キャットフードランキング、比較サイトには注意。おすすめの仕方に難のあるサイトもあります。

本日のテーマ

  • キャットフードを調べていると必ず出てくるキャットフード比較サイト。どこまで信用できるのか考えてみたことはありませんか?この真偽をマッサンに聞いてみました!

1.

キャットフードの比較、ランキングサイトの真偽について


  • キャットフードを探していると必ずランキングサイトや比較しているサイトが出てきます。しかも大体同じサイトなんですが信用しても大丈夫ですか?
  • まずキャットフードの比較、ランキングサイトの真偽ですが、半分合っていて、半分間違っているといった印象です。

    記事などで説明している内容と比べて、ランキングでおすすめしているキャットフードが矛盾していることもしばしばありますよ。

  • なんでそんなことが起きるんでしょう?
2.

報酬型販売手法のアフィリエイト


  • ランキングサイトを製作している方々は運営費を稼ぐ必要があります。ユーザーに有益な情報を提供しつつも利益を考える必要がありますね。ボランティアではないんですね。
  • その運営費はどうやって稼ぐのですか?
  • 自分のサイトでキャットフードが売れれば報酬を頂く仕組みです。例えば調べるとすぐわかることですが、ランキングサイトで上位のキャットフードはひとつ販売するごとに報酬が頂けます。多くのランキングサイトで上位にランクインしているキャットフードを見かけることもあるのではないでしょうか。

    こうした報酬型の販売方式をアフィリエイトというのですが、アメリカなどではオフィシャルサイトでアフィリエイトしてくれる方を募集しているメーカーもあり、メジャーな販売方法となっています。

  • そういうことだったんですね!報酬が高かったら多少悪くてもランキングに入れますよね?
  • おすすめの正誤はサイト次第

    いくら報酬が出るからといっても、悪いものをトップランクにしてはサイトの信用性が落ちて、検索で上位に表示はされません。

    実際にランクインしているキャットフードが報酬が高いだけの悪いものというわけでもありません。平均的に上位に入っているキャットフードはとても考えられた、コストもかかっている良いフードだと思います。

    ただ、そのキャットフードをランクインしていいんですか?というキャットフードも入っていることは否めません。

    例えばA判定、B判定やこの項目は何点という判定をしているサイトも見られますが、総合栄養食とそれ以外が混ざっている例も見られ、そもそも与え方が違うものを比べるのは難しいですね。また、公開されていない情報を考慮せずに判定している点も非常に気になります

  • ではランキングサイトによって順位が少し違うのはどうしてですか?
  • 管理人の考えで順位を付けているサイトもあれば、単に報酬額順になっているサイトもあると思いますよ。
  • なんだか信じられなくなってきました…
  • 店舗でコーナーを作っておすすめしてもらうのと同じ、一般的な販売方法のひとつ

    非常に難しい問題なのですが、キャットフードに限らずブランディングというのは大変重要です。各社同じような品質のものを販売していても、ブランディングの成功によって高い値段で売れたり、大ヒットを出せたりするわけですね。

    特にキャットフードを食べるのは猫ですから感想をネットに書き込めるわけでもありません。判断するのは常に人間です。つまりブランディングにも大きく左右されますし、どの世界でも同じですが「必ずしもいいものだから売れる」ということではないのは事実ですね。

    こうした観点からもアフィリエイトという販売方法は珍しくもなく、特別肯定派というわけでもありませんが、こうした手法自体は利用するメーカーがあってもいいと考えています。

    例えば携帯電話や車も契約台数に応じてメーカーが小売店に報酬を支払ったりします。知ってるか知らないかだけで、販売の世界では一般的なことでもあります。お金を出せば店舗でコーナーを作っておすすめしてもらえるのと同じではないでしょうか。

3.

比較・ランキングサイトで発表している人は一般のパソコンが得意な方も多い


  • 例えばビートパルプ。どのサイトでもビートパルプは悪者のように言われていますが、必ずしも悪い面ばかりではありません。
  • ビートパルプの話は驚きました。悪いものとしか考えていませんでした。
  • これはランキングサイトや比較サイトで執筆している方の多くは専門家ではなく、一般のパソコンが得意な方が判断しているから起こってしまうことのひとつです。
  • パソコンが得意な方…!!
  • おそらく栄養学の本を読んだり、獣医さんの話を聞きに行ったりしている方は少ないでしょう。ネットの情報の整理を行って掲載している方が多いと思います。

    これの何が悪いかというと、間違った情報や偏った情報でも、さも正解のように複製、拡散されてしまうことで、読み手のユーザーも信じてしまうことです。

  • ということは間違っている情報もあるんですか?
  • 私が全てあっているとは思いませんので、なんとも言いがたいですが、検索で上位に出てくるサイトでも、残念ながら間違っているのでは?と感じる記事を見かけることはありますね。
  • 判断の仕方はありますか?
  • できる限り本から情報を仕入れるといいと思いますよ。書籍を発行するとなれば、ネットの情報をそのまま掲載するわけにもいかないでしょう。それと獣医師による話や専門家の話を聞いたりと足を運ぶことが大切ですね。

    私自身も獣医師ではありませんから、直接獣医師や専門家の話を聞いたり、栄養学の本を読んだり、動物関連の資格の勉強をしたり、販売してきた経験を生かしています。

4.

