ドッグフードの生肉と乾燥肉の違いとは?生肉表記は本当の生肉じゃありません

 

本日のテーマ

  • マッサンが原材料表示の「生肉」という表示に隠された本当の意味を教えてくれるそうです!「生肉は本当は生肉じゃない」「乾燥肉と生肉の違い」など驚く内容がいっぱいです。

1.

生肉という表記は本当の生肉じゃない日本語の難しいところ


  • Freshly Prepared Chickenの訳は生肉ではない

    成分表に新鮮生鶏肉などと書かれている場合があります。確かに直訳するとそれでもおかしくないのですが、本当の意味は少し違います。

    生鶏肉や新鮮な鶏肉の英語表記を確認するとFreshly Prepared Chickenと書かれています。このフレッシュリープリペアードチキンは「新鮮な調理されたチキン」とでもいうのが正しい訳です。

    つまり新鮮な肉を使用していますが、製造工程中でドッグフードを作るために全原材料を混ぜる前に調理したものなので、生肉のまま使っている訳ではありません。このためドッグフードの原材料にraw meatやfresh meatという言葉は使いません。

    これが日本語の難しいところで、海外では一般的な認識で、日本で間違った認識をされる部分です。

  • 完全に生肉だと思っていました…
  • 「生肉を製造工程の中で調理してから混ぜ込む」ということですね。

    おそらくこれについて書かれているドッグフード比較サイトはないのではないでしょうか。

2.

生肉も乾燥肉にしてからドッグフードになる


  • 誰でも生肉が多い方がいいと感じるでしょう。これは生肉をそのままドッグフードに入れているかのようなイメージがあるからだと思います。

    しかしドッグフード(ドライフード)の原材料として使うためには生肉も一定まで乾燥する処理を行います。

  • ということは結局乾燥肉と同じということですか?
  • 生肉は乾燥されドッグフードを製造できる状態に加工される

    乾燥チキンは水分がない栄養素が凝縮された状態です。これに対して生肉は完全に乾燥チキンと同じ状態にしなくても、ドッグフード製造が可能な状態まで処理をすればいいため、水分が20%程度(機械によって違いがあるようです)まで乾燥した状態に処理されます。

    最終的にドッグフードとして造形し、水分をなくすために熱処理を行うので、ほとんど変わらない状態になります。

3.

ミンチをもっとミンチにしたような状態で使用する場合もある”らしい”


  • 言葉で表すのも難しいのですが、生肉をひたすらミキサーに掛けた状態にして原材料に混ぜ込んで使う場合もあるようです。

    非常に効率的で素材を生かした作り方のひとつのようなのですが、水分を含んでいるので多くの量は配合できないというデメリットもあるようです。

    これは話に聞いたもので”私の目”で確認していなので「らしい」情報としての紹介に留めさせて頂きます。

4.

生肉より乾燥チキンの方がたんぱく質が豊富


  • 乾燥肉を生肉にするとたんぱく質量が減る

    乾燥チキンの方が生肉よりたんぱく質やカロリーが豊富です。その他の栄養素は生肉の方が豊富な点はありますが、最終的に行う熱処理でほとんど変わらない状態になります。

    例を挙げると、乾燥鶏肉30%、生鶏肉15%の製品の場合、配合を逆転して乾燥鶏肉15%、生鶏肉30%にするとたんぱく質とカロリーは減ってしまいます。

  • 生肉が多い方が栄養素が減るんですか!
  • ドッグフード製造工程では生肉の栄養素をぎゅっと凝縮する工程ではないので、栄養素が凝縮された乾燥肉のようにはならないことが要因です。

    作り方は各社で試行錯誤し、違う結果もあるかもしれませんが、私が確認した工場ではこのような結果になることが確認できています。

5.

生肉を多く配合できる工場は限られている


  • 生肉は水分が多く処理が必要なために、生肉を配合できるペットフード工場は限られています。現状では生肉の配合をだいたい30%から多くて50%程度までが限度といわれています。そして生肉を配合できないペットフード工場もありますよ。
  • 生肉の配合って特殊な工程が必要なんですね。
6.

生肉のイメージの良さが販売を後押し


  • 乾燥肉に比べて生肉のイメージの良さは一級品です。このため各社は生肉がどれだけ配合できるかを試行錯誤しています。
  • マッサンもやっぱり生肉が多い方がいいと考えていますか?
  • コストは上がるのに必ずしも栄養価は高いというわけではないジレンマはありますが、たんぱく質やカロリー以外では生肉の方が栄養が豊富な部分も多いので、基本的には賛成です。

    販売においての商品イメージも重要なので、製造担当者と悩みながら最初のキャットフード(ロニーキャットフード)を製造し、それからやっと初のドッグフードが2021年3月か4月に発売できることとなりました。

  • 遂にマッサンのドッグフードも発売されるんですね!とても楽しみです!

    肉だけでも配分も色々と考えられているんですね。

  • 少しでもいいものを、少しでも安く、値段とクオリティのバランス良く、悩みはつきませんね。

    ただドッグフードの場合は、キャットフードほどタンパク質が必要なわけではなく、タンパク質、脂質、炭水化物のバランスを考えて作りますので、肉類の配合は少なくすることができ、作りやすさという面では作りやすくなりますね。

7.

ドッグフード具体例


  • メーカー名生肉(%)乾燥肉(%)たんぱく質
    AATU(チキン)503032
    オリジン(オリジナル)56.628.338
    カナガン(チキン)262529

    例えば生肉の含有率が一番少ないカナガンは乾燥チキンが25%、チキン生肉26%です。合計で半分は肉原材料となっていて、製造上でもコスト的にも作りやすい配合だと思います。

    AATUやオリジンは肉配合量が非常に多く、それに合わせてドッグフードとしてはタンパク質も30%を超えていますからかなり多い仕様になっています。

    犬は雑食ですので20%代のドッグフードが多いように思いますが、愛犬の好みに合わせて選んで頂ければいいかと思います。

まとめ


  • 成分表の生肉は本当の生肉ではない
  • 生肉は乾燥加工されて使われている
  • 乾燥肉の方が生肉よりたんぱく質が豊富

  • 日本語訳のちょっとした違いを紹介しました。確かにドッグフード製造時の加工前は生肉なので生肉で間違っているわけではありませんが、実際は乾燥加工されて使用されていることを知っていれば、また考え方も変わってくると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
      ドッグフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

ウィリアムドッグフード発売中

人気の記事
相談室メンバー
マッサンのドッグフード紹介