ドッグフードランキング、比較サイトには注意。おすすめの正誤はサイト次第、判断の仕方を紹介します。 | ペットフード販売士・マッサンのドッグフードの学校

ドッグフードランキング、比較サイトには注意。おすすめの正誤はサイト次第、判断の仕方を紹介します。

 

本日のテーマ

  • ドッグフードを探していると必ず参考にするランキング・比較サイト。その実態を知りたいと思いませんか?信用できる情報なのかマッサンに聞いてみました!

1.

ドッグフードの比較ランキングサイトは信頼できる情報?


  • ドッグフードを探せば大量に出てくるドッグフードランキングサイト。どこのサイトでもだいたい同じ商品がおすすめされています。
  • ドッグフードランキングサイトはとても参考にするんですが、信頼できる情報なのでしょうか?
  • 正直なところ、半分合っていて、半分間違っているという印象です。

    記事では非常に良い内容でも、なぜかランキングページでは上位でない、またその逆もあったり矛盾していることもあります。

    ただ参考にしたい方はそのサイトを訪れても「ドッグフードランキングのページしかみない」で離脱してしまう方が多いですから気付かないこともしばしばです。

  • なぜそんな矛盾が起こってしまうのでしょうか?
2.

報酬型販売手法のアフィリエイト


  • 多くのドッグフードランキングサイトがありますが、どのサイトにも運営者がいますので運営費を稼ぐ必要がありますね。ユーザーに有益な情報を提供しつつ、利益を考える必要があります。
  • ボランティアって訳にはいかないですもんね。
  • その運営費はアフィリエイトという仕組みを利用して稼いでいます。アフィリエイトとは自分のサイトでメーカーの商品を紹介して、そのドッグフードが売れたら報酬を頂くという仕組みです。

    アフィリエイトはアメリカでは非常に一般的な販売方法のひとつ

    このアフィリエイトは報酬型の販売方式として、アメリカなどでは非常にメジャーで、公式サイトでアフィリエイトをしてくれる人を募集しているメーカーもあるほどです。

    例えば携帯ショップなんかでは1台契約を取るたびに携帯キャリアから報奨金が出たりします。これと同じですね。

    サイト運営者次第で変わるランキング

    インターネット時代の今は調べればすぐわかるのですが、ドッグフードランキングサイトで上位のドッグフードは、ひとつ販売ごとに報酬が頂けます。多くのサイトで上位を占めているドッグフードはこの報酬が高いものであるということになりますね。

  • ということはドッグフードランキングは報酬順…ということですか?
  • 基本的には報酬順といっても過言ではないかもしれませんね(笑)ただ、いくら報酬が出るからといっても、ユーザーにとって有益ではない情報を出しているサイトは信用性が落ち、検索で上位に表示することはできません。

    ドッグフードランキングサイトも売上が欲しいですから、報酬と品質の両方が高い、もしくは両方のバランスが取れているドッグフードを上位にランクインさせます。実際に確認してみると、私からみてもコストがかかっていて、考えられた品質が高いといえるドッグフードが上位に多いように思います。

    ただし、そのドッグフードを上位にしていいの…?というランキングがあることも忘れてはいけません。

3.

アフィリエイトを行っていないフードの取扱いに注意


  • ランキング自体は報酬と品質のバランスが取れているものが上位にきやすいと話しましたが、これはアフィリエイトを行っていないドッグフードはランキングに入らないということも意味します。そもそもドッグフードの比較対象に入ってきません。

    つまり、インターネットで見られるドッグフードランキングのほとんどは、アフィリエイトドッグフードランキングになっているということです。

  • 報酬がないドッグフードはこうした場所で比較紹介してもらうことはできないんですね…
  • ショッピングモール型アフィリエイトを活用している場合もある

    インターネットショッピングモールであるAmazonや楽天がアフィリエイトを行っている場合があります。これをショッピングモール型アフィリエイトとしましょう。

    もしメーカーがアフィリエイトをやっていなかったとしても、インターネットショッピングモールに商品を出品している場合は、メーカー自身ではなく、Amazonや楽天が行っているアフィリエイトから商品を選べる場合があります。探してみると楽天やAmazonのリンクを貼っている商品紹介サイトがあるかと思います。

    ショッピングモール型アフィリエイトでは、もしユーザーがそのサイトで紹介されている楽天の商品リンクを踏んだ後に、その商品以外のものを楽天で購入してもサイト運営者に報酬が入ります。このため、必ずその商品でなくてはならないアフィリエイトに比べればずっと報酬は少なく設定されています。

  • その商品以外が売れても報酬が入るんですね!
  • ショッピングモール型アフィリエイトは楽天やAmazon自体が自分たちのプラットフォームで購入してもらうためのリンクと言った方がいいかもしれません。
4.

