犬の歯周病と歯磨きの大切さ。ドッグフードを食べないのは顎が原因?口腔疾患になりやすい犬種も紹介します

 

本日のテーマ

  • ドッグフードを食べるためにとても大切な口内環境について勉強していきたいと思います!歯周病になると顎が折れるって知ってましたか?口腔トラブルになりやすい犬種別も紹介!

1.

歯周病について


  • 歯周病は全身に関係する病気

    口内、歯はとても重要で大切なものであるにも関わらず、非常に注目度の低い部位です。犬の歯周病は全身、また命にも関わる非常に危険な病気ですので、普段からのケアが非常に大切になります。

    実は歯周病は犬に最も多く見られる生活習慣病です。歯周病という言葉が身近なので余り大変な病気だという認識がない人が多いようです。

    歯周病は歯肉炎の間はまだ治すことができますが、歯周炎になると元に戻すことはできません。歯周炎が重度になると顎が折れ、歯に沿って溶けてなくなってしまいます。つまり顎が壊れてしまった状態になってしまいます。

  • 顎が壊れるなんて、ドッグフードも食べられないですよね?
  • ドッグフードを全く食べないことで、飼い主は体調が悪いと思って連れてくる人がいますが、実際は歯周炎で顎が折れていて痛がって食べていないことも多いということです。

    歯周病の進行と口臭は比例していて、歯周炎まで進むと酷い口臭で近くにはいられないほどの匂いがするということですので、飼い主は必ず口臭をチェックするようにしましょう。

2.

犬の口内トラブルの割合


  • 犬の場合1歳を過ぎた90%に口内トラブルがあると言われています。また大型よりも小型の方が口内トラブルが起きやすいとされています。

    動物保険のアニコムによると歯・口腔疾患の請求割合は5.7%にもなるとのことです。

    0歳で2%程度から12歳では10%以上と年齢を重ねるたびに保険請求割合が増えています

    犬種による請求割合

    犬種請求割合
    ミニチュアダックスフンド7.5%
    トイプードル7.3%
    ジャックラッセルテリア6.6%
    パピヨン6.5%
    ミニチュアシュナウザー6.5%
    ヨークシャーテリア6.4%
    ポメラニアン5.9%
    キャバリア キングチャールズスパニエル5.8%
    マルチーズ5.4%
    ウェルシュコーギー ペンブローク5.2%
    チワワ3.6%
    ラブラドール レトリーバー3.6%
    フレンチブルドッグ3.4%
    ゴールデンレトリーバー3.2%
    パグ3.1%
    柴犬2.6%
    シーズー2.6%

    参考:どうぶつの疾患統計(PDF)

    歯肉炎とは

    歯と歯茎の間に入り込み、溜った歯垢の中の病原菌によって歯肉炎が引き起こされます。

    歯の根元が赤くなることから目で見てわかるようになります。歯肉のみの炎症で予防歯科処置で元の状態に戻すことができます。

    歯周炎とは

    歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、その部分に膿が溜ります。進行すると口臭が酷くなり、出血などが起こります。

    更に進行すると歯槽骨が破壊され、組織が腐っていき、歯槽膿漏になります。

    更に進行すると歯が抜け、最終的には顎の骨まで折れてしまいます。

  • 歯周病がどれ周病は歯ブラシのCMなんかでもよく耳にするので、身近でなんとなく大きな病気ではない気がしていましたし、すぐに治るものだと思っていました。

    そして犬猫が歯周病にかかるというイメージがわきませんでした。

3.

固いものを咬ませてはいけない


  • フライングディスクやケージ、固いボール、プラスチック製のロープのようなものなど固いもので犬に咬ませたり遊ばせたりすることは一般的に見られることですが、これらの固いおもちゃが原因で歯が壊れていることは少なくないということです。

    「固過ぎるものは咬ませてはいけない」という認識を持っていない飼い主が多いように思います。

  • 一般に購入できるものなのに駄目なものがそんなに多いんですか?
  • デンタルケア用品であってもよくないと考えられるアイテムは多く、飼い主がしっかりと判断する必要があります。先が固すぎるブラシなどもよくありません。デンタルガムなども固すぎるものはNG。

    特に犬は固いものでもボロボロになるまでひたすら噛み続け、飼い主も知らない間に歯が折れているケースがあります。

    またアルコール入りのデンタルスプレーなどが売られていますがこれも駄目ということでしたので注意してください。

    また犬によく与えている印象のヒマラヤチーズですが、これもデンタルケアの観点からすると固過ぎて与えてはいけないものということです。

4.

ブラッシングの重要な考え方と取り組み方


  • 人間と同じようにブラッシングは食べ物を食べた後にしなければいけないと考えている人が多いようです。

    しかし動物のブラッシングでは歯に付いた歯垢を落とすためなので、「1本磨いたらご褒美を与える」という具合に食べながらでもかまいません。これを毎食繰り返して何回かで全部の歯を磨きます

    決して一回で全部の歯を磨く必要はありませんし、一回で磨くのは非常に難しいと思います。

  • 嫌がる子にはどうしたらいいですか?
  • ブラッシングを嫌がらないようにブラッシングの先に好物をつけて歯ブラシに慣れさせます。

    最初から磨かずにブラシを歯に当てるだけからスタートします。

    もし嫌がったらおやつを中止するだけで、怒ってはいけません。

  • 猫も同じようにできますか?
  • 正直なところ猫の場合は犬のようにはいきません。甘い物など猫が好むもので、食べてる間に磨かれているような状態を作れるようにチャレンジしてください。

まとめ


  • 歯周病は顎を壊す病気
  • 歯周病は体全体、命にも関わる
  • 歯周病は口臭を伴う
  • 歯肉炎なら元に戻せるが歯周炎は戻せない
  • 毎日のブラッシングが大切
  • 固いおもちゃやブラシは使用してはいけない
  • ミニチュアダックスやトイプードルの口腔疾患の請求割合が多いのには驚きました…人気の犬ですし気をつけたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
      ドッグフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

ウィリアムドッグフード発売中

人気の記事
相談室メンバー
マッサンのドッグフード紹介