イギリスのペットショップ事情。大手ペットショップ、スーパー、個人ペットショップに実際に行って聞いてきました!

本日のテーマ

  • イギリスのペットショップを見て、ペットは販売されているのか、おもちゃやフードはどんなものが販売されているのかを見てきてもらいました!

1.

大手ペットショップチェーンのpets at homeに行ってきました!


  • ペッツアットホーム
  • イギリスのペットショップの大手、ペッツアットホームを見てきました。犬猫が販売されているところはみかけませんでしたが、魚、うさぎやハムスターのようなねずみは販売されていました。

    それをみて「うさぎは販売しても気にならないんだ!」と同じ哺乳類でも違って捉えていることに驚きました。

  • 私も今聞いて驚きました。いつの間にか全ての哺乳類が販売されていないのかと思い込んでいました。
  • 連れて行ってもらった方にも聞いたのですが、やはりイギリスでは犬猫が販売されていると不快感を覚える方が多いそうで、販売許可を取っていたとしても販売しているところは少ないと思うと話してくれました。しかし犬猫以外はそれほど気にならないようです。
  • 凄く不思議な感覚ですね!では普通に犬猫も販売されている日本はどう見られているのでしょうか。
  • やはり日本で犬猫が檻に入れられて販売されている姿はとても奇妙に映るそうです。自分の国ではないからこそ不快には思わないようですが、それは私たちが他の国へ行った時に他国の習慣を見ても「この国ではそういうもの」と捉えることと同じではないでしょうか。
  • ペッツアットホーム
    ※許可を得て撮影しています
  • ロイヤルカナンはどこのペットショップでも必ずといっていいほど確認できました。他にはピュリナワン、アイムスも比較的販売されているショップが多いですね。
  • ペッツアットホーム
  • ペッツアットホームにはその他のメーカーでは、AVA、Seriously good、JAMES WELLBELOVED、WAINWRIGHT’S、Purely holistic、MEOWING HEADS、WELLNESS、AATU、Applaws、EVOLUTION、whiskas、felix、Ever So tastyなどが販売されていました。
  • 日本では聞いたこともないものが多いですね!後半のものはほとんど聞いたことがありません!
  • 私もいくらか知らないメーカーがあり、まだまだ世界には知らないフードがあるんだと痛感しました。
  • グレインフリーキャットフードはどうでしたか?
  • 日本とは違い、グレインフリーのフードも特別感なく店頭販売されていました。特に猫に関してはグレインフリーがいいという考えが主流になってきているようですが、価格は割高なのであくまで選択肢のひとつとして販売されている印象を受けました。とはいえグレインフリーでも原材料の質の良し悪しで価格もバラバラなので、安いものもありました。
  • おすすめのグレインフリーフードはありましたか?
  • 比較的安いものならJAMES WELLBELOVEDのグレインフリーが良さそうでした。1.5kgで13.49ポンドでしたので、1,753円~2,428円(130~180円換算)です。今はEU離脱決定でポンドが下がっているので少し前に比べれば随分安く感じます。

    しかしやや高めなロイヤルカナンのインドアでも4kgで31.49ポンド。1.5kgなら11.8ポンドほどなので、安いグレインフリーでもロイヤルカナンより高いです。

    因みに日本でのロイヤルカナンのインドア4kgの価格は130円換算で35.24ポンドなのでイギリスよりも割高ですね。

2.

スーパー(MORRISONS)のペットフードコーナーを確認!


  • モリソンズ
  • やはり一般の方に浸透しているペットフードを調べるにはスーパーやホームセンターが一番です。
  • 日本と違いはありましたか?
  • ペッツアットホームはペットショップだけあり、割と高価格帯の専門性の高いキャットフードが販売されていました。それを考えるとスーパーでは日本と同じように安価なものが多く販売されていました
  • 安いキャットフードはいくらくらいですか?
  • ピュリナのGO CATが825gで2ポンド、4kg袋で8ポンドでした。人気のwhiskasは2kg4.57ポンド、HARRINGTONSは2kgで5ポンド、イギリスで良く見かけるCOMPLETEであれば1kgで1ポンド位です。
  • え!1kgで1ポンドだと今なら130円位ってことですか?
  • かなり安いですよね。日本でも安いペットフードは沢山販売されていますがそれにしても1kg1ポンドは安いですね。

    日本ではスーパーでもアイムスやピュリナワンが販売されていますが、イギリスでも同じく販売されていました。アイムスやピュリナはスーパーまで販路を拡大していて、ロイヤルカナンはペットショップなど専門店狙いに感じられました

3.

