ドッグフードが決まらない…フードジプシーの方へ。愛犬が食べてくれるものを優先して選ぼう

 

本日のテーマ

  • ドッグフードジプシーになっていつまでもドッグフードが決まらないというご相談が多いです。その答えについてマッサンに話を聞いてみました。

1.

いつまでもドッグフードが決まらないフードジプシー


  • いつまでもドッグフードが決まらない…フードジプシーになって数ヶ月。選り好みの激しい愛犬に合うドッグフードはありますか?

    最近はこんな相談が多くなってきました。

    フードジプシーとは理想のドッグフードがあり、それを追い求めているが、いつまでも見つからない状態のことです。

    「ナントカが良くない」という言葉を聞くと不安になりまた探し始めてしまう犬想いの優しい人が多い印象です。

    また、ドッグフードについて調べ始めると、今まで与えていたフードが悪く見えてきて戻れなくなるというのも原因のひとつのようです。

2.

ドッグフードに悩む飼い主


  • 飼い主は犬に少しでも健康に長生きしてほしくて、少しでも体にいいドッグフードを与えたいと考えます。
  • 私も犬に何かあったらペットロスが凄そうなので、健康には気を使いたいですね!
  • どの市販品もダメなように見えてきてしまったら、栄養価も全て計算した手作りフードがいいのかもしれませんが、それは非常に難しい話だと思います。そしてこれだと話が終わってしまいますので(笑)

    ドライフードで考えると、もちろん選択できるドライフードの中で一番いいものを選びたいですよね。

    今はインターネット上に多くの情報があるので、ドライフードを選ぶのも大変です。

    • 穀物は使ってない方がいい
    • 酸化防止剤は自然由来のみがいい
    • 高タンパクの方がいい
    • 低脂質が日本の犬には合っている
    • 穀物は腸内細菌の住処になるから適量含まれていた方がいい

    まだまだありますが、こうした情報が沢山あるので正解不正解はわからないまま、あれこれ試してみているのではないでしょうか。

    飼い主がいいと思うドッグフード

    このように飼い主がいいと思うドッグフードは、原材料の品質が良く、化学合成された酸化防止剤などを使っていない、なるべくナチュラルなものと考えていると思います。

    加えてできるだけ値段が安いものですね。

3.

犬が好きなドッグフード


  • 犬が好きな食べ物は極端にいえば人間が食べる食べ物です(笑)味が濃く、匂いが強く、質感があり、適度な温度がある。

    犬に限らずですが、人の食べ物は香りも味も強いですから、自然界にない魅力に動物は皆惹かれるようです。

    これをドッグフードに当てはめていけばウェットフードやフレッシュフードが近いですね。味は濃くありませんが、自然な匂い、質感、適度な温度があります。

    ドライフードはそもそも犬が好む肉とは遠い形状、質感の食べ物です。このため本来ドライフードを好んで食べてもらうというのはかなり難しいことです。

  • そういう考えをしたことがなかったです。確かにそう考えるとそもそも好んで食べてくれるドッグフードがない子もいるかもしれませんね。あれこれしすぎずにしっかりと食べてくれることを大切にしようと思います。
4.

人間が求めるものと犬が食べるもののギャップ


  • 人間が求めるものと犬が食べるもののギャップは必ず生まれるので、人間が思った犬の体にいいドッグフードだから犬が食べるかは別の話です。

    また犬の体にいいドッグフードだからといって、その犬に合うかどうかもまた別の話です。

    現代の飼育されている犬は野生で暮らしていた犬に比べると腸の運動能力が落ちています。腸だけでなく、体全体の能力が落ちています。

    このため食べるものを変えるだけで下痢や便秘を起こすことがあるそうです。

    食べるものを選んであげることもひとつの幸せ

    原材料などにこだわりすぎて犬が食べないドライフードを与え続けるよりも、犬が好んで食べるドライフードを探してあげることが大切です。

    犬は飼い主との信頼関係がしっかりと構築されていれば、飼い主がくれるご飯なら全て食べるという犬も多く、他の動物と比較すると比較的フード選びには困りません。

    するとなんでも食べてくれるので好みがわからないという飼い主もいます。なんとなくこっちは食べが悪かったからこっちかな?位の認識の方も多いようです。

    そこで愛犬が好きそうなものを観察することも大切になってきます。

    好きなものを食べるということで活力がわき、犬自身の不安や不満、ストレスが減ります。

    人間もいくら体に良くても好みではないものを食べ続けるのは大きなストレスになります。

    愛犬が好むドッグフードは穀物入りかもしれませんし、激安のドッグフードかもしれません。人にはいいと思えないものである場合もあります。

    一度固定概念を捨てて、愛犬が好んでしっかり食べるものを前提に、少しずつ飼い主もいいと思えるものにチェンジしていくのが犬も飼い主も幸せになれるかもしれません。

    品質の悪いものを与えていたら将来的に病気になるのでは?

    現在販売されているドライフードを原因として将来的に病気になるという科学的な根拠はありません。

    この辺りは人間の満足度という点も大きく関係してくると思います。

    犬も飼い主も納得できるドッグフードを選びたいですね。

まとめ


  • いいものを犬が好むとは限らない
  • 愛犬の好みを観察して、好んでよく食べるものを与える
  • 固定概念を捨てる
  • 犬が食べるものを優先して選ぶことが幸せに繋がることもあるんですね。飼い主と犬にとって最良の選択が見つかるようにいい物に出会えたらいいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
      ドッグフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

ウィリアムドッグフード発売中

人気の記事
相談室メンバー
マッサンのドッグフード紹介