イギリスの動物愛護施設 バタシー ドッグズ&キャッツ ホームを見学してきました!

本日のテーマ

  • マッサンがイギリス研修に行ってきたそうです!今日は動物愛護施設のバタシードッグズ&キャッツ ホームの話を聞きたいと思います!

1.

バタシー ドッグズ&キャッツ ホームとは?


  • イギリスで一般の方も気軽に見学ができる1860年から犬猫を受け入れている動物愛護施設のバタシー ドッグズ&キャッツ ホームを見学してきました。
  • イギリスでも最大級の動物愛護施設のうちのひとつですよね。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホームは2015年時点で年間8,000匹以上の犬猫をケアしていて、施設には常に260匹の犬、220匹の猫がいる状態です。平均で犬は30日、猫は22日で引き取られていきますが、それまでの世話は403人のスタッフと1200人のボランティアが行っています

    日本の保健所のように引き取り手がなければ殺処分する施設ではなく、あくまで一時預かり所として次の飼い主が見つかるまで保護する施設です。殺処分をしないわけではありませんが、基本的に期限なくお世話をします。さらにリホーム(新しい家族に迎え入れられること)できるようにしつけや、傷ついた心を癒したりといったことも行われます。

  • それですぐに施設がいっぱいにならないのはすぐに飼い主が決まるなど、なにか理由がありますよね?
  • イギリスではペットショップはありますが、グッズやうさぎ、金魚などは販売されているものの、犬猫は販売されていません。厳密には免許制で販売はできるそうですが、イギリス人は犬猫が売られているのを受け入れられず、奇妙に映るようで、10年イギリスに住んでいる方でもハロッズ以外で販売しているところを見たことがないそうです。ただし、売っていないわけではなく、売っているところもあると思うとの話でした。
  • ハロッズ
  • 王室御用達のデパート、ハロッズでは売っているんですか?
  • そのハロッズでさえ2014年に生体販売から撤退しています。私も行ってきましたが確かになくなっていました。そのため犬猫と暮らしたければ、ブリーダーから直接買うか、動物愛護団体から引き取るか、友人から譲り受けるかの3パターンが基本となるようです。
  • だから動物愛護施設も飼い主が決まりやすいんですね!
  • イギリスの国民性も大きく影響していると思います。ロンドン市内を見ても犬がとても多く、公園ではしっかりとしつけをされた犬がリードもせず人間と同じように楽しんでいます。イギリスでは日本よりも遥かに多い4人に1人が犬を飼っていて、犬もしつけをするのが当たり前で、しつけ教室に通わせるのも普通のことだそうです。

    そんなバタシーはイギリス国内に3箇所あり、ロンドンだけで年間18.4ミリオンポンド(約24億/130円換算)かかる運営費は全て寄付金で賄われています

2.

バタシー ドッグズ&キャッツ ホームを見学してきました!


  • バタシーパーク駅
  • バタシーパーク駅です。ビクトリア駅からsouthern鉄道で一駅。たった一駅ですが、ロンドンはテムズ川を南に渡ると突然田舎になり、このバタシーパークはテムズ川を渡ってすぐに位置しています。
  • バタシーはそんな田舎の地区にあるんですか?
  • バタシーパーク
  • テムズ川を渡ると突然なにもなくなったかのような印象は受けますが、ビクトリア駅から1駅で、ビッグベンのあるウェストミンスターやピカデリーサーカスにもすぐに出られる地域です。

    駅を出て少し歩くとすぐにバタシー ドッグズ&キャッツ ホームを見つけることができました。

  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 大きくて綺麗ですね!
  • おかげですぐわかりました。そして動物愛護施設なので匂いなどはどうかと思いましたが、施設外で動物の匂いを感じることは全くありませんでした。出入り口もしっかりとした門で中と外が分けられています。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 大人は一人2ポンドで入ることができます。早速中に入ると小奇麗な中庭のような場所にでました。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 手前の丸いガラス張りの部分が猫舎、奥のガラス張りの建物が犬舎です。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • この青い建物の右手のガラス張りの建物が犬舎に繋がっています。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 振り返ると猫舎です。こちらは犬舎に比べて新しく割と最近できたものです。もう少し奥に行くとカフェや病院があります。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 一番にあるこの建物が病院で外来も受け付けています。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 愛犬と落ち着いてゆっくりカフェも。さて次は内部を見学します。
3.

