キャットフードを飲み込む理由は?猫の歯からわかる食事の仕方や、消化能力の高い消化管

本日のテーマ

  • 猫がキャットフードを丸飲みしてしまうことについて、猫の習性や体のつくりから考えてみました。猫は食べ物が飲める大きさになるまでちぎったら飲み込んでしまう生き物です。

1.

猫の歯について


  • 猫がキャットフードを飲み込むという相談がありました。これは猫の習性や体のつくりも関係しています。
  • 体のつくりですか?
  • 具体的には口内の環境が影響しています。

    猫の歯のほとんど全てが肉を食べるためのものです。皮を剥いだり、毛をむしったり、肉を引きちぎったりするためのものです。

  • 猫は切歯や犬歯など尖った歯のイメージですね。
  • 猫にも奥に臼歯があり、飲み込める大きさに裂いたら飲み込みます。

    歯の数

    猫は乳歯は26本、永久歯が30本です。私は二浪三浪(2630)と覚えました(笑)

    生後6ヶ月で抜け替わりますので、飼い主が気付かない間に生え替わっていることもあるかもしれません。

    特徴的な犬歯は食べ物を加えたり、獲物となる動物の脊椎を脱臼させたりするために使われます。

2.

猫がキャットフードを飲み込む理由


  • 上記のように猫は肉を飲み込める大きさにまでちぎったら飲み込みます
  • キャットフードは最初から小さいですね!
  • キャットフードも飲み込める大きさになれば飲み込むのが普通です。このため、サイズによってはそのまま飲み込むものもあると思います。

    もちろん小さくても噛むことはありますし、必ずしも一粒ずつ食べるわけではありませんので、口に含んだ量で噛むこともあります。

  • そのあたりは人間と変わらないんですね。
3.

猫の消化管は体長の4倍。高い消化機能を持つ


  • 猫の消化管は体長の3~4倍しかありません。これは肉に特化しているということと、高い消化能力を表しています

    人の消化管は体長の10倍、犬は6倍、牛は22~29倍とも言われています。

    草食に近づくほど消化管は長くなっていき、猫は肉食であることを表した、最も短い動物の一種です。

  • つまり、飲み込める大きさになればしっかり消化吸収ができる機能が備わっているということですね!
  • 消化管が短くても効率よく消化吸収できるように腸管の構造も発達しています。例えば発達した小腸を持つ猫は粘膜の大きな襞を持っていたり、絨毛を微細な微絨毛で覆うことで表面積を600倍に増やしていたりします。

    あくまで肉食の構造を持つ

    このように飲み込める大きさになった時点で飲み込んでも、しっかりと消化吸収できる機能が備わっていますが、注意すべき点があります。

    それはあくまで肉食の構造を持っているため、穀物や植物は多くは消化できない点にあります。こうした理由からもグレインフリーなど肉の種類が豊富なキャットフードがいいと考えられている理由のひとつです。

    猫の消化管にあったキャットフードは肉類が豊富なもの

    こうした消化管にあったものを考えると、自然と肉類が豊富なものであり、あまり噛まないことを考えると消化吸収率が高いものが望ましいことがわかります。

    また、植物が全くないことは猫にも望ましいことではありませんが、逆に多すぎるものは負担を掛けてしまうことも考えられる事です。

まとめ


  • 猫は飲み込める大きさになるまで噛み切る
  • 飲み込める大きさになったら飲み込む
  • 人や草食動物のようにすり潰したり、余計に小さくはしない
  • キャットフードはほとんどが元から飲み込める大きさである
  • 飲み込める大きさになった肉類を効率よく消化吸収できる消化管を持つ
  • 猫は飲み込める大きさになったら飲み込む。つまりキャットフードは多くが飲み込まれるということがわかりました。逆に言えばキャットフードの消化吸収率が高いことが大切だといえます。猫の消化管の作りにあった肉類の豊富なキャットフードが猫に合っているというのはこうした理由もあるのですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン&商品掲載情報

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介