ロンドン最大のドッグショー EUKANUBA DISCOVER DOGSを紹介します!

本日のテーマ

  • ロンドン最大のドッグショーのEUKANUBA DOG SHOWへ行ってきたそうです。キャットフードの学校なのにドッグショー?イギリスに行った時はキャットショーがやっていなかったので、参考になればと見に行ったみたいですよ!

1.

ロンドンの国際展示場のようなExCeL Londonへ

 


  • エクセル ロンドン
  • 宿泊していたパディントンから朝のハイドパークを散策し、Marble Arch駅からいざExCeL Londonへ!Custom House for ExCeLという駅まで向かいます。Central線に乗ってBank駅でDLR線に乗り換え、Canning Townでbeckton行きに乗換え、Custom Houseへ。ほぼロンドンシティ空港の横です。約4~50分ですが、遅れたりなんだりで1時間位かかります。
  • イギリスは電車は遅れますか?
  • 日本では例えば10:10に次の電車がきますといったように、時間指定で表示しますが、イギリスでは残り3分といった表示です。次発も残り10分と表示されますので、いつの間にかその時間が増えていたりします。
  • 日本の電車は世界一時間に正確だっていうのもよくわかりますね!
2.

いざロンドン最大のドッグショーEUKANUBA DISCOVER DOGSへ!


  • ユーカヌバ DISCOVER DOGS
  • 外に人が余りいなかったので余り盛り上がってないのかなと思いましたが、全くそんなことはありませんでした!入り口が近づくと歓声のような声も聞こえ、日本に比べても盛り上がっていましたよ。
  • LONDON’S BIGGEST DOG EVENTという文字もかっこいいですね!
  • ユーカヌバが随分と支持されていると感じました。日本での知名度に比べると、イギリスではもっと身近なメーカーのようです。
  • ドッグショー会場マップ
  • 最初の私の写真は右上のメインエントランスのところです。緑色のところがBreed Boothとなっていて、207犬種を見ることができます。大型犬が多かったですね。
  • ドッグショー ブリードブース
  • ドッグショー 柴犬ブース
  • とても混んでいて非常に多くのブリードブースがある中、なんと日本の柴犬のブースもありました。来ている方の犬への関心は非常に高く、各ブースで長い間話し込んでいたり、質問を投げかけたりしています。
  • ロンドンドッグショー
  • 全体ではありませんが、これ以外にメインリングなどがあります。2/3位でしょうか。
  • 東京の国際展示場みたいですね!
  • エクセルロンドンがある場所も国際展示場のような少し外れた地域にありますよ。
  • 交渉中
  • 商品情報を聞いている私です。ちゃんと仕事もしています。
  • ドッグショー ドッグレース
  • オレンジの洋服をきた係員さんの下にあるボックスを踏むとボールが出るのでそれを加えて戻り、次の走者に変わる犬のリレーです。観客は足を踏み鳴らし、大盛り上がり!日本とは違う、熱狂的な盛り上がりがみられます。日本のように静かに盛り上がる感じではないんですね。
  • ドッグショー 品評会
  • これは品評会の途中ですが、ファイナルなどではなかったこともあり、それほど人気のある項目ではなかったみたい。ですがファイナルの時は満席でした。
  • ドッグショー 品評会
  • こちらは司会者や評論家、テレビクルーもいて大盛り上がり。順位を決めるファイナルです。
  • ドッグショー 障害物走
  • 障害物走でトレーナーの指示の通りにコースを走ります。小型犬から始まり、大型犬まで。大型犬になるほど飛び越える高さは高くなっていきます。一番の盛り上がりを見せていました。
3.

出展していたフードメーカーを紹介します


  • リリーズキッチン
  • まずはリリーズキッチンです。可愛いですね~。私はリリーズキッチンのデザイン性やブランディングの仕方にとても惹かれ、話も聞いてきました。いずれ輸入できればと考えているメーカーです。
  • 凄い可愛いですね!ということはまだ日本では買えないんですね。グレインフリーですか?
  • もちろんグレインフリーです。詳細な話は次にイギリスに行った時にディレクターに話を聞けるようにお願いしていますが、簡単にお話した限りではとても良さそうですよ。
  • バーキングヘッズ
  • バーキングヘッズ(ドッグフード)、ミャオウィングヘッズ(キャットフード)です。海外っぽいイラストでポップでキャッチーですね。
  • AATU
  • バーキングヘッズ(ドッグフード)、ミャオウィングヘッズ(キャットフード)のハイグレード版といった販売手法をとっているAATUです。イギリスのペットショップでも良く見られました。
  • ナチュラルインスティンクト
  • ウェットタイプを売りにしているナチュラルインスティンクト。日本では缶詰めが多いのですが、向こうではペコペコした柔らかいプラパッケージのウェットフードが多いです。
  • fish4dogs
  • なかなか人気のあるように見えたFISH4DOGS。日本でもドッグフード、キャットフード共に販売されていて、人気の高いプレミアムフードです。
  • greenies
  • GREENIESです。海外らしいイラストでキャッチー。手に取りやすく、緑でナチュラルなテイストも出ていると思います。全体が緑で統一されていて、「いつも隣にあるドッグフード」といった印象でした。
  • さすが沢山出展されていますね!
  • 多すぎて全ては紹介できませんが、この当たりがとても目立っていました。担当の方と話せたメーカーもあり、私個人としても充実したショーになりました。
4.

番外編!犬のおもちゃや実用品を買ってみました


  • 飴
  • 最初なんなのか全くわからず、犬のおやつかな?と思っていましたが、なんと人間用の飴やグミ。日本人の感覚だとドッグショーでこういったものがある感覚がなかったので、とても驚きました。しかも凄く人気でした。
  • イギリスというかアメリカっぽいイメージですね!
  • 私は甘いものを余り食べないこともあってなんとなく触手が伸びませんでしたが、凄く人気で絶えず周りには人がいましたよ。
  • 犬のおもちゃ
  • 買ったおもちゃのひとつです写真のぬいぐるみを飛ばすパチンコのようなものです。意外と日本では見ないので買ってみました。これがまた結構飛びますよ。
  • 犬のおもちゃ
  • ぬいぐるみ部分だけを購入できます。噛んだらすぐボロボロになりそうだし、替えがあるのはいいですよね。
  • 犬のうんち入れ
  • ロンドンにはいたるところに犬用のゴミ箱がありますが、こうしたうんち入れも充実していました。これはコンパクトにできるゴム製で軽いウンチ入れです。
  • 犬のご飯皿
  • 犬が食べている時間を増やそうという流れが主流になりつつあるドッグフード界隈では、このように迷路式になっていて、少しずつ探しながら食べさせるお皿も販売されていました。試しに買って使ってみましたが、食べる時間は数倍になって、時間をかけて食べさせるという効果を感じることができました。

まとめ


  • 犬への関心が高さが伺える
  • 日本のように数犬種だけに人気が集中している感じではない
  • ドッグフードにもグレインフリーの波がきている

  • 犬にもグレインフリーの流れがきているんですね。マッサンには犬は穀物も消化できるから猫ほど気にすることはないと教えてもらいましたが、それでもグレインフリーがいい理由もあるんですね。海外のドッグショーといえば世界最大のcruftsですが、これも気になるところですね!私も世界中のドッグショー、キャットショーに行ってみたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