AAFCOのドッグフードの栄養基準を見てみよう。総合栄養食はこの値がクリアされているフードです。

 

本日のテーマ

  • AAFCOのドッグフードの栄養基準を見てましょう!犬と猫を比べながら、犬に必要な栄養素も見ていきたいと思います。

1.

AAFCOのドッグフードの栄養基準


  • タウリン、ナイアシンについてドッグフードとキャットフードの違いも含め学んできましたが、ここでAAFCOのドッグフードの栄養基準を確認してみましょう。

    養分乾物ベース最小値
    成長・繁殖期(犬)
    最小値
    維持期(犬)
     
    タンパク質%22.518.0
    アルギニン%1.00.51
    ヒスチジン%0.440.19
    イソロイシン%0.710.38
    ロイシン%1.290.68
    リジン%0.900.63
    メチオニン+シスチン%0.700.65
    フェニルアラニン+チロシン%1.300.74
    スレオニン%1.040.48
    トリプトファン%0.200.16
    バリン%0.680.49
    脂肪%8.55.5
    リノール酸%1.31.1
    エイコサペンタエン酸+ドコサヘキサエン酸%0.05ND
    ミネラル
    カルシウム%1.20.52.8(1.8)
    リン%1.00.4
    カルシウム:リン比1:11:12:1
    カリウム%0.60.6
    ナトリウム%0.30.08
    塩素%0.450.12
    マグネシウム%0.060.06
    mg/kg8840
    mg/kg12.47.3
    マンガンmg/kg7.25.0
    亜鉛mg/kg10080
    ヨウ素mg/kg1.01.011
    セレンmg/kg0.350.352
    ビタミン、その他
    ビタミンAIU/kg50005000250000
    ビタミンDIU/kg5005003000
    ビタミンEIU/kg5050
    チアミンmg/kg2.252.25
    リボフラビンmg/kg5.25.2
    パントテン酸mg/kg1212
    ナイアシンmg/kg13.613.6
    ピリドキシンmg/kg1.51.5
    葉酸mg/kg0.2160.216
    ビタミンB12mg/kg0.0280.028
    コリンmg/kg13601360
2.

犬の方が猫よりも必要栄養素量が少ない傾向


  • 雑食の犬は豊富な食材から栄養を摂取できることもあり、タンパク質を高くする必要もありませんし、全体的にバランス良い食事にすることができます

    このため全体的に猫よりも必要栄養素量が少なめとなっています。

    しかし犬も猫も同じ動物ですので、ドッグフードとキャットフードは猫が体内で合成できない栄養素以外は大きくは違いません。

    食事量は体重に合わせて増減する

    体重に合わせて増減するのがペットフードの考え方となりますので、もちろん大きい犬はそれだけ量は食べることになります

    例えば体の大きい人がとても小さい人に比べて栄養素が高いものを食べているわけではないですよね。同じお肉や野菜、魚を食べています。違うのは食べる量と体質です。

    これと同じようにペットフードも体の大きさ、体重、体表面積に合わせて給与量を調整します。

    犬にとって特別に必要という栄養素はない

    猫と比べてみてもヨウ素など少し多いものはありますが、犬だけに必要なものはなく、過剰に必要なものもありませんので、全体的にバランスのいい食事を取れば良いことがわかります。

    これは猫と違って腸が長いため、しっかりと消化吸収し、栄養を摂取できていることでもあります。

3.

国内のドッグフードはAAFCO、FEDIAFに準じて作られています


  • 国内で販売されているドッグフードはAAFCOやFEDIAFが公表している一定の基準に準じて作られていますので、ドッグフードを購入するときはわざわざそのドッグフードの栄養素を確認しなくても、総合栄養食か、おやつか、療法食かといったそのフードの目的さえ合えばどれを選んでも問題はないものとなっています。

    AAFCO(米国飼料検査官協会)とは?AAFCOのドッグフード栄養基準を紹介

    むしろ、現在ではこれら以外に世界基準になっている指標がありませんので、どこの国でもどちらかに合わせて作っていることがほとんどだと思いますので安心して購入できるでしょう。

まとめ


  • 犬は猫よりも体内合成力が高い
  • 犬は雑食なので偏りの少ないバランスの良い食事にできる
  • 給与量は体重、体表面積に合わせて給与量を調整
  • AAFCO、FEDIAFの栄養基準に準じて作られている
  • ドッグフードの栄養基準について見てきました。基準ですので法的な強制力はありませんが、現在販売されているドッグフードはこれらを参考に作られていますので、総合栄養食や療法食、おやつなどフードの目的を間違えなければ、栄養素としてはどれを買っても問題がないと言えるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
      ドッグフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

ウィリアムドッグフード発売中

人気の記事
相談室メンバー
マッサンのドッグフード紹介