オメガ6とオメガ3脂肪酸の本当の摂取バランスはわかっていない!被毛、炎症などに効果あり

本日のテーマ

  • キャットフードのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスについては色々なところで議論されていますが、本当のバランスはいくつか聞いてみました。

1.

人のオメガ6とオメガ3の推奨バランスは4:1


  • ペットフードでオメガ6:オメガ3のバランスについて議論の的になることがよくあります。というのも、オメガ6は強い炎症を起こす物質で、オメガ3は弱い炎症もしくは炎症を抑える物質として考えられているためです。

    それであればオメガ6は必要ないのではないかと考えられがちなのですが、オメガ6とオメガ3は相互に関連し合っているので片方だけ取ればいいということではなく、どちらも必須脂肪酸として食べ物などで摂取する必要があります

    そのバランスは人の場合で4:1程度が推奨されているようです。

    人は普段の食生活でオメガ6を取り過ぎる

    オメガ6脂肪酸はごま油や大豆油に多く含まれ、一般的な食生活では多く摂取しがちです。

    反対にオメガ3脂肪酸はエゴマ油や亜麻仁油、青魚に含まれていて、意識しないと普段の食生活では不足しがちになります。

    このため意識して魚などオメガ3脂肪酸が豊富な食べ物を摂取することでバランスが取りやすくなる傾向にあります。

    オメガ3脂肪酸も取りすぎはだめ

    オメガ3脂肪酸にの取り過ぎは前立腺がんの可能性を高める、死亡率が上がる、出血しやすく止まりにくくなるといった研究結果も出ています。

    なんでも取り過ぎはいけませんね。

    オメガ6脂肪酸は皮膚のバリアにも使われている

    オメガ6脂肪酸が炎症を起こす物質であることとは裏腹に、表皮の角質に含まれる脂質を構成するものとしてリノール酸(オメガ6脂肪酸)があります。このように角質バリアの維持にも役立っています。

    オメガ6脂肪酸は抗炎症作用にも影響

    オメガ6脂肪酸のリノール酸はγリノレン酸に変換され、その次にジモホγリノレン酸が合成されます。このジモホγリノレン酸が抗炎症作用の働きに必要なプロスタグランジンE1に変換されます。つまりオメガ6脂肪酸は炎症を起こす物質というだけでなく、抗炎症作用にも関連しています。

2.

動物の場合の必須脂肪酸のバランスは?


  • 私が聞いた大学教授の講義によると、犬や猫の場合のオメガ脂肪酸の摂取バランスは研究結果、証拠に乏しく、はっきりとしたことはいえないということでした。

    しかしペットフード会社が独自の研究によるデータを持っていることはあるとしています。

    ユーカヌバが5~10:1と発表

    ユーカヌバは「オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸を5~10:1の割合にすることが、犬の皮膚・毛艶に貢献することを発見した」としています。ユーカヌバの公式サイトでももちろん公表されています。

    アトピー疾患改善においてはこの限りではない

    オメガ3脂肪酸は炎症を抑える物質なので、アトピーなどを直すためにはオメガ3脂肪酸を多く摂取することで改善に向かう可能性が指摘されています。

3.

動物のオメガ6とオメガ3のバランスは確定していないが5:1が有力


  • 現在では学術的な結果としてはオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の推奨摂取バランスは不確定であり、一概には言えないということです。

    ただし人間とペットの違うところは、人間は好きなものを好きな時に食べることでバランスは容易に崩れてしまいますが、ペットの場合は人がしっかり管理していれば、栄養バランスが崩れることがほとんどありません。

    突然オメガ6脂肪酸が多くなることも、オメガ3脂肪酸が少なくなることもありません。

  • ネットでは5~10:1が有力みたいですが、それはユーカヌバの発見からだったんですね。獣医学が進んで、少しでも猫の健康につながる発見があれば嬉しいですね。
  • 最近ではオメガ3がアトピーなどに効果的であり、5:1位がいいのではという考えも有力のようです。またビタミンEを合わせることで腎機能の低下を抑制するとの研究結果も出ています。ただしオメガ3をこれ以上増やしても意味があるかはわかっていません。増やしているものもあれば、増やさない方がいいという考え方もあります。

    ロニーキャットフードでは5.83:1に設定しています。

まとめ


  • オメガ6は強い炎症を起こす物質
  • オメガ3は強い炎症炎症を抑える物質
  • オメガ6は抗炎症作用にも関連
  • オメガ6:オメガ3の推奨バランスは不確定
  • ユーカヌバが5~10:1を推奨
  • 最近では5:1が有力

  • 現在ではオメガ6:オメガ3の推奨バランスは不確定ということでした。獣医学やペットフード会社の研究が進むことを期待して待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介