配合量を少なく見せる?ビートパルプとセルロースの併記に注意してみよう

本日のテーマ

  • ビートパルプとセルロースの効果は似ていますので、それぞれを別々に配合する大きな意味がありません。その上で別々に配合している意味を教えてもらいました。

1.

ビートパルプとセルロース


  • 今回は原材料表示欄の似たような原材料に注意しようというお話をしようと思います。
  • 似たような原材料とはどういったものですか?
  • 例えばビートパルプとセルロースを例に話してみましょう。

    セルロースは体内で分解されない完全な食物繊維として使われます。消化されないので腸内を綺麗にし、便秘改善の役割があります。また水を含むと膨らむことから満足感をアップさせる効果もあります。

    ビートパルプも基本的には同じです。可消化エネルギーを含み、微生物を利用して多少吸収することもできるものです。そうした理由からもセルロースより負担は少なく、高機能な原材料と考えられています。

  • このように似たような原材料が表示されている場合にはその意図を読み解いていきましょう。
2.

ビートパルプとセルロースが併記されていた場合の意味


  • もし原材料にビートパルプとセルロースの両方が書かれていた場合どう感じますか?
  • 両方入っているんだなということと、なぜひとつにまとめなかったのかが気になります。
  • その通りです。「なぜひとつにまとめなかったか」が大きなポイントです。まとめないのには大きな理由があります。

    例えば鶏肉、じゃがいも、さつまいも、動物性油脂、乾燥全卵、セルロース、ビートパルプ、ニンジン、といった表記の原材料があったとしましょう

  • 今まで勉強してきた内容から考えると、第一原料が鶏肉で、穀物は入っていないのでグレインフリー。動物性油脂がどういった動物性油脂なのかと、セルロースとビートパルプの含有量が気になるといった感じですね。
  • その通りです。しかし最初の疑問の通り、例えばビートパルプをセルロースに置き換えたとしましょう。すると「セルロースの表示位置はどこになりますか?」
  • え!そうなるともっと上に表記される可能性が出てきますね!!
  • その通りです。もしかしたらそのままかもしれませんし、乾燥全卵の上かもしれません。動物性油脂の上かもしれませんね。
  • もしかしてセルロースやビートパルプを上に表示させないために分けて配合しているんでしょうか…
  • そうした理由も考えられるということです。もちろん何かしらの理由を持って入れているメーカーもあると思います。

    どちらにしても今回の場合は少なくとも何個かは上にあがることが予想できますね。

3.

ビートパルプやセルロース、穀物を配合しなければ多くの食物繊維は稼げない


  • 原材料のバランスをコントロールするために必要な配分について勉強してみましょう。最近は肉原料を多く配合する流れになっています。例えば第一原料が乾燥肉30%のキャットフードがあるとしましょう。
  • よく見かける数値ですね。
  • 肉原料を第一原料にするためには、他原料が30%を超えてはいけません。では食物繊維はどんな食品に多いでしょうか
  • サツマイモは食物繊維が多いとよく聞きます!
  • 芋類も豊富ですね。実際にレシピを作ってみるとわかるのですが、ビートパルプやセルロース、ビートファイバーを入れない場合は、まずはひよこ豆やエンドウ豆などの豆類で補うことになります。
  • 豆類を使わない場合は?
  • 豆類を含まないとなれば次点でサツマイモやジャガイモなどの芋類です。しかし芋類は豆類に比べてずっと食物繊維は少ないので、多く配合しなくてはいけません。

    他には食物繊維を一番豊富に含んでいるキクラゲや干しシイタケ、海藻類で補います。ただこれらは栄養素の面からも豆類や芋類と比べると補助的な原材料となり、多く配合ができません

  • ビートパルプの代替は豆類、芋類、きくらげやシイタケ、海藻類になるんですね。
  • しかしこれらのどの材料を使っても、食物繊維は1%~3%程度です。

    もしグレインフリーでなければ大麦、オートミール、トウモロコシなどは芋類よりも食物繊維が豊富です。

  • つまりビートパルプやセルロース、穀物などの食物繊維を使わなければ、多くの食物繊維は稼げないのです。

    このため、飼い主(愛猫)がキャットフードに求めているものが、食物繊維の配合量が大事なのか、ビートパルプやセルロースが使われていないことが大事なのかをしっかりと考える必要があります。

4.

サツマイモとジャガイモは似ていて違うもの


  • 他に似ているものと言えばサツマイモとジャガイモはどうですか?
  • サツマイモはナス目ヒルガオ科サツマイモ属サツマイモ種、じゃがいもはナス目ナス科ナス属じゃがいも種全く違うものです。

    似たような使われ方もしますが、栄養素も違うのでバランスを考えて配合されています。

5.

エンドウ豆、グリーンピース、ひよこ豆などの豆類


  • 豆類は主に植物性タンパク質と食物繊維を考慮して配合します。特にひよこ豆、えんどう豆、あずき、大豆、きな粉、そら豆、いんげん豆は食物繊維が豊富で、上位ふたつのひよこ豆とえんどう豆はキャットフードの原材料によく使われます。
  • ひよこ豆とエンドウ豆が併記されているキャットフードを時々見ますね!
  • ひよこ豆とエンドウ豆は栄養成分は大きくは変わりません。このため「食物繊維を増やしたいけどビートパルプやセルロースは使いたくない」場合に、それぞれを配合することで第一原料にならないように配合することも考えられます
  • じゃひとつにまとめてしまってもいいんですか…?
  • 食物繊維としてだけ考えればそういうことになりますね。

    しかしひよこ豆にはエンドウの13倍近い葉酸が含まれています。貧血や精神疾患の予防、高齢猫の消化器系の疾患による下痢にも効果があると言われていますので、こうした意図を持って配合することもあると思います。

6.

似ている原材料でも多くは意味があって配合されている


  • 肉を第一原料にしたい場合、わざわざ複数種類の肉を使用すると一種類当たりの配合量を稼ぐことができません。
  • 鶏肉やターキー、サーモン、ラム肉などわざわざコストをかけて様々な種類の肉を配合しているのは、本当に犬猫のことを考えてなんですね。
  • 多少の調整は行いますが、食物繊維以外の原材料は栄養素とコストのバランスを見て選んでいます

    なんでも似ているから原材料の表示順を下げるためだとは考えず、こうした考えもあって配合を決めているということも知っておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