なぜイギリスが動物愛護先進国でキャットフードのレベルが高いと言われるのか

本日のテーマ

  • キャットフードを探していると、イギリスは動物愛護先進国だという話を沢山目にします。そのおかげでキャットフードも凄く発達しているということですが、細かく話しているサイトがなかったのでマッサンに聞いてみました。

1.

動物愛護先進国といわれる理由は伊達じゃない


  • どのサイトでもイギリスは動物愛護先進国って書かれているけど、理由まで書かれているサイトが少ないからマッサン教えて!
  • 日本と比べてみれば、なぜここまでイギリスが動物愛護先進国といわれているのかが理解できますよ。

    イギリスでは子供の法律よりも早くに動物の法律ができたとまで言われています。畜産動物保護から始まった最初の動物保護の法律である「マーティン法」ができたのは1822年世界最古の動物愛護団体である「王立動物虐待防止協会」はなんと1824年に設立されています。日本は文政7年、伊能忠敬の日本地図が完成して3年程度の頃の話です。明治が1868年からですから、江戸時代真っ只中です。この時から既にイギリスでは動物愛護が始まっています。

  • な!なんだかもうレベルが違いますね!
  • 刀を持っていた時代に動物愛護です。明治の廃刀令は1876年ですから日本人が刀を捨てるより50年も前に、イギリスでは動物虐待防止協会ができています。これだけでもイギリスがどれだけ進んでいるかが伝わったのではないでしょうか。

    そうは言っても最初は牛馬を対象とした先生方が提唱していただけで、まだまだ国民には浸透していませんでしたが、ここから90年近くかけて法制化されるまでに至りました。ここからは早いです。わずか40年後の1941年にはペット動物法が施行され、ペットショップを認可制とし、街中などでの自由なペット販売は禁止されました。なんと現代の日本でも行っていないことを75年前から実施しています。

  • 日本がどれだけ動物愛護という点で遅れているのかがわかってきました・・・知ると日本の認識の遅さが怖くなりますね。
  • 2006年の「ペット動物福祉法」は本当に凄い法律です。動物の適正な住環境を用意する義務、責任を飼い主に課し、動物虐待に対して捜査官、警察官が動けるようになりました。もはや法律上は子供と変わらなくなってきています。
  • アニマルポリスですか!
  • 良く知っていますね。通称アニマルポリスですね。面白いことにイギリスでは警察ができるよりも3年も早くアニマルポリスが設立されています。アニマルポリスは動物虐待に対して捜査、告訴、指導ができ、これによって法律が活きています。資格試験もとても難しいものです。日本では取り締まる機関がないので法律が形だけのようになってしまっています。
  • 今日本ではヨーロッパの後を追う流れになってきているんですか?
  • 皆さんも感じると思いますが、現状をみると残念ながらとてもそこまで進みそうな気配はありません。欧米では肉食をメインとした文化であり、畜産、動物の不必要な苦痛から保護するという発想から生まれた動物愛護は、日本のように穀物が主食の国では育たなかったという文化の違いといった考え方も指摘されています。私はまだまだその辺りは変わらないのではと考えます。
  • 食文化の違いですね。現状は個々の考え方に委ねられているところが大きいんですね。ペットフードのサイトを通じて動物愛護の気持ちが沢山の人に伝わればいいなと思います。
2.

イギリスのペット事情


  • それでは主に犬についての話ですが、実際のイギリスの事情の話をしましょう。

    まずイギリスでは人間のトイレのように公園に犬のトイレ用ゴミ箱が設置されています。さらにそんな公園ではリードにつながれてない犬が走り回り、自由に楽しんでいる光景を見ることができます。

  • 動物のための環境が整っているんですね!リードをつけずに離すのは、日本ではしつけの問題もあるし、噛んだりしたら大変だからなかなか難しいですね!
  • イギリスでは「犬を飼う=しつけを徹底する」という意識がしっかり根付いていますトレーニングスクールに行くのが「当然のこと」なんです。これは日本ではとても考えられないことで、テレビなどで「トレーニングスクールとはこんなところ!」なんて紹介されている位、一般の人には浸透していないことですね。
  • 子供をしつけるのと同じようにペットをしつけて、飼い主とペットの信頼関係が成り立っているんですね。
  • そのおかげで犬もバスなどの交通機関も利用できますし、しつけ次第では高級ホテルにも泊まれます。犬同士が吠えているところもほとんど見られません。

    最近ではしっかりリードに繋ぐ人もみられるようになりました。それはイギリス国外からくる人が多くなったことなども関係してます。また、犬を飼っていない人にとって犬用ゴミ箱の清掃に税金を使われているという考え方からゴミ箱を置かなくなった公園もあると聞きましたが、日本やアジア諸国とは違い、とても進んだ時点で考えている印象を受けます。

  • 私はイギリスに行ったことはありませんが、実際にどの位動物と人間が共生できているのか見てみたいです。
  • そうですね。私は近々イギリスへ行きます(2016年10月半ばに渡英)から、写真など沢山撮ってまた紹介したいと思います。
  • 羨ましいです!楽しみにしています!
3.