アフィリエイトとショッピングモール型アフィリエイトの報酬率について


  • ショッピングモール型アフィリエイト

    ショッピングモール型アフィリエイトの利率は1%など非常に低く設定されていますので、10,000円売れても100円程度の報酬です。ショッピングモール型のアフィリエイトの場合はそれのみで運営費を稼ぐことは難しいかもしれませんね。

    こうしたサイトは検索順位が上がっているようであれば、PR枠を用意して純粋に広告出稿をしてもらって運営費を稼ぐ手法を取っているかと思います。

    アフィリエイト

    それに対してメーカーのアフィリエイトの場合は100%以上、中には200%なんて報酬もありますので、4,000円の商品が1つ売れたら8,000円もらえるところもありますよ。

  • 4,000円の商品が売れたら8,000円の報酬ですか…?赤字だと思うんですが、どういう仕組みなんですか?
  • お客様ひとりだけでみれば3回以上継続してご購入頂いてやっと元が取れるということになりますね。ただそれではとてもじゃないですが成り立ちません。

    実際には、アフィリエイトを掲載しているサイトを見た方が、そのアフィリエイトリンクは踏むことなく、直接公式サイトへ訪れて購入することも多くあるから成り立つ報酬金額です。

5.

ランキングサイトの正誤について


  • 総合栄養食や療法食など目的別のドッグフードが混ざってしまっている

    ドッグフードランキングサイトの正誤についてはサイトによります。Aランク、Bランクといった判定をしているサイトもありますが、総合栄養食や療法食、ダイエットなど種類別も全て混ぜて判断しているところもあります。

    このため比較方法が明確になっているサイトがいいですね。

    使用する目的が違えば使用する原材料にも違いが出てしまいますので、同じ土俵で比較するのは無理があります。例えば、ビートパルプを含まないドッグフードという比較ランキングがあったとします。

    しかし毛玉用や胃腸を整えるタイプなどではビートパルプは必需品といっても過言ではなく、療法食でも積極的に利用されます。ビートパルプを含まないドッグフードの比較ランキングにこれらのドッグフードが比較対象の一例として紹介に登場すれば、決して悪いフードではなかったとしても低い評価を受けることになるでしょう。

    公開されていない情報に注意

    公開されていない情報を考慮せずに判定しているサイトも非常に多いことが気になります。

    情報が公開されていなければそのフードが良いか悪いか比較することは非常に難しいことです。企業イメージなど曖昧な部分が判定に影響してしまいます。

  • つまりはどういうことですか?
  • 例えば、タンパク質や脂質など公開義務のある情報だけで比較した場合、もしかしたら上位のドッグフードにナトリウムの値が凄く多い商品があるかもしれません。

    ドッグフードも料理のようなものなので、普通に作れば突然ナトリウムだけが多くなるといったことはありませんので、気にしすぎる必要はないと思いますが、ランキングをそのまま真に受けるのはどうかと思うところはありますね。

  • なにを信用していいか難しいですね…
  • ブランディングも担っている

    非常に難しい部分ではありますが、商品を販売するためにはブランディングが非常に重要です。に各社が同じような商品を出している場合、ブランディングが成功した商品は高い値段で売れたり、大ヒット商品になったりするわけですね。

    アフィリエイトは単に売るために紹介してもらうわけではなく、このブランディングという面も担っています。ドッグフードは犬が食べるものですから、感想を話すことができません。このため判断するのは常に飼い主である人間です。こうしたことからもブランディングは非常に重要であり、ドッグフードに限らずどの世界でも同じですが、「必ずしもいいものだから売れる」というわけではいということです。

    日本でもCDショップにお金を払ってコーナーを作ってもらって販売する手法があります。大きなコーナーがあれば売れている、人気があると感じ、販売も上向き、ブランディングに効果的です。こうしたことからも、アフィリエイト自体は珍しい手法というわけではなく、私は肯定もしませんし、否定もしないあくまでひとつの広告手法だと思っています。

6.

