ドッグフードのアレルギーについて。アレルゲンと交差反応、除去食の解説

本日のテーマ

  • 犬の食物アレルギーについてアレルゲン、交差反応の面から解説してもらいました。特にアレルゲン特定には交差反応は参考になるかと思いますので是非ご覧ください。

1.

犬の食物アレルギー


  • 実は犬猫のアレルギーについては人間ほどはわかっていません。しかし作用は同じであると考え、アレルギー対応フードなどが作られています。

    食物アレルギーは基本的に食物に含まれるタンパク質がアレルゲンになります。

    しかしタンパク質が全く含まれていない原材料はない?ように思いますので、そうした意味ではどれでもなると言えるのですが、アレルギーが出やすい食品は大体決まっています。

    しかも犬猫のアレルギー全体からみれば食物アレルギーが占める割合はそれほど多くはありません

  • 他にダニ、ノミや花粉なんかのアレルギーが多いんですね。
2.

食物アレルゲン


  • また、ドッグフードに限ると使われる原材料には限りがあるので、ある程度は特定することができます。

    犬におけるアレルギーで一般的なものは以下などです。魚や豚肉などでも見られます。

    • 牛肉
    • 乳製品
    • 小麦
    • 穀物
    • 大豆
    • 鶏肉
  • 主要原材料になりえる食品はほとんどアレルゲンになる可能性があるってことですね。タンパク質を多く含む原材料なんですから当たり前ですよね。
  • しかし、アレルゲンになる可能性のある食品だから全部ダメというわけではありません。それを言って避けてしまえば食べられるものがなくなってしまいます。

    あくまでアレルギーが出た食品を避けるという対応を取ります。

3.

交差反応とは


  • 食物アレルギーには交差反応というものがあります。

    例えば鶏肉アレルギーの場合は七面鳥でもアレルギーが出る場合があります。これはタンパク質の構造が似ているため、体が判別できずにアレルギーが起こることです。

    メイン食材交差性のある食材
    鶏肉七面鳥、鶏卵、ウズラ
    牛肉鹿、羊、豚、馬、ウサギ、牛乳、山羊ミルク、乳製品
    魚全般、(鶏肉も?)
    小麦大麦、ライ麦、オート麦

    似ているから必ずしも高い交差反応が出るとは限らない

    ただし似ているからなど想像で判断できるものではなく、人の場合ですが、エビアレルギー患者の65%はカニにも症状が出ますが、甲殻類と軟体類、貝類の交差反応は20%程度といいます。

    参考:厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017(PDF)

    なので、似ているから必ずしも出るというわけではないので、簡単に考えて避けてしまうと、本来食べられるものを避けていたということが起こります。

    上記でいえばエビアレルギーに対して甲殻類や軟体類、貝類などは20%交差反応が起こるという考え方もできますが、80%食べられると考えれば、QOLの面を考えると確認せずに食べられる可能性を減らす必要はないのではと思います。もちろんアレルギーの度合いにもよりますが。

    鶏肉とダックは別?

    鶏肉とダック(鴨、アヒル)は別だと言われていますが、弱いながらも出る可能性はあるそうなので、これも交差反応だから避けようというとそうではなく、犬それぞれに確認していくしかないのかもしれません。

    ダック(鴨、アヒル)やラム肉、鹿肉などは食物アレルギーが出た場合の除去食としても使用されています。

    それは鶏肉や牛肉などに比べて犬が口にする可能性が低い食材で、かつアレルギーが出にくいという考えのもと選ばれているようです。

    鶏肉にアレルギーがある場合は魚にも?

    また、鶏肉にアレルギーが出る場合、魚にもアレルギーが出る可能性が言われています。

4.

