ベルギー初の猫カフェ「Le New Chattouille(旧Le Chat Touille)」を訪れました!

本日のテーマ

  • マッサンがベルギー初の猫カフェ「Le New Chattouille(旧Le Chat Touille)」を訪れたそうです。訪れた日は残念ながら…!?レポートしてもらいました。

1.

中心地区からトラムに乗り、Janson駅で下車


  • このトラムに乗ってきました。

  • ベルギーは切符でバスに乗った後も1時間以内であればそのままその切符でトラムに乗ることができます。なので乗り継ぎ場所で買い物なんかをしても、時間内であればそのままトラムに乗ることができます。

    切符はバスやトラムの乗り場の横にありますので、クレジットカードで買えます。バスやトラムに乗るたびにジジジッと切符を差し込んで刻印する必要がありますので注意してください。

  • Janson駅に着いたらシャルルロワ通りをまっすぐ200m位歩いて右折すれば、30メートル先の右手に目的の猫カフェです。
2.

ベルギー初の猫カフェ「Le New Chattouille」


  • ベルギー初の猫カフェができたということで是非行ってみたかった「Le Chat Touille」。

    ところが行ってみると「Le New Chattouille」に名前が変わっていました。

  • Lundi-Mardi : fermé(月曜日~火曜日:休み)

  • なんと月曜、火曜日は定休日!

  • しかしなんとも私の調査不足だったのですが、訪れた日は休み!!!

    Lundi-Mardi : fermé(月曜日~火曜日:休み)

    ここまでバスとトラムを乗り継いでやってきたというのに…

    この日は火曜日。明日なら開いていますが、この日はブリュッセルからゲントへ移動しなければ行けなかったので、記念撮影だけしてしぶしぶ帰ろうとしました。

  • 猫がご挨拶

  • 日本からやってきたことを察してくれたのか、ブラインドの隙間から黒猫が顔を出してくれました。

  • お休みでも中に猫はいるんですね。するとよく見ると窓の下にも猫がいました。
  • 健康そうな白猫が私達を見ていました。左上には茶トラ猫も。

  • 中には数匹の猫がゆっくりと過ごしているようでした。

    営業していないのは残念でしたが、普段猫カフェとして営業されていることは知ることができました。

3.

Horta駅からBruxelles-Midi駅、そしてGentへ


  • この後はHorta駅まで歩いて、Bruxelles-Midi駅(ブリュッセル南駅)まで移動し、ゲントへ向かいました。
  • Janson駅の交差点。この長いトラムが走っています。

    オルタ駅構内。3、4、51番が全て同じホームに到着します。

    ブリュッセル南駅。かなり広く、どこから乗るのかちょっと迷うかもしれません。

  • 広がる農業地帯

  • ベルギーは人口が少なく1135万人しかいません。日本は東京だけで1375万人もいますので大きな違いがあります。
  • ベルギーは決して大きな国ではありませんが、人口から考えれば広く、広々とした農業地帯が広がっていました。それでも以前の記録によると農業人口はわずか3%。それでいて食料自給率は70%にも及ぶそうです。

まとめ


  • ベルギー初の猫カフェは月曜火曜が定休日
  • 休みの日も猫はカフェにいる
  • ブリュッセルセントラル駅辺りからトラムで20分位
  • ベルギーは人口が少ない
  • 豊富な農作物
  • ベルギー初の猫カフェ。マッサンが訪れた日はなんと定休日だったということでした。ブリュッセル中心地区トラムで20分位と近いので、ベルギーに行く予定のある方はぜひ訪れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
   
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介