比較・ランキングページはパソコンの得意な一般の人が作っていることも多い


  • 一昨年、昨年に比べれば随分と改善されてきた点なのですが、比較ランキングページはパソコンが得意な一般の方が制作していることも非常に多いんですね。こうした場合は専門的な知識がありませんので、メーカーやネットに公開されている他社の情報だけを頼りに商品詳細を書き、ドッグフードランキングにしてしまいます。
  • パソコンが得意な方…
  • これによって、ネットに拡散されている情報をリライトして掲載してしまうために、間違った情報まで拡散してしまうことが多くなっています。
  • と言うことは間違った情報も多いということなんですね…
  • 実際のところ、動物に関する医療などは年々変化、変更されていて、同じようにペットフードの情報も毎年良いとされる情報が更新されていきます。

    このため、ただ情報が古いという場合もありますし、混同してしまっている場合も見られます。また、動物に関しては研究者やペットフードメーカー、獣医師など立場によって考え方が変わる部分であり、私が必ず合っているとは思いませんが、検索上位サイトでもこの情報は間違っているのでは?という記事を見かけることは少なくないですね。

  • 判断の仕方はないでしょうか…?
  • グーグルではこうした対策に、「この情報は誰が書いているか」という点を重要視し、検索順位に反映するようになりました。こうして最近では「獣医師監修」「執筆者:ペットフード販売士」などといったことを行い、表記も書くようになりました。

    また運営者も重要視され、法人であるかなども検索順位に関係するようです。

  • 獣医師監修なんかは本当に最近よく見るようになりましたね!
  • 私は元々ペットフードの専門家として少しずつやらせて頂いていましたから、その点では優位であったかもしれませんね(笑)

    情報の真偽については、できるだけ本から情報を仕入れると良いと思います。書籍は校正などもあり、ネットの情報をそのまま書くことはないでしょう。また、獣医師や専門家の話を聞いて、それぞれに違った見解だったとしても、自分なりに解釈していくということが大切であると思います。

7.

アフィリエイトをやっていないメーカーのとしての問題


  • 上記でアフィリエイトを行っていないドッグフードはランキングに入らないと紹介しましたが、あくまでアフィリエイトが広告としての側面を考えれば、それだけであれば問題はないと考えています。

    しかし問題はアフィリエイトをやっていない商品を比較対象にしてしまうことです。これが非常に良くない業界を作っています。アフィリエイトをやっている商品よりやっていない商品をより良く紹介するサイトがありますか?アフィリエイトをやっていないドッグフードは比較対象にされ、ともすれば順位を下げるために下げて書かれているかもしれません。アフィリエイトをやっているメーカーがあるがゆえに、とばっちりを受けてしまうということですね。

    ドッグフードのアフィリエイトはそれほど多くの種類があるわけではありませんし、どこのサイトが何を書いているかというのはすぐバレてしまうことです。

  • 自分のドッグフードであれば状況把握は当たり前のことですよね。
  • メーカーであればアフィリエイトを運営している会社からも必ずといっていいほど営業を受けますから、アフィリエイトを行っているサイト運営者へたどり着くことは不可能ではありません。こうしたことからもどこのメーカーさんも見て見ぬふりをしてくれているだけであって、情報に名誉毀損や、内容に違いがあれば指摘するメーカーも出てくるでしょう。

    書かれている情報の真偽はメーカーからすればわかってしまうので、サイト側も飼い主の方も根拠を持って判断することが大切であるかもしれませんね。

まとめ


  • 報酬型販売方法をアフィリエイトといい、紹介した商品をひとつ販売するごとに報酬がもらえる仕組み
  • ランキングはアフィリエイトの報酬に左右される
  • 執筆者は一般のパソコンが得意な方が多い
  • 執筆者が専門家ではないことから間違った情報が転載され、拡散されている現状がある
  • 最近は専門家監修の記事が増えてきた
  • ドッグフードの比較サイトやランキングサイトから情報を得るためには自分で判断できる力が大切だということでした。選ぶ力を身に付けることはとても大変だと思いますが、ドッグフードの学校で少しずつ学んでいきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

ウィリアムドッグフード発売中

人気の記事
相談室メンバー