1匹当たりの面積がとても広い!猫舎を見学です。


  • まず犬舎は撮影禁止になっていました。猫舎ではスタッフさんの横で遠慮しながら撮らせてもらいましたので、主に猫舎を紹介します。
  • バタシー ホーム 猫舎
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • 入るとすぐ分厚い扉があります。ハンドジェルをして手を清潔にしてから入場します。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • 中は受付などがあり、グッズ販売や引受相談などができるようになっています。ガラス張りになっている真ん中の階段を上るといよいよ猫舎に入ります。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • 可愛いネズミの編み物。バタシーでは猫のおもちゃをニットで作ろうという企画も行っているようでした。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • Cats this way。登ったらすぐ猫舎です。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • 登ってくるとすぐ猫の部屋がズラリ!人も多く、猫を迎え入れたい家族が沢山いました。子供も猫と会えて嬉しそうでした。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • グルっと一周猫の部屋が並んでいます。一匹当たりの占有面積がとても広く充実した生活が送れるように最大限の配慮がされていることがわかります。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • おもちゃも多く、爪とぎも立派なものが設置されています。写真の右の子は家が決まっていて、左の子達はまだリホーミングの準備ができていないので、トレーニング中です。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • それぞれしっかりと紹介が書かれています。この子はまだリホームトレーニング中でとても簡単な紹介でしたが、10週のショートヘアーで、飼い主にはお庭が必要です。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • このフロアにはいないけどリホーミングできる子達の情報です。そしてキャッテリーが優秀なのでしょうか。表彰されているようです。さきほどの準備中の子よりも多くの条件や情報が追加されています。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 猫舎
  • 今年家が見つかった子達の猫数です。2016年10月22日時点で1874匹の子が家を見つけてバタシー ドッグズ&キャッツ ホームを旅立ちました
4.

犬舎は少しだけ紹介です。 ※撮影禁止でした。


  • 紹介できるところまで紹介したいと思います。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 犬舎
    ケネルルール
    犬を見る前にこの注意を読んでください
    ・犬舎のバーの向こうに手を入れないでください
    ・苦しめる、ストレスを感じさせるのでジッと見つめないでください
    ・写真は許可されていません
    ・安全を考えて、バギーやベビーカーは犬舎の外に置いていってください
  • 犬舎に入る前の注意事項です。このため写真は撮影できませんでした。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 犬舎
  • 入り口です。分厚い扉でしっかりと管理されています。ここにもベビーカーの注意が。持って入ってしまう方が多いのだと思います。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 犬舎
    「バタシー ドッグズ&キャッツ ホームでは犬に多くのストレスになるので犬舎で会える犬の数を減らしています。これは他の動物愛護施設でも同じです。研究では静かな雰囲気の中で一際幸せであることが示されていて、これは身体や精神を改善し、感染もしにくくなります。もしあなたが受入れ希望(リホーム)登録をした場合、一般開放エリア、未開放エリアの両方の動物と会うことができます。多くの犬に制限はなく、リホームプロセス中に完璧なマッチングを見つけることを保証します。」
  • このように会えた犬は10匹程度でした。元気な子、大人しい子、寝ているだけの子、こちらに興味津々な子と様々で、各犬の受入れ条件も猫よりもより細かく決められていました。例えば8歳8ヶ月のロットワイラーの子の説明にはこう書かれていました。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 犬舎「ゼナはとても寛大で愛情深い女性です。彼女は回りに人がいるのを好み、テニスボールで遊ぶのが好きです。ゼナは現在ダイエット中で、新しいオーナーは新しい家でもダイエットを続ける必要があります。ゼナは大きな心を持った大きな女の子で、彼女の新しい家族にとって誠実で愛すべき友(家族)になってくれますよ!」
  • ・13歳以上の子供と暮らしたいです
    ・お庭が必要です
    ・一人も好みます
    ・猫が好きです
    ・どんなロケーションでも暮らせます
    ・5時間は完全に一人でも大丈夫です
    ・私をケアしてくれる人が一人いてくれると嬉しいです
    ・飼育経験者が必要です
  • ロットワイラーのゼナの説明、アイコンは上記のように書かれていました。絵で申し訳ないのですが、猫の時の張り紙と同じ感じなので、そちらを参考にしてください。犬の方がとても多くの情報が載っていることがわかります。
  • 猫舎はガラス張りでとても綺麗ですが、犬舎はコンクリート壁の部屋でやや古さを感じました。しかし一匹当たりの面積は広く、おもちゃなどもあり、サンルームのような部屋がついている部屋もありました。まだリホームトレーニング途中の子も多く、街中では滅多にみられなかった吠えてくる子も。早く新しい家族が見つかることを祈ります。
5.