アフィリエイトとキャットフードの品質について


  • 「突然どうしました?何かありましたか?」と思っていたのですが、ここのところアフィリエイトへの批判として、品質の悪いものがおすすめされているという声が私のところへ届くようになっていますので、私のわかる範囲で解説したいと思います。

    私の経験から考えると、アフィリエイトをやっているキャットフードが、アフィリエイトをやっていない他のキャットフードに比べて低品質というのはどうしても考えづらいのですね。

    基本的な作り方はどこでも同じなのですから。

  • 作り方は同じなんですか!?
  • もちろん厳密には違いますよ。例えば生肉を入れられる配分は工場によって違ったり、配合できる原材料も違います。管理の仕方なども違いますしね。細部に違いはありますが、ペットフードを作る機械が各社で全く違うということはありません。

    例えばひとつの「車」を作るのに各社だいたい同じような機械で作っているとしても、趣向を凝らして特殊な形にしてみたり、塗装をしたりとそうした違いを作るのに似ています。

    オーブンで作っていたり、全て手作業で作っているメーカーもありますので、そうなればまた変わりますけどね。

  • 基本的な作り方は同じで、その中で違いを作っているんですね。
  • 日本に輸入されると評価が悪くなるものもある

    どのキャットフードと名指しはできませんが、私自身が製造工場やペットショップで聞き込みまでして確認してきた結果、本国では非常に評価が高いのに、日本に輸入すると評価が悪くなるものがあります。

    これらは輸送、保管状況が著しく悪いということも考えられますが、これもわざわざそういうところを選ばない限りは劣悪な環境になることの方が難しいかなと思いますので、もし統計的に悪い声が多いのであれば、日本の生活環境にある猫に合っていないとかそうしたことも考えられます

    火の無い所に煙は立たぬともいいますから、本当のところは私にもわかりませんし、もしかしたら管理体制などに何か原因があるのかもしれませんが…

    アフィリエイトとフードの品質に関連性はない

    擁護するわけではありませんが、ペットフードに限らず、スーパーやデパートなどで販売されているものは、店員さんは試していないものも多いのではないでしょうか。

    アフィリエイトや店頭展開、販売報酬、CMなどはあくまで販売手法のひとつとして捉えるといいかと思います。

    愛猫の体調が悪くなったことで怒りの余りアフィリエイトとフードの品質が一緒になってしまう意見が大変多く聞こえてくるのですが、アフィリエイトはアフィリエイト、品質は品質として考え、キャットフードの学校では少しでも飼い主が判断していけるようになればと、情報の共有をしていきたいと考えています。

    私からお話できる部分といえばこの辺りになりますでしょうか。

5.

マッサンのキャットフードランキング?オリジナルキャットフードが完成しました!


  • マッサンがキャットフードのおすすめランキングを作る予定はありませんか?

  • おすすめのキャットフードはお伝えしていますが、正直なところ猫によっておすすめのキャットフードが変わるので、ランキングにするのは非常にリスキーではないかと考えています私が1位にしたら1位のキャットフードを信じて買われる方もいるかもしれません。ですがその猫に合うかはわかりません。穀物入りが合っている猫にグレインフリーをおすすめしてもしょうがないのですね。
  • では状況別とか猫種別とか…
  • 薬事法でこのキャットフードはこうした症状に効きますといった具体的なことは表記してはいけないことになっていますので難しい点ではありますね。

    それに私は現在キャットフードの製造に取り掛かっていますので、おすすめするとしたらそのキャットフードをおすすめしたいところです(笑)

    ※オリジナルキャットフード「ロニーキャットフード」が完成しました!

  • マッサンのオリジナルキャットフードですか?
  • 第一弾ではありますが、コストとの兼ね合いでできる限りいいものを作れるようにと進めていますよ。
  • それを期待して待っています!

まとめ


  • ランキング上位は報酬が高いキャットフードが多い
  • 報酬型販売方法をアフィリエイトという。だからといって悪いキャットフードというわけではない
  • 自分で判断する知識が必要
  • 比較、ランキングサイトは間違った情報も多いので注意
  • 執筆者は一般のパソコンが得意な方が多い
  • マッサンがオリジナルキャットフードを製造中

  • キャットフードの比較、ランキングサイトの実情を知ってガッカリした自分もいますが、自分で判断できる力がつけば、うまく活用できそうだと思いました。そしてなによりもマッサンのオリジナルキャットフードに大期待です!早く販売して欲しいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
   
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