海外の動物愛護施設の現状


  • 追記:「イギリスの動物愛護施設 バタシー ドッグズ&キャッツ ホームを見学してきました!」を公開しました。
  • イギリスの動物愛護施設は沢山ありますが、有名なもののひとつとしてバタシードッグス&キャッツ ホーム(Battersea Dogs & Cats Home)という施設があります。その名の通り犬、猫の保護施設です。この施設で驚くべきは、全3箇所の施設で毎年1万匹近い犬を収容しても、同じだけ引き取られ、1860年から300万匹を超える犬猫を受け入れてきています。
  • 凄い!日本では引き取られて数日経ってしまえば・・・
  • ここでは例外を除き、安楽死はさせません。
  • 例外というのは?
  • バタシーでは2009年に健康な犬を1,931頭も殺処分しています。これは若者の流行で獰猛な犬を獰猛に育てて、育てきれずに捨ててしまうことが影響しています。これらの犬は飼い主も見つからないまま施設スペースも圧迫することになってしまい、殺処分が行われました。

    世界では殺処分ゼロをうたっている施設がありますが、現実問題殺処分ゼロは不可能です。殺処分ゼロにするためには空きが出るまで受入れを止める施設のみができることです。殺処分ゼロの施設がある裏で、代わりに殺処分を行わなければいけない施設があるだけなんです。

    しかし基本的には保護が必要な限り世話を続ける施設になっています。更に美容師によるシャワーやカット、医師による診察や予防接種、トラウマなどに対応する専門家による指導、ゲージなどではない立派な部屋が与えられています。長い間ゲージに入れるのは虐待という認識です。理想を守るために現実とバランスをとっていると言えます。

  • 快適な環境で新しい飼い主を待つんですね。日本では保健所は暗くて狭いイメージですが、バタシーはどうですか?
  • とても清潔で明るく、もちろん見学することもできます。犬猫の滞在期間はなんと平均1ヶ月程度ということです!日本では考えられません。しかもこの施設は基本的に寄付で運営しています。
  • バタシー以外にもまだ他にも施設があるんですか?
  • 有名な施設としては、ドッグス・トラストキャッツプロテクションなどがあります。日本で考えると考えられない位規模の大きい施設です。ドイツにも有名なティアハイムという動物保護施設が500箇所以上もあり、アメリカには公共、民間共に多くの団体があり、ドイツもアメリカも活動資金のほとんどが寄付・遺贈で賄われています。

    規模に違いはありますが額にして10億~100億円もの寄付・遺贈です。日本では考えられないほど動物愛護が浸透していることがわかります。

  • 寄付で運営を行える環境や、理想と現実の違いなど、考えることは多そうですが、世界の動物愛護施設に対して、日本がどれだけ後進国なのかがよくわかりました・・・
4.

ペットフードのレベルアップは必然


  • イギリスの動物愛護に関して大まかにお話しましたが、これらのことから、ペットフードの質が高くなっていくことは簡単に考えられます。
  • 一般の人の関心が高いからこそ寄付で動物愛護施設が運営でき、引き取り手も多いんですもんね。自分の家族であるペットにいい食事をあげたいと考えるのは自然の流れですね。
  • 「イギリスのキャットフードって本当にそんなにいいの?」という声も聞きますが、正直なところ「日本のキャットフードでは手も足も出ない」というのが現状です。ペットフード購入者の根本的な意識が違いますから、製造者への要望、製造レベルもどんどんあがってきています。

    大まかにいえばドッグフード、キャットフード共に「プレミアム」「スーパープレミアム」「ナチュラル」「グレインフリー」といった感じでどんどんバージョンアップしていますが、これは消費者のニーズを汲み取った結果です。日本のペットフードはプレミアムの下からスーパープレミアム位までがほとんどです。

  • それぞれどう違うんですか?
  • プレミアム

    良質なたんぱく質に目を向け始め、人間と同じ感覚で美味しく、栄養があるように作られ始めました。

    スーパープレミアム

    低アレルゲンに目を向け、小麦を使用しないグルテンフリーなどが誕生しました。

    ナチュラル

    人工保存料無添加、有害物質を含まない自然な材料を使う、原材料の質の向上が起こります。

    グレインフリー

    犬や猫は本来穀物をほとんど消化できないという生物学的な点にも目を向けて、穀物を取り除き、本来の食事に近くなるよう高たんぱく質に仕上げた、最も犬猫の生態に近いペットフードの形が誕生しました。

    メーカーによって呼び方が違ったり、意味も変わったりはしますが、このようにひとつずつ改善されてグレインフリーまでたどり着いています。

  • とてもわかりやすいです!ペットのことを考えてひとつずつ消費者や製造者の要望が高まっていったのが良くわかります。そうして今はグレインフリーが一番最新のドライフードになるんですね。こうやって話しを聞いてみると日本ではまだ意識の高い人しか手に取らないキャットフードかもしれませんね。
  • まだまだそうかもしれませんね。こうしてイギリスのペットフード工場の製造スキルや安全基準は非常に高くなり、経験やレシピも豊富になっていきました。

まとめ


  • イギリスの動物愛護は世界最初
  • 動物愛護先進国と日本ではペットへの考え方が根本的に違う
  • 巨大な動物愛護施設が寄付によって運営されているほどの関心の高さ
  • イギリスのペットフードのレベルアップは当たり前だった

  • なんとなくイギリスと日本は同じような、近い感覚を持っていると思い込んでいましたが、世界を実際に見てみないとわからないことの方が多いんだなと痛感しました。ヨーロッパ諸国のペット事情をこの目で見てみたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