猫が吐く理由と時期は?換毛期がポイント!猫の換毛期は3月と11月頃に吐きやすかった

本日のテーマ

  • 猫は1年に2回換毛期があるって知ってましたか?その時期は抜け毛が多く、毛玉を履きやすくなります。抜け毛の対処をしてあげることで吐く回数を減らしてあげたり、皮膚病になるリスクを減らすことができます。

1.

猫が吐く


  • 猫を飼育して長い方であれば猫が吐くことは何も気になさらないかと思いますが、初めての場合はとても心配になるかと思います。
  • 私ももう随分前ですが猫が吐いているのを初めて見た時はとても慌てました。
  • 突然吐き出す子もいれば、変な声を出してから吐き始める子など、猫によって吐き方も色々あるようです。

    ではどんな時に吐くのか?吐く理由は?について紹介してみたいと思います。

2.

換毛期に吐きやすい


  • 猫には換毛期があり、1年を通して毛が生え替わって交換される時期があります。

    換毛期は11月と3月

    一般的に猫は寒くなり始める11月と暖かくなり始める3月頃が換毛期と言われています。この時期はその年度の気温や、部屋の気温などにも左右されます。

    長毛種の場合はみてすぐにわかるほど毛が入れ替わっていきますので、何月と意識していなくても感覚的に把握している飼い主さんが多いのではないでしょうか。

  • 冬が近づくとモッコモコになっていきますよね!逆に夏は毛がほとんどなくなってほそーくなります(笑)
  • 11月は夏の毛が抜ける

    11月頃になると保温しやすくするためにアンダーコートと言われる外側の毛の内側、皮膚の近くに生える毛が生え始めます。

    この時に夏毛が脱毛されて生え替わっていきますので、毛繕いで毛を飲み込んでしまう量が多くなり、毛を吐き出すために吐き出すようになります。

    3月は冬の毛が抜ける

    寒い冬を過ごすために蓄えた大量のふわふわ毛は、暖かくなってくるにつれてどんどん抜け落ちておきます

    猫によっては体が一回りも二回りも小さく見えるほど抜け落ちます。

    暖かくなっていく換毛期の方が見た目にわかりやすく、抜け毛もたくさん出ているように見えるので確認しやすいかと思います。

3.

吐く回数を減らす方法


  • 便と一緒に出す

    猫によっては便と一緒に出すこともできるので吐く回数が減ったり、毛玉ケアなど食物繊維の多いタイプを利用すると便に混ざって出やすくなり、吐く回数を減らすことができます。

    ブラシがけ

    小さな頃からまめにブラシをかけるようにすると、いつでもブラシをかけさせてくれるようになります。性格によるところも大きいので、それでもやらせてくれない猫もいますが…

    特に換毛期の時期は抜け毛が凄いのでブラシがけが大切。

    短毛種、長毛種などの種類、猫の性格によって猫に合ったブラシを選択してください。

4.

ブラシについて


  • ブラシの種類

    ブラシにもいくつも種類があります。

    スリッカーブラシ

    四角い頭にやわらかい針金のようなブラシになっているタイプです。

    ソフトなものからハードなものまであり、用途によって使い分けますが、基本ソフトタイプで優しブラシを通してあげるのがいいと思います。

  • 比較的多くの方が使っているんじゃないかと思います。
  • 特に長毛種では使いやすいので重宝されるかもしれませんね。

    ピンブラシ

    丸い頭に先が丸くなったブラシがついているスタンダードなブラシです。表がピンブラシ、裏が獣毛ブラシになったタイプもあります。

    獣毛ブラシ

    ピンブラシのブラシ部分に豚毛や猪毛などの獣毛を使用したタイプ。毛の密集具合もピンブラシのように隙間が多いものから、靴磨きのブラシのように密集しているタイプもあります。

    硬さは様々ですが、猪よりも豚の方が柔らかくソフトです。本来獣毛が持つ油分や水分が髪に艶を与えます。汚れ落としや艶出しなどに使われます。

    ラバータイプのブラシ

    ブラシ部分がゴムでできたブラシ

    短毛種の換毛期には威力を発揮します。毛を逆立てるように撫でてみるとどんどん毛を集めることができます。ゴムブラシなので安全性も抜群です。

    ただし私の経験では長毛種では全くといって効果がありません(笑)

  • 調べてみると長毛種用のラバーブラシもあるのでもしかしたら効果のあるブラシもあるかもしれませんね!
  • ブラシがけで皮膚病予防

    換毛期は、既に死んでいるものの、まだ体にくっついている「死毛」が増えます。この死毛が多すぎると生えている毛と絡まって毛玉になってしまい、毛玉が皮膚を引っ張るようになります。

    また、毛玉部分が塗れたりすれば乾きにくくなり、雑菌も溜まりやすくなることで皮膚病になる場合があります。

  • 毛玉になって引っ張られてしまうのは長毛種に多いですよね…
  • こうした状態を回避し、病気を予防する意味でも普段からのブラシがけはとても大切です。
5.

アレルギーや食べ物、病気による嘔吐


  • 病気や食べ物による嘔吐は毛玉とは原因が全く違いますのですぐに受診してください。

    毛玉を吐き出す嘔吐は血が出ることはありません。健康であれば嘔吐物にはご飯と毛以外のものは含まれていません。

    また嘔吐物の中に毛が含まれていない場合もありますが、吐き終わった後はケロリとしています。

  • 何が原因かをしっかりと把握するようにしましょう!

まとめ


  • 猫の換毛期は概ね3月と11月
  • 換毛期は抜け毛が多く、毛づくろいで毛を飲み込んでしまいがち
  • 日々のブラシがけが大切
  • 食物繊維の多い毛玉ケアタイプも有効
  • 毛玉を放置すると皮膚病の可能性あり
  • アレルギーや食べ物、病気による嘔吐と毛玉吐きは全くの別物
  • 猫の換毛期はだいたい3月と11月頃。抜け毛が多いこの時期は吐くことが多くなります。飼い主のサポートによって吐く回数を減らすこともできますので、ブラッシングなど意識して行ってみるといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介