アレルギー除去食に用いられる原材料


  • 基本的には犬が口にする可能性が低い食材が選択されます。

    口にしていない場合はまだ免疫ができていないと考えられるのでアレルギー反応が起きない可能性があるためです。

    このため上記で紹介した牛肉、乳製品、小麦、穀物、大豆、鶏肉、卵などは避けられる傾向にあります。

    加水分解タンパク質

    タンパク質がアレルゲンとなるわけですが、加水分解タンパク質はこの限りではありません。

    アレルギーの原因となるタンパク質の状態からアミノ酸にまで分解することでアレルゲンとなる可能性が減り、除去食にも用いられます。

    加水分解タンパク質であれば、除去食に加水分解大豆タンパク、加水分解チキンタンパクや加水分解チキンレバーなども用いられます。

    穀物である米は穀物アレルギーの可能性があり、矛盾したように感じられるかと思いますが、アレルギー対応食にはなくてはならない原材料です。

    もちろん穀物アレルギーの場合は避けるべきですが、米はアレルゲンになる可能性は低いため、アレルゲンになる確率の高い肉などの除去食として米が良く使われます。

    ただ、米だけでアレルギー対策フードが作れるわけではなく、米と加水分解タンパク質のふたつを利用して作られていることが多いです。

    ダック(鴨、アヒル)

    日本では鴨とアヒルが違う認識ですが、鴨は野生に生きる鴨を表し、アヒルはマガモが家禽化されたものです。家禽化されたことで羽が退化していて少ししか飛べません。

    こうしたことからどちらも鴨なので、どちらもダックと言います。あえて分ける場合は鴨をワイルドダックと呼びます。

  • 鴨とアヒルは同じなんですね!
  • 付け加えると合鴨は鴨とアヒルを交雑させてできた種です。鴨の方が肉が締まっていておいしく、アヒルの方が肉が豊富に取れるのでお互いの利点を生かしたものが合鴨です。

    そんなダックですが、低アレルゲンで食物アレルギー対策フードとしても使用されます。ドッグフードに使われることも多い鶏肉を好む犬が鶏肉アレルギーといった場合にも、上記の紹介の通り、有効な可能性があります。

5.

牛肉は非常に難しい


  • 鶏肉の場合は同じ鶏肉系でもダックといった逃げ道もありますが、牛肉アレルギーの場合は交差反応があるものが多くなります。

    牛肉に対して交差反応があるとされているものが、羊(アミノ酸配列の相同性92%)、豚(78%)、馬(74%)、ウサギ(72%)、そして鶏肉(44%)です。

    参考:Spectrum Labs, Inc.(ARIZONA U.S.A.)

    半分以下ながらも鶏肉まで及び、食べられるものがかなり狭まってしまうという結果のようです。

6.

アレルゲンを特定して避ける除去食対応


  • 食物アレルギーにはアレルゲンを特定して、それを除いた食事をとるしかありません。

    しかし、動物においてアレルゲンの特定は非常に難しいものです。アレルゲンを与え、症状を確認し、アレルゲンを除去して症状が改善されて初めて特定されます。

  • 獣医でもとても時間のかかる診療です。
  • このため、原材料のパッケージを確認しながら、ある程度予測を立てて、除去していくのは正確ではありませんが、ひとまずの簡単な対応にはなり得ます。

    しかし原因がアレルギーであると確定している場合のみなので、わからないまま行うと原因が他にあり、そちらの病気が進行してしまう場合もありますので、必ず病院へ連れて行き、獣医師と相談して行うようにしましょう。

まとめ


  • アレルギー全体から見ると食物アレルギーが占める割合は多くない
  • 牛肉、乳製品、小麦、穀物、大豆、鶏肉、卵のアレルギーが多い
  • 交差反応とはタンパク質の構造が似ているため、体が判別できずにアレルギーが起こること
  • 似ているから必ずしも高い交差反応が出るとは限らない
  • 食物アレルギーは判断が難しいですが、改善されれば犬の生活は一変しますので、飼い主が注意深く観察してあげることで犬の生活もより一層素敵なものになるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

マッサン活動記
人気の記事
相談室メンバー