募金とグッズ販売などを運営費に当てています。


  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 売店
  • このようにバタシーのレセプション横には売店もあり、様々なグッズが販売されています。私も貢献するつもりでいくつか購入してきました。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 売店
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 売店
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム 売店
  • 凄く沢山のグッズがあるんですね!
  • 年間億単位の経費の足しにするには少ないものとも考えられます。私もいくつか購入してきました。
  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム グッズ
    マグカップ、ボールペン、キーホルダー、缶バッチ(ガチャガチャ)、ペンケース、しおり、首からぶら下げる紐、30cm定規、無料の冊子
  • 30cm定規に£3.50の値札があります。130円換算だと455円です。日本でも300円~500円といったところだと思いますので、お土産屋では概ねこんなものだと思いますが、やや高く感じますね。イギリスは本当に物価が高いです。3割り増しで考えてちょうどいい位だと思います。
6.

こうしてバタシー ドッグズ&キャッツ ホームの見学を終えました。


  • バタシー ドッグズ&キャッツ ホーム
  • 無料の冊子にはイベントや普段のお世話などの活動報告をメインとしてリホームした犬猫の紹介、リホーム募集中の犬猫の紹介、ボランティアの参加方法、犬猫が食べてはいけないものの紹介や、犬猫の写真ギャラリーが掲載されていました。

    私はバタシーから頼まれても、回し者などでもありませんが(笑)募金はこちらからも可能です。毎月£5、£8、£12、£20、自分で決めた金額を支払うパターンと、一回限りで£10、£25、£50、£100、自分で決めた金額を支払うパターンが選べます。

    ペイパルでのみ募金できるので、登録していない方はペイパルに登録する必要があります。ペイパルは海外の送金方法としてメジャーな方法のひとつなので、海外に目を向けるなら持っていて損はないと思います。

まとめ


  • イギリスでは日本人の保健所という概念はなく、限界まで殺処分はせず引き取り手が現れるまでお世話をする
  • こうした動物愛護施設がかなり充実している
  • ほとんどの方がこういった施設から犬猫を引き取って飼育する
  • 引き取る条件は非常に厳しい
  • 年間の運営費は24億円(130円換算)
  • 運営費はほぼ全て寄付金で賄われている
  • 毎年8,000匹以上の犬猫をケア
  • 大勢のスタッフ、ボランティアが犬猫のリホーミングをアシストしている

  • 数日~数週間で殺処分が当たり前なのにペットショップで犬猫が販売されている日本と比べると、イギリスの殺処分を減らし、命を大切に、幸福度を高めようという取り組みに感動しました。日本人の考え方も変えていく必要がありますね。私も日本の動物愛護施設や愛護団体をチェックして募金など役に立てることを探してみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