name descriptive of its kind, it must correspond thereto.

    To put it another way, it is most of the parts of the animal other than the muscle tissue, including the internal organs and bones. It includes some of the parts people eat (such as livers, kidneys and tripe), but also parts that are not typically consumed by humans in the US. Some by-products, like udders and lungs are not deemed “edible” by USDA for human consumption, but they can be perfectly safe and nutritious for animals not inclined to be swayed by the unappealing nature of these parts of animals. As with “meat,” unless the by-products are derived from cattle, pigs, sheep or goats, the species must be identified.

    出典:AAFCO

    「肉副産物とは屠殺された哺乳動物の肉以外の部分のレンダリングされていない清潔な部位のことです。肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、部分的に脱脂された低温脂肪組織、および内容物を含まない胃および腸が含まれますが、この範囲に限定はされません。毛、角、歯、蹄は含まれていません。動物用飼料として適したものでなければいけません。種類を表す名前がある場合にはそれに対応してください。

    別の言い方をすると、筋組織以外の、内臓や骨も含んだ動物の大部分です。人が食べる部分も含まれます(肝臓、腎臓、胃)が、アメリカでは人間が消費しない部分も含まれます。乳房や肺のような一部の副産物は人間用の食用には見なされませんが、こうした魅力的ではない部位も動物にとっては安全で栄養価が高いものです。”肉(meat)”の定義と同様で牛、豚、羊、ヤギではない場合は種類を特定しなくてはいけません。」

    肉副産物は肉の副産物なので屠殺場で分けられた食肉にあたる部分は含まれていません。食用にする肉を取って残ったもの。肉副産物とは毛、角、歯、蹄と肉を除いた内臓を含むほとんどの部分です。

  • 肉を取って残った部分、骨や内臓も栄養は豊富ですよね。
2.

肉副産物の行方


  • 屠殺され枝肉、部分肉を分けた肉副産物はその後どうなるでしょうか。

    一般的にはまず皮が切り取られます。この原皮を原皮卸売業者などに卸します。

    肉副産物は皮を取り除かれると肉副生物という呼び方に変わります。この肉副生物から可食部位で食用となるモツなどは畜産副生物卸売業者へと卸します。

    残った非可食部位を飼料や肥料とする製造業者へ卸します。ここでは食肉卸業者で出た骨や脂、原皮業者から出た脂なども仕入れています。

    つまり肉副産物は最終的に非可食部位となり、これがペットフードに使われています。

    上記は一般的な流れですが、必ずしも肉副産物イコール非可食部位というわけではありません

3.

非可食部位とは


  • 非可食という言葉が食べられないものと考えられがちですが、どちらかといえば通常食用として供されないものと考えるといいのではないかと思います。肺や膵臓、骨など食べられないわけではありませんが好んで食べないものです。でもお店で出ることもある部位です。

    フグの非可食部位となれば「食べられない部位」になるので必ずしも食べられるものばかりではありません。

    非可食部位をペットフードに使う理由

    人間が好んで食べないだけで、栄養豊富な部分をペットフードとして有効利用することで、食料を無駄なく使っています。

    これによって限りある食材で人と動物が競合しないようにもしています。

    また、日本では牛由来の肉骨粉はペットフードに使用してはならないなど、危険要素のある原材料には規制が行われています。

4.

肉副産物とミートミール、肉骨粉


  • 肉副産物について誤解の多い記事も多く見られますが、あくまで定義上では問題のない原材料です。

    危険性について話す時、肉副産物、ミートミール、家禽ミール、肉骨粉などがまぜこぜになってしまっている場合が多数見られます

    まず肉副産物は脂肪を溶かして精製して油脂にするレンダリングが行われていない状態のものです。

    理屈としてはこの肉副産物から血液、皮、糞、胃及び第一胃の内容物を除いたものをレンダリングすると肉骨粉になります。骨も除けばミートミールになります。

    除く部位はあくまでAAFCOの定義なので、それらが含まれているものもあります。

    このようにこれはこのようなものと明確に定められているわけではないのが、ごちゃまぜになってしまう要因のひとつだと思います。

    原材料の品質と安全性でしか危険性を図れない

    問題は肉副産物、ミートミール、家禽ミール、肉骨粉かということではなく、原材料の品質と安全性でしか危険性を図ることができません

    一緒に読みたい記事:

    肉骨粉とは?狂牛病の原因と言われ、牛由来の肉骨粉には注意

    家禽ミールとは?清潔な肉と皮、骨を使用した鳥類の乾燥肉だった

    ミートミールとは?種類が限定されていない様々な哺乳動物の乾燥肉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーガニック オーガニック認証 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ナチュラル ナトリウム ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット事情 ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー モンモリロナイト ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保存方法 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 嗜好性 国内のペット事情 国産 塩分 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射線物質 放射能 整腸 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 有機 有機栽培 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器官 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 粘土食 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 計算式 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食べない 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 飼育状況 高齢猫