ロンドン内に数店舗あるPet Pavilion


  • ペットパビリオン
    残念ながら閉まっていたGloucester Road駅近くのペットパビリオン
  • ロンドン内に数店舗あるペットパビリオンに行ってきました。ケンジントン地区にある2店舗に行ったのですが、両方CLOSEで翌日にNotting Hill Gateにある店舗に行ってきました。
  • ペットパビリオン
  • 閉まっていたので翌日に再訪問したNotting Hill Gate駅近くのペットパビリオン。可愛いお姉さん2人と話し、おもちゃを購入してきましたが、帰国日で急いでいたので写真を撮り忘れました。

    ここでは日本でも人気のカナガンやオリジンが売られていて話を聞いてみたのですが、今一番人気のフードはカナガンだと教えてくれました。最近のペットフードの中でも材料も良くハイグレードで、良く売れているとのことです。 販売価格は1.5kgで15.99ポンドなので2,078円~2,878円(130~180円換算)でした。余談ですが、イギリスではキャナガンと読みます。キャにアクセントです。

    そしてペットパビリオンで購入したおもちゃがこちらです。

  • Chuckit!
    ロンドン市内の公園でよく見かけたテニスボールを遠くまで飛ばせるチャキット!です。参考に是非買って帰ろうと思ったのですが、日本に帰ってきて調べてみたら日本でも売っていました・・・
  • Chuckit!
    かなりふらないとボールが外れないので、少しだけ飛ばしたい時の按配が難しいです。
  • ペットパビリオン
    買物袋です。チェルシー、ケンジントン、ノッティングヒル、ウィンブルドンにあります。
  • 因みにここの店舗はほとんどが犬用のフード、グッズでした。イギリスではペットというと犬のことをいう位犬の方が圧倒的に多く飼われています。そのため15kgの大きな袋が良く売れるそうです。どこのショップでもドッグフードは大きな袋は必ず販売されていました。
4.

ストリートビューで見て是非行きたかったANIMAL FAIR OF KENSINGTON


  • 私が是非行きたいと思っていたHIGH STREET KENSINGTION駅近くの個人経営のペットショップです。奥に金魚なども販売されていることがわかっていたので非常に興味がありました。
  • ストリートビューで見てみると店内が見れるんですね!販売されているものまでわかるんですね!
  • そうなんです。ハムスターや鳥類も販売されていることがわかります。ここでも優しいお父さんとつたない英語でペットの食事情を聞かせて頂き、写真を撮らせていただきました。
  • アニマルフェア オブ ケンジントン
    ※許可を得て撮影しています
  • 面白い話は聞けましたか?
  • ドッグショーなどでも耳にしたのですが、犬は時間をかけて食べさせるのが流行っているそうです。運動不足による肥満を防ぐために、おもちゃの中にご飯を入れて、遊びながら食べさせることで、運動にもなりながら、食べる量も少しずつ時間をかけて食べて満足感をあおるようです。
  • アニマルフェア オブ ケンジントン
    KONGのゴム製品を買いました。底に穴が開いていて中にペーストのおやつを入れます。それを噛むことで歯の健康にもよく、運動にもなり、ゆっくり食べれて一石三鳥の製品です。
  • アニマルフェア オブ ケンジントン
    英語だからか非常に大雑把な製品が多いように感じますが、合理的なものが多いですね。犬とよく遊ぶため、犬のおもちゃの方が種類も発達している印象を受けました。
  • キャットフードで販売されていたメーカーは、ロイヤルカナンを始め、オリジン、アイムス、ヒルズ サイエンスダイエット、Applaws、whiskas、リリーズキッチン、JAMES WELLBELOVEDなどがあり、デンタル系の歯をケアするアイテム、ラベンダーなど落ち着かせる匂いで問題行動を減らす目的の首輪、おやつも豊富でした。
  • 魚や鳥、ハムスターはどうでしたか?
  • ストリートビューで確認できる通りでした。日本と変わらず販売され、魚の購入を迷っているのか、数人が興味深そうに見ていました。犬猫がいない以外は全く日本と変わりません。まるで偶然今日だけ犬猫がいなかっただけのような気持ちになるほどでした。
  • アニマルフェア オブ ケンジントン
    イギリスでは買物時に必ずといっていいほど袋はいりますか?と聞かれます。記念にいただきました。

まとめ


  • イギリスのペットショップを見て回って感じたことをまとめると、イギリスではペットといえば犬という認識が強く、猫よりも犬グッズ、ドッグフードの方が多かったですね。そしてドッグフードは15kgと大容量のものがよく売れていて、キャットフードは2kg前後が一番売れているようです。猫用の大きな袋は見つけられませんでした。

    日本と同じくイギリスでも運動不足を考え、遊びながら時間をかけて食べさせることが流行っているようです。迷路状になっているフード皿や、布のおもちゃの中に隠して探して食べさせるもの、紹介したKONGのようにデンタルケアもしながら食べるもののように趣向を凝らしたものが多くありました。反面、猫のグッズはそれほど日本と変わった印象は受けませんでした

    そしてハロッズも情報通り生体販売を中止していたこともあり、犬猫が販売されているところは確認できませんでした。私達が犬猫を迎え入れる方法を確認できたのは動物愛護施設だけでした。

    カナガンは実際に人気のある商品で、イギリスではグレインフリーがいいという流れになったという話も聞くことができ、各社から販売されているということも確認できました。

  • 実際に見てきた話が聞けてとても参考になりました!犬猫が販売されていないという前情報も完全に間違っているわけでもないんですね。そしてロイヤルカナンやオリジン、カナガンなど日本で売れているものはイギリスでも人気があって日本にも入ってきているんですね。なんとなく安心しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ツイッターをフォロー
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!

課題を検索

人気の記事
相談室メンバー
運営方針を再考し、キャットフード紹介記事を「キャットフード 勉強会(マムズカンパニー)」に譲渡致しました。できる限り改変のないように掲載していただきました。是非ご覧ください。
マッサンの猫の種類紹介
4Dミート AAFCO BHA BHT CER PER いなばペットフード うんち おすすめ その他 その他の目的食 たんぱく質 アイシア アミノ酸 アレルギー イエネコ イギリス ウェットフード エイジングケア エトキシキン エネルギー オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーラルケア カルシウム カロリー キャットフード市場 グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 サプリメント スキンケア セミウェットフード セルロース ダイエット ディハイドレイテッドチキン デンタルケア デンタルジェル デンタルスプレー トコフェロール ドッグショー ドライフード ネスレ ハーブ バタシーホーム パッケージ ヒューマングレード ヒルズ・コルゲート ビタミン ビートパルプ ピンホール フルーツ フレーメン反応 フードジプシー ベジタリアン ベルギー ペットショップ ペットフードの目的 ペットフードメーカー ペットフード大量リコール事件 ペットフード安全法 ペットフード市場 ペットライン ペット防災 ボディコンディションスコア マースグループ ミネラル ミートミール メラミン メーカー ユニ・チャーム ランキング リビアヤマネコ リン レシピ ロニーキャットフード ロンドン ローズマリー抽出物 ヴィーガン 一般食 下痢 下部尿路疾患 与え方 乳糖不耐症 乾燥肉 乾燥鶏肉 乾物重量値 人気の記事 体型 体重 便 便秘 保管 健康 備蓄量 内容量 制限食 動物性油脂 動物愛護 動物愛護先進国 動物愛護施設 原材料 原産地 参考書 口コミ 口内環境 口移し 味蕾 味覚 嗅覚 国内のペット事情 国産 多頭飼い 好き嫌い 妊娠 安い 安全 安全性 完全自由摂取方式 家禽ミール 尿結石 工場 必須脂肪酸 感染症 成分 成分バランス 授乳 摂取量 放射性物質 放射能 日本ペットフード 日清ペットフード 時間制限給与法 栄養 植物 植物性油脂 歯周病 歯磨き 歴史 比較 毛玉ケア 毛球症 没食子酸プロピル 法律 海外のペット事情 消化 消化器疾患 涙ヤケ 添加物 減量方法 炭水化物 無添加 牛乳 猫について 猫カフェ 猫缶 生産国 生産地 生肉 甲状腺 病気 療法食 発がん性 皮膚疾患 皮膚被毛ケア 種類 穀物 空気穴 糖尿病 糖質 給与量 総合栄養食 肉副産物 肉類 肉食 肉骨粉 肝疾患 肥満 肥満度 脂質 脱水鶏肉 腎臓病 腐らない 膀胱炎 自作 芋類 草食 菜食主義 血便 表記 製造 製造国 評価 豆類 賞味期限 質的制限給与法 起源 軟便 輸入キャットフード 輸送 運動方法 選び方 配合量 酸化防止剤 鋤鼻器 間食 食事摂取量 食品添加物 食器 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 飼料添加物 高齢猫